脱毛コラム

上手な医療脱毛クリニックの選び方とは?

以前は「有閑マダムのやる美容行為」と思われていた脱毛ですが、新技術による料金の値下げ、そして一般の美容意識の向上もあって、ブームと言えるほど客層が広がっています。
売れっ子タレントが出ているコマーシャルや電車の広告等を見て、「自分も脱毛してみよう」と考える人もいるでしょう。

脱毛するとなったら、脱毛サロンと医療クリニックのどちらかと契約し、数ヶ月(長い場合は数年)そこに通いつめることになります。
キャンペーンなどに釣られて、以前はサロンと契約する人が多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも知られるようになり、どちらにしようか迷う人もいるようです。

そこでこのページでは、脱毛初心者のために、医療クリニックに関する情報を紹介することにしました。その施術に使われる技術や利点・難点、クリニックを選ぶ時のポイントなどについて、詳しく述べていきます。

医療クリニックではどんな施術がおこなわれている?

医療クリニック
上で書いたように、専門家の手でムダ毛を処理してもらうなら、サロンか医療クリニックのどちらかに出向く必要があります。高性能のマシンを用いて脱毛をおこなう点は両方変わらないのですが、もちろん違うところもかなりあります。

では、サロンとは異なる医療クリニックの特徴とは、どういう点なのでしょうか?

1)レーザー光線によって施術をおこなう

真っ先にあげたい特徴ですが、医療クリニックではレーザーを使って施術をおこないます。このレーザーによる脱毛技術は、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンが発表した「選択的光熱凝固理論」に基づくもので、古代オリエント時代から続いてきた脱毛の歴史に革命を起こしました。

それまでの脱毛というのは「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼ばれるものが主流で、特殊な細い針(プローブ)を使っていました。
これは1875年、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが逆さまつ毛を治すのに用いたのが始まりで、プローブを毛穴に差し入れ、電気を流すことで発毛をストップします。

この方法は脱毛効果という点で大変優れているのですが、なにしろ手作業で1つ1つの毛穴にプローブを挿入していくために手間がかかり、料金もそれだけ高くなってしまいます。しかも痛みも相当ひどく、施術される側もかなりの忍耐を強いられます。

この状況を大きく変えたのが、レーザー脱毛の導入でした。

レーザー脱毛は、単一の波長の特別な光線(レーザー)を増幅し、ムダ毛のある肌に直接照射するものです。もともとレーザー光線は、波長の長さに応じて特定の色に反応する特性を備えています。つまり、青、赤、黒などの色のついた物質があれば、波長を変えることでひとつの色のみに集中的にアプローチし、その組織を破壊できるわけです。
このレーザーの機能は幅広い場所で活用され、外科手術でも大々的に使われています。

脱毛の施術においては、毛に含まれる黒いメラニン色素に作用するよう、波長をアレンジします。そのレーザー光線をムダ毛に当てると、皮下のメラニン色素に光線が吸収されて高熱に変化。すると、その高熱が毛を伝導体にして毛包全体に広がっていきます。やがて、その熱は発毛を促進する毛球部の毛母細胞に大きな損傷を及ぼすことになり、毛が伸びるのを阻害するのです。

この脱毛方法が優れているのは、レーザーの波長が単一ということでメラニン色素だけがターゲットとなり、表皮や周辺組織に損傷を与えないという点。
おかげで施術はレーザー光線を肌に当てれば完了で、ニードル脱毛とはスピードの点で段違いです。

最初に導入された時はレーザーの種類は多くなかったのですが、今ではダイオード、アレキサンドライト、YAGなど多種多様。毛の性質や脱毛部位に合わせて、波長の違う光線を照射できるようになっています。

2)永久脱毛ができる

脱毛については誤解が多く、「一度サロンなどで施術を受ければ、その部位のムダ毛は一生伸びてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛根の発毛器官は強い回復力を備えていて、多少のダメージをこうむってもその機能はすぐに復活します。レーザー光線を1度照射したくらいでは損傷度も低く、さらに毛には毛周期という発毛サイクルがあるため、成長期に合わせて照射を繰り返す必要があります。
そうやって根気よく処理を続けるうちにムダ毛が薄くなり、そのパーツが無毛状態になってきます。

