2018年 12月 の投稿一覧

効果が高くて安い背中脱毛サロン@前橋

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.「背中脱毛では施術効果が実感しづらい」とされているのはなぜ?
3.背中脱毛で効果が出る方式は?
4.背中脱毛についての疑問点と回答

1.サロン選びの際の注意点!

背中脱毛するとなったら、脱毛サロンか医療クリニックのいずれかと契約する必要があります。

まずはそれぞれの施術料を紹介してみましょう。

最初は脱毛サロンから。

サロンの場合、背中の毛がすべて生えないようにするためには最低でも12回の施術が必要です。ということで、以下に12回分の料金を記してみます。

・ジェイエステ……¥97,200(-32,484)
・エピレ……¥134,424(-116,260)
・銀座カラー(リーズナブルコース)……¥136,036(+6,352)
・ディオーネ……¥168,480(+38,796)
・ミュゼ……¥233,280(+103,596)

(カッコ内の数字は、平均施術料129,684円との差額)

続いて医療クリニックです。

こちらは脱毛完了には最低でも5回が必要。ということで5回分の施術料を紹介します(ただし湘南美容クリニックのみ6回になっています)。

・リゼクリニック……¥79,800(-45,286)
・アリシアクリニック……¥110,000(-15,086)
・クレアクリニック……¥110,592(-14,494)
・レジーナクリニック……¥116,640(-8,446)
・トイトイトイクリニック……¥135,648(+10,562)
・表参道スキンクリニック……¥160,920(+35,834)
・湘南美容クリニック……¥162,000(+36,914)

(カッコ内の数字は、平均施術料125,086円との差額)

こうして一覧にして調べていくと、医療クリニックの方が施術料がリーズナブルで、施術回数も少なくてすむのが分かります。

2.「背中脱毛では施術効果が実感しづらい」とされているのはなぜ?

他の体の部位と比べ、背中は脱毛の施術効果が実感しづらい、とされています。

それは背中の毛が、他の部位のものに比べてずっと細いのが原因です。

また、サロンや医療クリニックに設置されている機器の種類によっても、脱毛効果の優劣、さらに脱毛完了までに必要な期間に差が生じる、とされています。

以下、詳しく説明しましょう。

現在、サロンのうちの半分以上の店舗で、IPL脱毛という方式のマシンが使われています。

IPL脱毛では、IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系のライトを肌に当てて、毛根部位を弱体化します。ところがもともとは脱毛のために発明されたものではなく、エステでくすみ、シミなどを治療する「フォトフェイシャル」用に開発されたものです。

しかし、フォトフェイシャルを受けていた顧客から「毛が薄くなってきた」という感想がたくさん寄せられたため、改めて試験をおこなってみると、IPLに発毛機能を衰えさせる働きがあることが判明したのです。以後、脱毛機として流用され、サロンで施術のために使用されるようになりました。

IPLの大きな特徴は、比較的照射時間が長いこと。そのため、広い面積に光線を当てられます。背中、脚といった広い部位にはもってこいで、料金も安価ですみます。

ただ、もともとエステのフォトフェイシャルのために作られただけに、毛根にダメージを及ぼす力はそれほど強くはありません。

一方医療クリニックでメインで使われるのは、「レーザー脱毛」のマシンです。これはその名前通り、レーザー光を肌に当てて脱毛をおこなう、というもの。

実はIPL脱毛もレーザー脱毛も、脱毛の原理そのものは同一といって構いません。これらのマシンから出るライトはいずれも、黒色のメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。

光線は肌には無害ですが、メラニン色素が含有される組織、つまり毛と毛根に至ると高熱に変り、その部位に大きなダメージを及ぼします。特に毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などの組織がある毛根ではその発毛機能が損なわれてしまい、ムダ毛が成長しなくなってしまいます。

ただ原理が同一といっても、照射パワーは両者の間で大きな相違があります。レーザー光のパワーは強烈そのもので、毛根組織は完全に死滅します。
そうなるとムダ毛は再び生えず、その部位は死ぬまでツルツルのままです(これがいわゆる「永久脱毛」というものです)。

「じゃあ、そのパワーのすごいレーザー光なら背中脱毛でも効果が充分あがるのでは」と思われるでしょうが、そうは簡単にいきません。

というのも、背中の細い毛にはメラニン色素がわずかしか含まれておらず、レーザー光を照射しても肝心の熱反応が起こりにくいからです。

「では、効果的に脱毛できる方法はなにかないの?」ということになりますが、それは次のセクションで説明していきます。

3.背中脱毛で効果が出る方式は?

