脱毛コラム

脱毛するとワキガは改善されるの?

脱毛でワキガは改善できる?
「脱毛をしたらワキのニオイが気になるようになった」という経験をした方いるのではないでしょうか。脱毛をするとワキガになるという噂もありますが、これは本当なのでしょうか?

脱毛でワキガは改善できる?

脱毛をすることは、むしろワキガを改善させる効果があります。ワキが臭う原因は、雑菌が毛穴付近の毛根部分で多く繁殖するからです。毛があるとこの部分でより雑菌が繁殖し、ニオイが強くなります。脱毛を行うことはワキガ対策には非常に効果的なのです。
それでは、脱毛をするとなぜニオイが強くなるといわれるようになったのでしょうか。

ワキガで悩む方には脱毛がお勧め

それは、脱毛後の毛穴に皮脂や老廃物が詰まり、それが酸化する事でニオイがするようになるという場合があります。この場合は皮脂を取り除く処置を行い毛穴を綺麗にすることでニオイがしなくなります。そしてもう一つが、脱毛をする事で汗が増えたことによる汗のニオイが原因となる場合です。汗の元となる汗腺が脱毛による刺激を受け、脱毛前よりも汗をかきやすくなるという方が多いです。またこの一時的な汗の増加が、さらに精神的に更なる汗を引き起こす精神的発汗を促すことがあります。「汗がふえてニオイがきつくなったらどうしよう」などと言う不安がより汗を増やす原因ともなるのです。

脱毛自体にはワキガを改善させる効果があるので、ワキガで悩む方には脱毛がお勧めなんです。

アンダーヘアの脱毛の形状に関する魅力がある脱毛サロン

アンダーヘアをの脱毛

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘア脱毛では、しばしば形に関する問題が浮上します。それで大きな悩みを抱えている方々も少なくありません。

というのもアンダーヘアの形によって、客観的な印象が変わる事も多いのです。特に形が不自然でないかどうかを気にする方々は大きいです。

仮に自分でアンダーヘアに関する処理を行ってみたとします。それで仕上がりがあまり良くないと、非常に不自然な印象になってしまう事があるのです。わざとらしい雰囲気になってしまうので、客観的な印象があまり良くない事もあります。

ですからアンダーヘアーに対する自己処理を行っている方々は、しばしばストレスを抱えているのです。形を調整するのも大変だからです。

サロンなどによる施術がおすすめ

アンダーヘアは、サロンなどによる施術が推奨されます。なぜならサロンでは、印象が良くなるよう上手く調整してくれるからです。

少なくともサロンは、美容業界に大きく関わっています。美容業界である以上は、来店客の見た目には大変気を使っているのです。

つまりサロンで施術を受けると、アンダーヘアの仕上がりも良くしてくれる傾向があります。客観的に見ても、特に問題無い仕上がりにしてくれるお店は本当に多いです。

確かにサロンに行けば、それなりにまとまったお金は払うことにはなります。しかしアンダーヘアの形状を考慮すれば、やはりサロンによる施術がおすすめです。

お金を理由に脱毛サロンの勧誘を断る

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは通例となっている勧誘ですが、なるべく上手に断るのが理想的です。本当に興味を持っているならまだしも、あまり興味がないのに流れで勧誘に乗ってしまうのはよくありません。では、どうすれば脱毛サロンの勧誘を上手に断ることができるでしょうか?勧誘を断るときに大切なのは、こちらにその意志がないことをはっきり示すことです。ただ、相手との関係を壊すのは気まずいですから、そこはやんわりと伝えるより他ないです。

お金を理由に断るのが上手い断り方

 よくあるパターンとして知られるのが、腋だけなど部分脱毛を希望していたのに他の部位の脱毛も勧誘されてしまうというケースです。このケースでは、部分脱毛の部位が増えてしまいますので、気をつけないといけません。そこで、今は他の部分脱毛をするつもりはないということを、はっきり示します。特に「お金がない」「予算的に厳しい」ということをまじえて断れば、相手も深くは追求してこないはずです。お金がなければ脱毛は利用できないのですから、お金を理由に断るのが上手い断り方です。節約しながら生活していることもまじえて断れば、真実味も出てきます。