医療クリニックと同様、サロンの施術でも特殊なライトを使いますが、そのパワーがかなり弱いために発毛器官は死滅せず、一時的に弱体化するだけです。そのため、数年くらい経過すると毛根が元通りになり、毛が再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは威力が抜群のレーザー光線を用いるため、毛根が元通りになる可能性は低くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)マシンを操作できるのは医師だけ

上でも解説した通り、サロンで用いられている器械は光でムダ毛にダメージを及ぼすものではありますが、レーザー脱毛には当たりません。レーザーとサロンの光を比べると、パワーの点で砲弾と銃弾ほどの相違があります。
「事故の可能性は低い」とされているので、サロンでは施術担当者に特別の資格は必要ありません。

ところがレーザー脱毛の場合、体の組織を完全に破壊する力を持っていますから、操作ミスがあると大きなトラブルにつながりかねません。そのため器械を操作できるのは、いざという時に手当ができる医師に限られています。
もちろん、応急処置がすぐに可能な器具もそろっているので、その点安心です。

医療脱毛の長所・短所

長所・短所

長所

・必ず医者が施術を担当するので、トラブルが起こっても対応できる
・脱毛効果が段違いに優れていて、施術したところが完璧にツルツルになる
・サロンよりも施術回数が少ない上に、脱毛完了までの期間も短くてすむ

短所

・値引きキャンペーンが多くてリーズナブルなサロンと比べ、料金が高い
・レーザー光線が当たった時の痛みが強いため、施術が怖くなる
・クリニックによっては美容整形もおこなっていて、「整形している」と勘違いされる

脱毛サロンと医療クリニックの違いとは?

上でも少しだけ脱毛サロンとクリニックの差について述べましたが、ここでさらに違いを数点説明しておきます——

施術料

脱毛サロンは昔から女性雑誌によく広告を載せていますが、そこにはその時のキャンペーンの内容と費用が目立つように書かれています。これで分かる通り、その料金の安さがサロンのセールスポイントのひとつです。

一方、医療脱毛クリニックの施術料はほとんどディスカウントされません。さらに上の「短所」のところで示したように、サロンよりも相当割高です。

ここで、脱毛サロン、医療クリニック双方について、脱毛完了まで費用がどれくらいかかるのか、具体的な金額を一覧にしてみましょう。

まず脱毛サロンから。チェーン展開をしている有名店20社の公式サイトから、パーツ別の平均施術料を計算してみたところ——

・全身…164,700円
・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・うなじ…19,000円

となりました。

続いて、医療クリニックです。こちらはネットの検索でよくヒットする20院の平均料金を割り出しました——

・全身…401,945円
・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・うなじ…57,250円

以上でお分かりの通り、医療クリニックは脱毛サロンよりもずっと施術料が割高になっています。特に顔脱毛はその違いが大きく、クリニックの料金はサロンの3倍を越えます。

効果

上で書いたように、脱毛方法に関しても脱毛サロンとクリニックでは違いがあるため、効果にも差が出ます。

現在、脱毛サロンでよく使われている方式は、IPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンで1番普及しているもので、光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれます。ワンショットでの照射範囲が大きいため、腕、脚、背中などの部位がスピーディーに施術できます。
しかも光のパワーは抑え気味なので、痛みもチクリとする程度です。

他の方法もそれぞれ長所・短所があるのですが、実はサロンの施術では「抑毛」「減毛」しかできません。確かに施術後はツルツルにはなりますが、その状態は数年しか続かないのです。

一方、医療クリニックではレーザー光線によってムダ毛を処理します。

レーザー光線には、アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどがあり、別々の波長を持っていますが、いずれもサロンのマシンとは段違いにパワフルです。

確実に脱毛の効果を上げたいなら、やはりクリニックでレーザーによる脱毛をするべきです。

保証

保証という点に関しては、脱毛サロンと医療クリニックでほとんど差はない、と言っていいでしょう。

気が済むまでずっと通い続けられる「永久保証」、有効期限を決められた日数だけ延長できる「期間保証」、解約時に未使用の前払い金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでも受けられます。