背中のムダ毛を効果的に脱毛する方法は以下のようにいくつかあります——

・S.S.C.方式の脱毛機を使う
・ダイオードレーザーで脱毛する
・美容電気脱毛で施術する

これらについて順番に解説していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはミュゼや脱毛ラボといったサロンが採用しています。S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」を略した名前です。

上で紹介したIPL方式との相違は、ライトのほかに専用ジェルを使うこと。このジェルには、独自配合成分「フィリニーブ」が入っています。

フィリニーブに含まれるのは、セイヨウシロヤナギのエキス、尿素、サルチル酸などの天然由来の物質。これらがライトとの併用で毛根部位に働きかけ、脱毛効果を発揮します。

上の文章で述べたように背中の毛に対しては、IPLを用いた脱毛ではそれほど効果があがりません。しかしマシンとジェルをダブルで使うS.S.C.方式なら、メラニン色素が含まれていなくても脱毛できるので、背中のムダ毛にも効果的です。

次に、ダイオードレーザーでの脱毛です。

医療クリニックではレーザー光を用いた脱毛をおこなっていますが、使用されているレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

の3つがあります。

これらはそれぞれメリットがあるのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高いパワーで照射できるところが大きな特徴となっています。

レーザー光には「パルス持続時間」という基準数値があります。ダイオードレーザーのパルス持続時間は他のレーザーよりも短い3/1000秒で、このことで威力を大きくできるのです。

ダイオードレーザーのマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあります。どちらかを採用しているクリニックに行けばいいでしょう。

続いて美容電気脱毛です。
こちらは昔からおこなわれている脱毛方法で、レーザーやIPLの施術が一般化する前はこの方法が主流でした。

「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」という別称でわかるように、「プローブ」(「絶縁針」)という特別な針を毛穴に刺し、電気反応によって発毛組織に損傷を与えます。

直接毛根に電気を流すために破壊力が抜群で、脱毛効果は他の方法より優れていると言われています。

この方法なら毛の細い太いはどうでもいいため、背中は施術によってツルツルになります。

ただ針を突き刺すということで、痛みはかなり激しくなります。痛みに弱い人は、施術が我慢できなくなるかもしれません。

またすべてが手作業ですから、脱毛完了までに長い時間がかかりますし、料金の方も安価とは言えません。
それらのデメリットを分かった上でこの方式を選べば、他の方法よりも効果的に毛が処理できます。

以上、3種類の方法について解説しました。

このうち、1番安価におこなえるのがS.S.C.方式です。「どれを選べばいいか分からない」という人は、とりあえずS.S.C.方式にするのがいいかもしれません。完璧な無毛状態にできなかったとしても、減毛効果だけは確実にあります。

ただ「背中の毛を徹底的に処理したい」と思っているのなら、やはり美容電気脱毛がベストです。

4.背中脱毛についての疑問点と回答

背中脱毛に関して心配な点をQ&A形式にしてみました。

Q.施術の後、肌がかゆくなるって聞いたけど?

確かに施術時のライトで肌が乾燥するため、部位にかゆみや赤みが生じることがあります。

これらの症状を防ぐには、とにかくアフターケアをしっかりおこなうこと。保湿ケアサービスのあるサロンや医療クリニックなら安心できます。

施術を終えて帰宅してからも、部位がちゃんと潤うように心がけましょう。
背中をケアするのは面倒ですが、手が届く範囲だけでもクリームをキッチリ塗って下さい。

Q.背中のニキビにいいって本当?