 ただ、それだと安くなるキャンペーンがらみの勧誘をされてしまうかもしれません。そのときは「安くなっても厳しい」ことをはっきりと伝えるような断り方がおすすめです。ですので、お金を理由にして断るのが無難です。

産後でムダ毛処理をする時は肌に直接触れる物は禁物

出産後のムダ毛の処理

産後の女性
脱毛の手段によっては、用いるツールが肌に直接タッチしてしまいます。それは、肌に対して大きな影響を及ぼしてしまうのです。そのようなツールは、できる限り使わないのが望ましいです。

産後というタイミングは、特にそれが大切なポイントになります。そのタイミングですと、体は大変デリケートだからです。まして肌に直接触れる物は、控えるのが望ましいでしょう。

例えばカミソリです。多くの方々はそれでムダ毛処理は行っていますが、それは肌に直接タッチするデメリットがあります。少なくとも刃が肌に触れてしまいますから、少なからず大きな負担を与えてしまう訳です。

肌に直接タッチするツールは禁物

まして出産後というタイミングでしたら、明らかに体はデリケートなのです。カミソリが直接肌に当たってしまうと、どうしてもトラブルが生じやすくなります。ですからカミソリの使用は避けるべきでしょう。

そして一番おすすめなのが電気シェーバーです。なぜならシェーバーというツールでしたら、肌に直接タッチする事はありません。やや離れた場所で、むだ毛だけを処理してくれる仕組みなのです。

それは産後の方々が使用しても、リスクは比較的小さいです。少なくともカミソリなどと比較すると、明らかにリスクは低くなるでしょう。

つまり産後の脱毛は、「肌に直接タッチするツールは禁物」なのです。一番無難なのは、やはりシェーバーです。

埋没毛ができる原因とレーザー脱毛で処理できる埋没毛について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、剃刀や毛抜きによる自己処理で間違えたやり方で行うのができやすい原因となります。

その上、毛抜きで自己処理すると毛を抜く際に途中で毛が切れて、皮膚の中に毛が残る可能性が高いので、剃刀と比べて埋没毛になりやすいです。

また、剃刀や毛抜きで埋没毛を剃ったり抜いたりしても、肌の表面をさらに傷つけるだけなので埋没毛を悪化させることになります。

なぜなら、肌を傷つける自己処理を続けることで肌だけでなく、毛穴を傷つけることにもなるからです。

その影響により、毛穴にできた傷を埋めるために皮膚が反応するので、肌の表面と毛穴を角質が覆うことになります。

なので、肌の表面に出てこれない毛は、皮膚の中であらぬ方向に伸びるしかないので、結果的に埋没毛になってしまいます。

埋没毛を早く処理する方法

そして、埋没毛ができた時はクリニックに行ってレーザー脱毛で埋没毛を処理してもらうのが、埋没毛を早く処理する方法となります。

埋没毛は放置することで、皮膚の中で炎症を起こして毛嚢炎を起こして、肌の表面にニキビができて腫れ上がるので、肌のトラブルを招くことになります。

けれども、レーザー脱毛は埋没毛を処理すると同時に、毛嚢炎を処理できるので肌のトラブルの進行を食い止めることができます。

他にも、サロンで光脱毛を受けて埋没毛を処理する方法もありますが、光脱毛はレーザー脱毛より効果が低くなります。

なので、埋没毛を早く処理したい際は、クリニックのレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

そして、レーザー脱毛を受けることで無駄毛も一緒に処理できる他にも、無駄毛が生えにくくなるので自己処理で肌を傷つけるリスクを抑えることができます。