ただ保証の種類や条件については、クリニックによってバラバラですので、公式サイトを事前にチェックしておいて下さい。

その他

サロンとクリニックの違いに関して、案外言及されないのが支店(支院)の数です。

「そんなこと重要なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは毛周期に応じておこなうため、どうしても完了までに長い時間がかかります。
つまり短くても数ヶ月、さらに全身脱毛のようなコースになると、数年間は施術を継続しなければなりません。

そうなるとその間に生活環境が変わる人も出てきます。転勤や引っ越しがその典型ですが、転居先に通っていたクリニックの支院がないため、前払い金が無駄になる場合があります。

部分脱毛ならまだ施術料もそれほどではないのですが、全身脱毛のプランになると、前払金も10万を軽く越えるでしょう。
転居でそれが意味のない出費になるのは避けたいところです。

有名なサロンなどは全国北から南まで数多くの支店があり、転居後も施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックだと経営規模がそれほどでもないので、引越し先に支院がないケースが増えてきます。

そんな事情を考えれば、仕事等で転勤・引っ越しが多い場合、多くの主要都市に支店があるサロンと契約した方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時、注意する点は?

注意する点は?

料金に納得できるか?

クリニックで施術を受けよう、と決めた時、やはり最も心配なのはその料金です。

ほとんどの医療クリニックはサロンより施術料が高いのですが、たとえばよくテレビでコマーシャルを流している「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がサロン並みにリーズナブル。たった1,000円で6回も両脇脱毛ができます。

その他にも部位やプランによって施術料を格安設定にしているクリニックがあるので、ぜひサイトなどを調べてみてください。

施術の痛みはどうか?

施術に伴う痛みというのは、クリニックの大きなデメリットです。最近ではそんな欠点を解消しようと、新しい機種を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では肌を冷やしながら施術がおこなえる「ジェントルレーズプロ」を使っています。これならかなり痛みの悩みを解消できますし、麻酔代もかかりません。痛みが苦手な人にはピッタリでしょう。

支院はどれくらいあるか?

そのクリニックの支院が全国にどれほどあるか、というのも大事な要素です。

顧客の数が非常に多い、ということで信頼が置けますし、予約も入れやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は支院が全国にあり、引っ越しした先でも同じ施術を続けられる可能性が高くなっています。

以上、脱毛方法や選び方のポイントなど、医療脱毛クリニックについての色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか。

堅苦しいイメージや料金の高さのせいで、クリニックはサロンに比べて足を向けにくいかもしれません。
でも脱毛効果を第一に考えている人にとって、クリニックのレーザー脱毛はベストの方法です。

どうかこのページの情報を参考にして、自分に見合ったクリニックを選んでください。

自分にピッタリの家庭用脱毛器を選ぶには?

最近は医療クリニックやサロンで脱毛してもらうのが当たり前のことになり、テレビでも一流タレントを使ったコマーシャルがよく流れています。

ただ料金も相当かかりますし、施術に何年間も通わなければならないということで、契約するのに二の足を踏んでいる人も少なくないはずです。

そんな人にとって助かるのが家庭用脱毛器。プロの施術に近い脱毛効果が得られるということで、ムダ毛で悩んでいる女性をターゲットに多くの機種が販売されています。

ただ最低でも万単位はしますし、種類が余りに多すぎて「どれを選べばいいのか困る」という人も多いでしょう。

そこで、家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方やメリット・デメリットを詳細に解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とは、そもそもどういう器械か?

家庭用脱毛器

ムダ毛を自分で処理する場合、すこし前まではカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛テープ、ワックスなどの簡単な道具を使うしか、方法がありませんでした。

これらはいずれも安価で手軽ではありますが、毛穴や肌へダメージをもたらし、長期間使い続けていると、肌荒れ、くすみ、黒ずみ(色素沈着)だけでなく、埋没毛、毛嚢炎といった厄介な肌トラブルを引き起こす可能性があります。

トラブルを避けたい人は、脱毛の専門家のいるサロンや医療クリニックで施術を受けるわけですが、何しろ完了までに数ヶ月から数年も通い続けなければなりません。
途中で挫折してしまう人も少なくありませんし、全身脱毛だと、その契約費・施術料などの総額も10万円以上となります。