脱毛完了後、肌が無毛状態になると、確かに背中のニキビが完治したりするようです。

これは、肌が無毛状態になって毛穴がしまり、炎症や皮脂の詰まりといったトラブルが減少するためでしょう。

ただ、施術直後は肌の状態に注意しなければなりません。ライトによって乾燥が進み、皮脂の分泌が促進されてしまいます。

そうなるとニキビも起きやすいので、化粧水やクリームでキッチリと保湿するようにして下さい。

Q.施術前日は部位をシェービングしなければならないの?

脱毛では火傷のトラブルを避けるため、長いムダ毛を施術前に剃っておく必要があります。

ただ自分で処理するのは難しいパーツもあるため、店によってはスタッフがシェービングをおこなってくれます。

たとえばキレイモだと、4つのパーツ(うなじ、背中、ヒップ、Oライン)については、スタッフが電気シェーバーで処理してくれます。

月額料金プランを契約している場合は、その料金は1,000円。複数の部位を剃ってもらっても、その金額は変わりません。

またパックプランだと、シェービングはすべて無料になります。

以上、背中脱毛についてのビギナー向きの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

暑い季節になると海やプールに出かけることもあって、他人に背中を見せる機会が多くなります。
みっともないムダ毛をプロに脱毛してもらい、その肌をキレイにしておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@前橋

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.VIO脱毛のメリットってどんなこと?
3.Vラインの多種多様なデザインについて
4.Oライン脱毛のメリットとは?
5.サロンとクリニックはどんな点が違うのか?
6.VIO脱毛の費用はいくら?

1.サロン選びの際の注意点!

「VIO」というと何かの略語、あるいは外国語の単語のようですが、そうではありません。実はデリケートゾーン、つまり女性の性器からお尻の辺りを指します。

V、I、Oそれぞれについて説明すると——

Vライン……股のデルタ地帯で、いわゆるビキニライン。
Iライン……女性器に沿った細長い部分。
Oライン……肛門の周りの半径2センチほどの丸い部分。ヒップ奥とも呼ぶ。

となります。

つまりVIOというのは、それぞれの部位と似ているアルファベットを当てはめて呼称としたわけです。

ということで「VIO脱毛」は、単純に言えばアンダーヘアの脱毛。

VIOとまとめて言いますが、実は別々に脱毛ができます。

そして全部を無毛状態にする脱毛には「ハイジニーナ」という別の名前がついています。

サロンやクリニックの広告で「ハイジニーナ脱毛」と書いてあることがありますが、これはほぼVIO脱毛と同じ意味です。

日本に「ハイジニーナ脱毛」という名前で紹介された時、海外の有名人がおこなう特別な美容法というイメージでした。
しかし今ではすっかり日本のサロンやクリニックでも定着し、VIO脱毛は人気プランとなっています(実際、アンケートでは「施術したい部位」の第2位となっています)。

2.VIO脱毛のメリットってどんなこと?

VIO脱毛をおこなうことのメリットは、ただ肌をツルツルにするという美容効果だけにとどまりません。以下のような色々な長所があります。

1.デリケートゾーンを衛生的に清潔にできる

女性の性器というのは、男性のものと違って肉が重なって入り組んでいます。さらに太くて濃いヘアーが密集して伸びているため、風通しがいいとは言えません。

そのせいで下着が薄かったとしても雑菌の温床となりがち。
そうなるとニオイやかゆみが生じてしまいます。

特に厄介なのは女性器の周辺のIラインです。生理の際に分泌物や経血が付着してしまい、しっかりと洗っておかないと清潔とはいえません。

ただ仕事をしている人などは1日に何度も洗うことなど不可能です。どうしても不潔な状態に陥ってしまいます。

そんな状態もVIO脱毛をすれば解決。ツルツルになると菌が繁殖しにくいので、上記のような症状も軽減できます。
生理中でも股間が清潔になるでしょう。

2.毛抜、カミソリなどを使った自己処理がいらなくなる

デリケートゾーンは濃く太い剛毛が生えているのに肌そのものは薄く、自分で剃ったり抜いたりするには面倒な部位です。また性器のすぐそばなので、カミソリなどの使い方が下手だと、うっかり傷をつける可能性が高まります。

また、自己処理自体にも問題があります。毛抜きやカミソリを使う方法は、肌のコンディションを悪くします。
長い間使っているとダメージが重なっていき、厄介な埋没毛を引き起こす元凶になります。

それに傷のついた毛穴に雑菌が侵入すると、毛嚢炎になる可能性も高くなります。

脱毛すれば自己処理もいらなくなり、面倒な肌トラブルのリスクも減ります。

3.大胆な水着や下着が楽しめる

きわどい下着や水着を身につけたいと思ったら、必ずデリケートゾーンのヘアを処理しないといけません。

でも上で記したように自己処理ばかりやっていると肌トラブルが生じがち。せっかくツルツルの無毛状態にしたのに、肌に色素沈着などができては毛を剃ったり抜いたりした意味がなくなります。

サロンやクリニックでデリケートゾーンを施術すれば、自己処理が不要になってキレイな肌へと導かれることに。

そうすれば肌のコンディションを気にすることもなく、好きな下着をはいて彼氏とのデートに出かけられます。

3.Vラインの多種多様なデザインについて

Vラインは、VIOの3つの中でも特別ポピュラーな部位です。「脱毛したい部位」に関するアンケートでは必ず上位にランクインしています。

Vラインを脱毛する際は、全くのツルツル状態にする人は多くないようです。
やはり自然さを求めるのか、一部は残すのが普通になっています。

その時「どんな形に毛を残すのか」を決めることになります。

サロンやクリニックではいくつかの決められたデザインがあり、以下がその例です——

・逆三角形

最も人気のあるデザイン。不自然さがないので、見た人に脱毛したことを気づかれないのが大きなメリットです。

・オーバル型

オーバルというのは「楕円」のこと。角が丸まったデザインなので、どことなく女性らしい雰囲気を演出できます。

・Iライン型

帯のようなI字の形に毛を処理します。露出の多いきわどい水着や下着を身につけたい女性には最適。また「足が長く見える」というので、このデザインを選ぶ人もいます。

・Uライン型

「逆三角形」をアレンジした形で、角に丸みを帯びています。やはり不自然さがないというので人気です。

・スクエア型

「Iラインは少々極端すぎて……」という女性がよく選んでいます。ただ日本人にとってはやはりナチュラルな形とは言いにくいので、「嫌いだ」という人も多いかもしれません。

ちなみに、医療クリニックでVライン脱毛を受ける人は、デザインはよく考慮した上で選んで下さい。

クリニックは永久脱毛なので、一旦施術するともうVラインの形はそのままになってしまいます。
いい加減に決めると後悔しないでもないので、あまり奇抜なものは選ばないほうが無難です。

4.Oライン脱毛のメリットとは?

VIOのうち、VラインとIラインの2つは大変人気があります。きわどい水着や下着を着る時、どうしても2つのラインを処理する必要があるからでしょう。

ところが、肛門付近を目で見る機会が少ないせいか、Oラインは人気ランキングに選ばれることはありません。

でもOライン脱毛は、ムレやニオイの不快さが改善され、衛生的には大きなメリットがあります。

また、エッチの時もOラインが目立つこともあるので、脱毛しておけば安心です。

施術の際は、店や医院が用意している紙パンツにはき替えます。
それをスタッフが少しずつずらしながら施術していくわけです。

体勢については、「うつ伏せになっての開脚姿勢」か「四つん這い」のどちらか。抵抗が少ないのは前者ですから、スタッフに「うつ伏せ」とお願いするといいでしょう。

最初の頃は恥ずかしいでしょうが、施術を続けるうちに平気になります。

施術時間は10〜15分。
それほど手間はかからないので、ぜひOライン脱毛に挑戦してみて下さい。

5.サロンとクリニックはどんな点が違うのか?