家庭用脱毛器の発明は、そういう人たちにとって待ちに待ったものでした。なにしろ、サロンや医療クリニックと同一の方式でムダ毛を脱毛しますから(特別な光で毛根の発毛機能だけに損傷を与えます)、毛穴や肌へのダメージはカミソリ・毛抜などとは違って軽微ですみます。

プロ並みのムダ毛処理が家庭でできる、というのは、以前では考えられないことで、またたく間に家庭用脱毛器が家電の中でも売れ筋商品となったのも当然です。また、それだけ脱毛で苦労している人が多かったのでしょう。

価格についても、サロンや医療クリニックに交通費をかけて通うよりもリーズナブルですみます。ただ、そうはいっても安い機種でも2万円ほどしますから、いざ購入という段になると慎重にならざるを得ません。

以下に提供する情報をしっかりチェックして、自分の予算・目的に合った機種を選ぶようにして下さい。

家庭用脱毛器を購入する際はどんな点に留意すべきか?

どんな点に留意すべきか?
家庭用脱毛器は、特殊な美容器具です。「価格が安かったから」「見た目が気に入ったから」といった理由でうっかり買ってしまうと、失敗する場合が多いようです。

家庭用脱毛器選びで後悔しないためのコツをいくつか紹介してみます——

使い勝手はどうなっているか?

ネットで家庭用脱毛器の悪い口コミを調べると、

「『脱毛効果がよい』と聞いたので買ってみました。ところが持ち手の部分が重すぎて、ムダ毛処理をしていると疲れてしまいます」

「照射できる範囲が狭いため、1回ごとの処理に手間がかかって大変です」

「動作音がびっくりするほど大きいので、夜中は近所迷惑になって使えません」

などの感想が目立ちます。これらのように「使用感が良くない」という理由から、せっかく高いお金を出して購入したのにいつの間にか使わなくなった、という人もいるようです。

こんな羽目におちいらないよう、照射面積・最大出力レベル・連射機能については購入前にしっかり調べるようにしましょう。また、大型家電店が近所にあるならお目当ての機種を直接いじってみて、その重量などをチェックした方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

家庭用脱毛器の購入に関してよく聞くのは、本体の値段だけに留意して付属品の維持費をチェックし忘れ、後悔してしまうパターン。

家庭用脱毛器は2万円台という格安のものから、10万円以上の高級タイプまで様々な機種がそろっていますが、使用ごとに目減りしていくカートリッジ等の費用を忘れてはいけません。

買う前に、本体価格とランニングコストの総額がいくらなのか、しっかりと調べましょう。

脱毛効果を知っておく

サロンと医療クリニックでは施術に使われるマシンの方式が違いますが、家庭用脱毛器でも機種によって異なる方式が採用されています。現在のところ主流になっているのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式などですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

脱毛したい部位やどれだけ効果をあげたいのかは各人によって違いますから、それぞれの機種について得意・不得意を確認しておいた方がいいでしょう。

また、「顔やVIOのようなデリケートな部位にも使えるか」「打ち漏れが起こりにくいか」などの見落としがちなポイントも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3つのファクターは忘れないようにしておいてください。

家庭用脱毛器の良い点と悪い点

良い点と悪い点

家庭用脱毛器の良い点

・時間と場所に関係なく、好きな部位のムダ毛を処理できる
・サロンや医療クリニックに通い続ける必要がなく、お金も節約できる
・自分の肌の具合に応じて出力レベルを変えられるため、痛みが軽くてすむ

家庭用脱毛器の悪い点

・家電としては値段が張る上、付属の消耗品をずっと購入する必要がある
・海外の製品には刺激が強すぎるものがあり、安全性にも欠ける
・サロンや医療クリニックでの脱毛に比べると、効果が劣って時間がかかる
・手が届かない、あるいは見えにくい部位に関しては、自分一人では処理できない
・使用していて炎症・火傷といった肌トラブルが起こっても、あくまで自己責任になる

家庭用脱毛器でも永久脱毛は可能?

永久脱毛は可能?
上で述べたように、家庭用脱毛器の脱毛方式はサロンやクリニックの器械と同じ。特殊な光を照射して、毛根にある毛乳頭、毛母細胞といった発毛組織に損傷を与えるわけです。

ただ家庭用脱毛器の場合は、火傷などが起きないようにパワーが制限されているので、永久脱毛は不可能となっています。

なお、勘違いしている人が結構いるのですが、サロンの脱毛は正確には「抑毛」にすぎません。
したがって数年すると、ムダ毛が施術部位からまた生えてきます。

永久脱毛をしたいなら、レーザー脱毛器のある医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器の脱毛方式とは?

家庭用脱毛器の脱毛方式とは?
家庭用脱毛器で使われている脱毛方式には、現在、以下のものがあります——

フラッシュ式

こちらはサロンで採用されているマシンと同一方式になっています。特殊なライト(IPL)を肌に照射し、発毛器官だけに損傷を与えて脱毛します。

フラッシュ式の使いやすいところは、他の方式より照射口が大きい点。つまり1回で照射できる範囲が広く、ショット数が少なくても手早くムダ毛処理ができます。時間と経費が省けるため、全身脱毛といった広範囲でのムダ毛処理にもってこいです。

また照射パワーが比較的小さく、肌が過度に熱くなることもないため、処理の時の痛みも相当軽くてすみます。

脱毛完了までに日数がかかってしまう点がデメリットですが、それでもおよそ1年で自己処理が不要になるほどムダ毛が少なくなります。

レーザー式

指、あるいは顔の一部のような狭いパーツを脱毛したい場合、レーザー式を使うのをおすすめします。

レーザー式脱毛器は、医療クリニックの器械と同じ仕組みです。照射されたレーザーライトが、肌に害を与えずにムダ毛のメラニンに反応。熱エネルギーに変化して毛根の発毛器官に大きなダメージを与えます。

小さな照射口のせいで光のパワーが一箇所に集まるため、フラッシュ式よりも効果的に脱毛できます。

そのため脱毛完了までの期間も短く、2週間に1回照射をおこなえば、およそ3ヶ月で効果が実感できるようになります。

ただ足や背中のように広い範囲にムダ毛が生えている場合、1回あたりの照射には手間と時間がかかり、打ち漏れも起きやすくなります。

また、デメリットとして大きいのが、光の照射時の痛みです。口コミサイトでも「思ったよりも痛かった」「照射する時はちょっと怖い」といった感想が投稿されていて、痛みが苦手な人は辛いかもしれません。特にVIOのような肌が薄い部位では、あまりパワーを強くしないように注意する必要があります。

また、シミ、ホクロ、日焼けなどの色の濃い場所にレーザー光が当たると、高熱を生じることがあります。
火傷を負う場合もあるので、それらの場所への照射は避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はライトを使いません。先端がピンセットに似た形をしていて、そこにムダ毛を挟んで処理します。そのためフラッシュ式やレーザー式と違って、目の付近の脱毛も可能です。

また、高周波によってムダ毛を抜くため、毛穴に負担をかけずに脱毛ができます。ただ1本ずつの処理になるので、広範囲の脱毛には向いていません。

脱毛作業をなるべく素早くやりたいという人は、フラッシュ式の方がいいでしょう。

なお、上で紹介した方式とは種類が異なるのですが「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の脱毛器についても述べておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドに内蔵されている熱線で、ムダ毛を処理します。
肌の表面から出ている部分を焼き切るだけで、毛根には影響を及ぼしません。つまりあくまで除毛です。

ただ毛先が丸くなるので、カミソリ処理によるチクチクがイヤな人は助かるでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ローラーになったヘッドを滑らせて肌のムダ毛を挟み、そのまま抜く、という脱毛方法を取っています。

毛抜と同じなわけですが、広範囲を一気に処理できるところが長所です。もちろん肌や毛穴に刺激を与えますから、おすすめはしません。

家庭用脱毛器の値段について

値段について
家庭用脱毛器の値段は、一体いくらくらいでしょうか?