VIO脱毛に際しては、サロンか医療クリニックに行くことになります。

この2つの大きな違いは施術方式にあります。

サロンのほとんどが導入しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」は、intense pulsed lightを略したもの。紫外線をカットした特殊な光線で、黒いメラニン色素に反応して脱毛効果を上げます。

ムダ毛のある肌に直接当てると、毛根の毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化。大きなダメージを与え、ムダ毛の成長を妨げます。

一方、医療クリニックで使われているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にも色々ありますが(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)、いずれも脱毛原理はIPLと変わりません。毛根のメラニン色素にレーザー光が反応し、熱エネルギーによって組織を破壊。発毛機能を損ないます。

IPLとレーザー光は波長及びパルス幅に違いがあるのですが、照射の威力が強いのは後者です。照射を数回繰り返せばすべての毛根は死滅し、無毛状態が数年、長い場合は死ぬまで持続します。
この「永久脱毛」は医療行為とみなされるため、施術は医師免許を取得したスタッフしかおこなえません。

レーザー光の効果は相当なものですが、その分「痛みが激しい」のが欠点となっています。

IPLは威力が抑えられているだけに肌には優しく、痛みも軽微です。ただ施術に通う日数と照射回数が多くなってしまいます。

またIPLだと毛根は一時的に弱体化するだけなので、脱毛完了から日数が経過すると毛が再生することが多いとされています。

多少の痛みに耐えられる人なら、レーザー脱毛をしてもらった方が脱毛効果が持続していいでしょう。

6.VIO脱毛の費用はいくら?

VIO脱毛に際し、どうしても心配になってしまうのはその費用でしょう。

実は「脱毛」といっても幾通りかのやり方があります。

たとえば、サロンに通ってIPL脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるのか。毛が少なくなる程度でいいのか、完璧にツルツルにしたいのか。高額でも脱毛完了までの日数を減らしたいのか、あるいはあくまでリーズナブルな料金にこだわるのか……。

それらの諸条件によって、料金にも少なからぬ差が出てきます。

ここではいくつかの場合に限定して費用を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIOをまとめて脱毛するコース」のものです。VIOを別々に脱毛する場合は料金も異なります)。

まず、サロンで施術を受ける場合、有名店の値段は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回。1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回。1回分は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回。1回分は8,640円]

完全にツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回。1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回。1回分は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回。1回分は9,180円]

続いてクリニックで施術を受ける場合。有名医院の料金をまとめてみます——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回。1回分は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回。1回分は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回。1回分は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回。1回分は18,540円]

完全にツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回。1回分は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回。1回分は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、サロンは回数が多いだけに高額で、医療クリニックの方がリーズナブル。特に湘南美容外科の安さが目立ちます。

VIO脱毛をするなら、湘南美容外科を選べば問題ないでしょう。

以上VIO脱毛について、初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「VラインやIラインをカミソリや毛抜きで処理している」という方がいたら、ぜひ脱毛を受けて下さい。上述したように自己処理は肌への刺激が強く、肌トラブルの原因となります。

脱毛で自己処理を不要にし、キレイなデリケートゾーンを保ちましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@前橋

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

足脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.とりあえず1回だけ脱毛を経験したいなら?
3.脱毛に必要な日数と回数
4.脱毛にはなぜ手間と時間がかかるのか?
5.自己処理と毛穴のブツブツの関係
6.足脱毛にかかわる疑問とその回答
7.施術後のアフターケアについて

1.サロン選びの際の注意点!

足は面積の広い部位なので、その脱毛対象となるところも、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった風に細かく分類されています。

さらにそれらの施術料というのは、サロン・医療クリニックごとにかなりの違いがあります。

その中でも値段が安めのサロンやクリニックをあげていきましょう。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……6回で18,000円
・ひざ下……6回で18,000円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……8回で12,000円
・足全体……8回で48,000円(ひざ上・ひざ下はそれぞれ6回)

銀座カラー

・ひざ上……8回で42,000円
・ひざ下……8回で42,000円
・ひざ……8回で21,000円
・足の甲・指……8回で21,000円
・足全体……151,152円(回数制限なし)

ジェイエステティック

・ひざ上……8回で31,200円
・ひざ下……8回で31,200円
・ひざ……8回で14,400円
・足の甲・指……8回で14,400円
・足全体……8回で91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……8回で47,840円
・ひざ下……8回で31,840円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……8回で15,840円
・足全体……8回で95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……5回で55,000円
・ひざ下……5回で41,250円
・ひざ……5回で13,750円
・足の甲・指……5回で13,750円
・足全体……5回で92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……5回で79,800円
・ひざ下……5回で89,800円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……5回で19,800円
・足全体……5回で119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……6回で81,000円
・ひざ下……6回で81,000円
・ひざ……6回で28,750円
・足の甲・指……6回で28,750円
・足全体……6回で219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……5回で60,000円
・ひざ下……5回で60,000円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……5回で20,000円
・足全体……5回で100,000円