公式サイトなどをチェックし、売れ筋の家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア……¥12,800

エピレタ……¥17,800

センスエピX……¥29,800

ラヴィ(lavie)……¥39,800

トリア……¥54,800

ローワン……¥54,800

フィリップス……¥66,880

2PSクリスタル……¥69,800

ケノン……¥69,800

ダブルエピ……¥81,000

レイボーテグランデ……¥108,000

こうして見てみると価格帯は幅広く、下は2万以下から上は10万円以上まで色々とそろっています。

脱毛方法は大部分フラッシュ式ですが、トリアはレーザー式、そしてノーノーヘアはサーミコン式を採用しています。

上述したように、買う時は消耗品の値段を考慮する必要があります。本体価格と消耗品のランニングコストがどれぐらいになるか、自分できっちりとチェックしておきましょう。
その数字を比べることで、本当の価格の違いが初めて分かります。

たとえば上記の機種のうち、特に売れている4つについて、そのランニングコストを調べてみると——

・ケノン
ワンショットの値段……約0.15円
照射面積……9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの値段……約0.2円
照射面積……7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの値段……約0.06円
照射面積……1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの値段……約0.09円
照射面積……2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「ワンショットの差なんて大したことない」と思い込む人がいるかもしれません。しかし脱毛器は、処理効果をあげるために2週間に1度は使い続ける必要があります。つまり、1回だけならわずかな額でも、何度も使用することでそのコストは思った以上にかかってしまうのです。

また、案外チェックする人が少ないのが「照射範囲」です。1回の照射範囲が広いとその分ショット数は減りますから、長期的なコストは少なくてすみます。

トリアなどはレーザー式なので、光を当てられるのは狭い範囲だけです。フラッシュ式のケノンやラヴィと比べ、照射可能面積は2分の1以下になっています。

広い部位を脱毛したい場合、それぞれのワンショットの価格と照射面積がどれくらいか、よく確認しておきましょう。その上でなるべくリーズナブルな機種を選んで下さい。

以上、家庭用脱毛器の選び方やその他の情報について色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上述したように、家庭用脱毛器はその方式によって用途・効果が違ってきます。
また本体価格だけでなく、消耗品のランニングコストを初めにチェックしておくことも大事です。

ぜひ自分の目的と予算に見合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

賢くメンズ脱毛サロンを選ぶ方法とは?

美容意識のある女性にとって、艶やかな肌を保つことは一種の義務のようなものです。
化粧品によるケアは欠かせませんし、ムダ毛が伸びているのはもっての外。
毛抜やカミソリは肌に刺激が強いというので、負担の少ない電気カミソリを用いている人も結構いるようです。

ただ「自己処理するのはすごく面倒」という女性も多く、そんな人はプロが施術してくれるサロンやクリニックに通っています。かつては「ヒマとカネを持て余したマダムがやっている美容法」というイメージがありましたが、最近では料金もかなり値下げされ、テレビのCMのせいで有名サロンの名は世間でもすっかりおなじみです。

実は「脱毛したい」という男性も最近になって増えてきており、男性をターゲットにした脱毛サロンも続々とオープンしているとか……。
しかし、密かに「自分も脱毛にトライしたい」と思っていても、脱毛についての知識が乏しく、契約に踏み切れない方もいるはずです。

そこでこのサイトでは、メンズ脱毛サロンを特集し、その脱毛技術の詳細や選び方のポイントなどを紹介していきたいと思います。脱毛にトライしたい男性は、ぜひ参考にしてください。

光脱毛について

光脱毛について
脱毛というと、今でも「針に似た器具を毛穴に挿入し、そこに電気を流す」という施術場面を思い浮かべる人がいるようです。

実はこういう場面は決して間違いではありません。実際20年くらい前、サロンやクリニックでは針状の電極(プローブと呼びます)を毛穴に差し入れるという方法で、施術をおこなっていたのです。

ここで脱毛について、歴史を少し紐解いてみましょう。

紀元前から脱毛はおこなわれていた

初めて文明を築いた人類は、すぐに美容への関心を持ち、脱毛行為も始めました。学者によると、紀元前3000〜4000年頃の地中海沿岸や古代オリエントでは、石灰・硫黄などを混ぜ合わせた脱毛剤を使用していたそうです。

そして紀元前1500年ごろのエジプトでは、カバの脂肪、蓮の葉、油などを使った脱毛剤が作られ、あの歴史に残る美女・クレオパトラも薬によってムダ毛の処理をおこなっていました。

以後近代に入るまで、脱毛は女性のたしなみのひとつとしておこなわれていきますが、毛抜のようなツールか、その折々の配合の薬剤を使うだけで、大幅な手法の進化はありませんでした。

電気を用いた脱毛が始まる

しかし電気の活用が盛んになった19世紀末、ようやく脱毛にも科学的な手法が取り入れられます。その端緒となったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルがおこなった「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスで眼科医院を開業していたミッチェルは、逆さまつ毛の治療のためにプローブを用い、毛根の水酸化ナトリウムの凝固化に成功します。これで発毛器官は衰え、逆さまつ毛が伸びなくなったのです。

1875年、ミッチェルが治療に関する論文を発表すると、同じ方法で脱毛をおこなう医師が現れ、「電気分解脱毛法」はアメリカの各地に広がっていきます。しかし、この方法は針状のプローブをひとつひとつ毛穴に差し入れていくため、たいへん手間がかかりました。

それでも、うまくいけば一生無毛状態が維持できるためにこの方法は普及し、改良された器具が日本にも輸入されました。そして「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)と呼ばれ、当時のメインの脱毛方法となったのです。

ライトを使った脱毛方法が登場

やがて、このニードル脱毛の欠点を補う方法が発明されます。それが光を用いた脱毛方法です。

この方法は、毛根に非接触で脱毛する、というところが革新的でした。波長を調整された特殊なライトは、ひとつの色だけに作用する性質を持っています。これによって、ムダ毛の成分であるメラニンにそのライトを吸収させます。するとライトは熱エネルギーへと変化し、その熱で発毛機能がダメージを受けてしまうのです。

この光を利用した脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に分けられます。

そして脱毛サロンの大部分で導入されているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類に関して

ここで光脱毛について、さらに細かく述べましょう。

光脱毛にはいくつかの光線が使われますが、ほとんどの光は発射されると毛の成分であるメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の組織には何も害を与えず、そのまま素通りしてしまいます)。

光線はメラニンへの吸収で高熱に変化。その熱が発毛器官にダメージを及ぼし、毛が成長するのをストップするわけです。この熱で毛も抜け落ちていき、施術を長期間続けることで部位全体が無毛の状態になります。

現在のところ、光脱毛には「IPL方式」、「SSC方式」、「ハイパースキン法」、「SHR方式」という4つの方式があります。それぞれの特徴を説明しましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番使われている脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」とも言われます)。
ライトのターゲットは毛を産生する毛乳頭とその周辺の細胞で、2、3ヶ月に1回という頻度で施術しているうちに、効果が徐々に上がっていきます。

難点はちょっと痛みがあること。ただパチンと指で叩かれるような感じで、激しいものではありません。

次にSSC方式。この方式の特徴は照射されるライトにあります。IPL方式ではキセノンランプというものを用い、IPL(インテンスパルスライト)という光線を射出します。それに対してSSC方式では、クリプトンライトという光を当てます。

インテンスパルスライトは単独でも脱毛効果を持ちますが、クリプトンライトに関してはそのままでは普通の光と変わりません。

では、どんなふうに毛根にダメージを与えるのかというと、まず施術部位に特殊なジェルを塗ります。

その上でライトを当てると毛根が損傷を受け、毛の産生が止まるのです。

SSC方式の最大の利点は、光の出力が多少低くても問題ない、という点。ジェルとの併用によって効果を上げるため、高熱でなくても施術できます。したがってIPL方式より、さらに痛みが軽微になります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」ですが、これらは新発想の脱毛方法。両方ともバルジ領域という部位をターゲットにするところが、これまでのものと異なっています。

特にハイパースキン法はメラニン色素と無関係に脱毛できるのがメリットです。
光線の温度が極めて低いため、まったく痛みがありません。ですから、子供さんでも脱毛できます。

医療脱毛とどう違うのか?