となっています。

サロンの中で最もリーズナブルなのは、ミュゼになります。ひざ上・ひざ下をあわせて6回で36,000円ですから、他のサロンにくらべて数万円以上もお得。

ただ銀座カラーを選ぶと、足の指・甲まで含む足全体のコースが151,152円で施術し放題です。足全体を徹底的に脱毛したい人はこちらの方が向いています。

クリニックの場合はアリシアクリニックが最もリーズナブルで、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指がそろった足全体プランが92,900円となっています。

クリニックには40万円以上の高額な施術料を請求するところもあるので、10万円を切るというのはビックリです。

2.とりあえず1回だけ脱毛を経験したいなら?

足脱毛は部分脱毛とは言え、面積が広いために安いとは言えません。

脱毛がどんな感じが知るために、まずジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」を契約してみてはいかがでしょう?

これは両ワキ、及び18部位の中から3つをチョイスして1回脱毛ができるというもの。
料金は驚くべきことに300円です。

これで脱毛の具合をチェックし、行きたいサロンを選ぶのもいいでしょう。

3.脱毛に必要な日数と回数

上述の説明で足脱毛の費用についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛に必要な日数と回数はどうなのでしょうか?

大体の目安は以下の通りになります——

脱毛サロン

回数……8回から12回
期間……1年から2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回から6回
期間……およそ1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか、予想以上に日数と回数がかかると思われるかもしれません。

実は、体の部位の中でも足は施術の効果が早く出やすい、と言われています。それでもこれくらいの手間と時間がかかってしまうのです。

なぜかというと、それは現行の脱毛方法と、ムダ毛の成長サイクルが関係しています。

以下のセクションで詳しく説明しましょう。

4.脱毛にはなぜ手間と時間がかかるのか?

脱毛方法から説明しましょう。

現在サロンとクリニックで使用されている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の特殊な光を肌に照射して脱毛効果を発揮します。

照射される光は、黒いメラニン色素にぶつかると高熱のエネルギーに変わる性質を持っています。
ですから肌にあたっても皮膚には無害で、メラニン色素を含んだ毛と毛根だけに反応するわけです。

高熱エネルギーは毛を燃焼させるだけでなく、その毛根部位の発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部など)にも大きな損傷を与えます。このことでムダ毛が伸びなくなり、無毛の肌が得られます。

それなら1回照射すれば脱毛は完了するはずですが、そういうわけにはいきません。というのも、毛というのは表面上はすべて同じに見えますが、実は成長サイクル(「毛周期」と呼ばれます)によって、一本一本の状態が違っているからです。

毛は「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しながら新しいものへ変わっていきます。

「成長期」は毛が育って肌の表面に出てくる期間。「退行期」は成長が止まって、毛乳頭から切れそうになっている期間。
そして「休止期」は、毛が毛乳頭から完全に切れ、毛穴に挟まれているだけの期間です。

光を照射して効果があるのは、毛根と結ばれている成長期の毛だけです。退行期や休止期の毛に光を当てても毛根に影響がないために意味がありません。

施術の効果で成長期の毛は2週間ほどで抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月間だけその部位は毛のない状態になります。

やがて発毛してくるため、光を再び照射。これを繰り返していくと、毛の太さが細くなっていき、本数も減っていきます。

このようにしてじっくりと時間をかけながら全部のムダ毛の毛根部分に損傷を与え、ようやく脱毛終了となるわけです。

そのため、施術はどうしても1〜2ヶ月に1回というゆっくりしたペースになります。

以上、なぜ脱毛に時間と手間がかかるのかお分かりになったでしょうか?

こればかりはスピードアップするのが難しいため、サロンやクリニックで契約したら長期に渡って施術することを覚悟しておいて下さい。

5.自己処理と毛穴のブツブツの関係

ムダ毛の自己処理をしていると、黒いブツブツができてくることがあります。

これはカミソリによる傷が原因です。

手軽ということでカミソリはムダ毛を剃るのに使われますが、剃る度に肌は損傷を受け、替わりの新しい細胞が作られます。

それがうまく元通りになればいいのですが、運悪く毛穴にかぶさってフタ状になることがあります。

そうなると、毛が表皮の中で伸び続け(埋没毛)、それがみっともないブツブツに見えてしまうのです。

また赤いブツブツができることもありますが、こちらもカミソリ負けの結果。

プロによってムダ毛処理してもらえば、こんなトラブルなど避けられます。また、すでに肌にブツブツがあっても、施術で自己処理の回数が少なくなるため、自然にキレイな状態に戻っていきます。

さらにサロンやクリニックには、保湿トリートメントを術後におこなってくれるところもあります。
これにより肌の潤いが保たれ、ケア効果も高まります。

肌に良いことばかりなので、足は施術前より美しくなるでしょう。

また施術スタッフは肌について詳しいことが多いので、何か心配がある時は気軽に相談してみましょう。

6.足脱毛にかかわる疑問とその回答

Q.施術に行く時の服装はどんなものがいい?

服装ですが、サロンやクリニックによっては施術用のガウンを用意しているところがあります。そこならどんな服装で行っても構いません。

私服のまま施術してもらう場合は、スカートやズボンは取ってショーツだけになり、バスタオルで他の部位を隠しながら光を照射してもらいます。

なお、施術時に専用ジェルを使うサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツについてしまうことが度々あります。
紙ショーツの準備がない店や医院の場合、自分で替えを持っていきましょう。

Q.色素沈着している肌は光を照射できない?

何軒かのサロンとクリニックに質問してみましたが、そのほとんどが「色素沈着があると脱毛はできない」という返答でした。

上で述べたように施術時に用いられるレーザー系の光は、メラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変わります。そのため、色素沈着の部位では高温が生じることがあり、肌に火傷を負わせる危険性があります。

ただ、リゼクリニックだけは「看護師が見た目で判定し、大丈夫そうなら施術する」ということです。

Q.肌が乾燥状態だと施術不可?

同じようにサロン、クリニックにたずねてみましたが、肌が乾燥状態だと施術はできないようです。

というのも、乾いた肌というのは抵抗力が衰えていて、光の照射によって肌トラブルが生じやすくなるからです。

また、肌に傷がついていると化膿が心配なので、施術は不可となります。

7.施術後のアフターケアについて

サロンやクリニックで光の照射を受けた後の肌は、熱によって潤いが失われやすい状態になっています。その点をよく踏まえた上で、アフターケアに力を入れることが重要です。

まず入浴は絶対にやめましょう。湯船につかると肌の温度が上がるので厳禁です。どうしても汚れや汗を落としたいという人は、温度の低いシャワーで我慢しましょう。

シャワーを浴びて汗や汚れを流す場合も、施術部位に刺激を与えないようにして下さい。ボディタオルなどを使うと、重い肌トラブルを引き起こす可能性があります。

入浴後は普段のようにタオルで拭きとるのではなく、そっと当てるような感じで水気を取ります。

また、脱毛後の肌は潤いがなくなっているせいで炎症を起こしやすくなっています。炎症を防ぐには、脱毛した部位に潤いを与えることが欠かせません。
施術当日は当然ですが、翌日もしっかりとケアし、水分を与えましょう。

さらに念入りなケアで柔らかい皮膚をキープすれば、肌の奥に潜んでいたムダ毛が表に伸びやすくなって脱毛効果が倍増します。

保湿はいつも使っているクリームやローションでもオーケーですが、敏感肌向けローションや乳液ならさらによい効果が生まれます。化粧水の後にミルクローションを塗るのもオススメ。

以上足脱毛について、細かく情報を紹介してきました。どうだったでしょうか?

何度も記したように、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪くします。
肌の美しさをキープするためにも、好みに合ったサロンや医療クリニックを見つけて脱毛してもらいましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top