どう違うのか?
これまで、脱毛方法の変遷と光脱毛について解説しました。上記の通り、今ではほとんどのサロンで光線を利用した脱毛がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックではもっぱら「レーザー脱毛」という方法を用いています。これは光脱毛とどんな点が違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、その名の通り、レーザー光線を利用する脱毛方法です。元来レーザー光線は、波長に応じてひとつの色に作用する性質を備えています。つまり、黒、青、赤などの色のついた組織があると、その色のところだけピンポイント的にダメージを与えられるわけです。医療現場でも、この性質を用いた手術などが実用化されています。

光脱毛とレーザー脱毛の見逃せない相違点は、毛母細胞や毛乳頭を損傷するパワーにあります。

IPLより波長が長いレーザー光は、皮膚のなかの毛根に確実に届きます。そのため毛乳頭などの器官は100%死滅するケースが多く、脱毛効果が一生続く確率が高くなります。

それだけレーザーの威力は抜群で、医師免許を持つスタッフでないと機械を操作できません。

ただレーザーは照射時の痛みが強く、肌が弱い人は炎症の危険性もあります。

光脱毛の長所・短所

長所・短所

長所

光脱毛の第1の長所は、何と言っても料金が安上がりなこと。

クリニックのレーザー脱毛と比べたら、1回の料金が2分の1以下ですむこともあります。

また、光脱毛の施術スタッフには特別な資格はいりません。すでに説明したように医療レーザー脱毛の場合は医師でないと施術できませんが、サロンなら誰でも施術可能です。つまり、より多くの客に施術できるので、医療クリニックのように「契約したものの、最初の予約日が数ヶ月先」というような面倒な事態が避けられます。

次の長所は、皮膚への負担が少なく、照射時の痛みがたいへん軽微なこと。そのため、痛みに弱い人、肌が敏感な人には最適です。

レーザー脱毛は、レーザーの威力が抜群なので痛みも強くなります。そのため、施術に際しては笑気麻酔などの麻酔を用いることもありますが、光脱毛ではそんな心配はいりません。

麻酔を用いる時は追加料金を取るクリニックが多いので、その点でも安心です。

そして最後の長所ですが、光脱毛には多岐にわたるプランとコースがあるため、自分の希望に応じた施術内容にできます。

部分脱毛と全身脱毛の選択はもちろんのこと、店舗によっては特別なエステコースを付け加えることもできます。

短所

光脱毛は「脱毛」とは言うものの、本当のところは「抑毛」「減毛」という方がふさわしく、施術を完了すれば部位は一生ツルツルのまま、というわけにはいきません。一方、クリニックのレーザー脱毛だと効果が死ぬまで続く確率も高くなります。

ただ、ムダ毛が再生するにしても、細くなったり、本数が少なくなったり、発毛の勢いが衰えたりするので、施術が完全にムダになるわけではありません。

また、光脱毛だと施術完了までの日数がレーザー脱毛よりも長くなります。

光脱毛は1度の施術での効果はそれほどでもありません。
そのため繰り返し施術してもらう必要があり、コースによっては、その時間がクリニックの数倍もかかります。

完了までの日数が長くなると、レーザー脱毛よりも施術料が高額になることもあるので注意が必要です。

そしてもうひとつの短所に、色の薄い毛や産毛は脱毛しにくい、ということが挙げられます。

色の薄い毛や産毛はメラニンの量が少なめで、ライトを吸収しにくくなっています。そのため、追加措置として他の脱毛方法で施術をおこなう必要があります。

サロンを選ぶ時の注意点は?

注意点

費用のシステムに気をつける

サロンは様々なタイプの店舗があるだけに、料金体系も各自違います。ただ大雑把に分けると、「月額制」と「ローン」の2種類になります。

コストをおさえたい場合は「月額&定額制」を選択しがちですが、施術が長期化するとかえってトータルの額が高くなることもあります。

あと「月額制&回数無制限」だとリーズナブルな感じがします。しかし、施術回数次第でそのお得感は異なってきます。「1回あたりの時間」は事前に確認しなければなりません。

たとえば施術が1週間に1回の頻度で、1回あたりが10分だとすると、「1ヶ月あたり40分」が施術時間の合計となります。
40分でどれくらいの範囲を施術できるかによって、料金がお得かどうか、判断がつきます。

それから、有名サロンは人が多くて予約が取りにくいため、結果的に月に4回も行けないことになりがちです。

行き始めてから「しまった」と思わないためにも、契約前に情報を集めておきましょう。

希望部位の料金をチェックする

サロンで「〇〇を脱毛すると、いくらかかりますか?」と質問すると、「通常は〇円です」という答えがスタッフから返ってくると思います。ただ女性客が多いサロンだと、その答えには注意が必要です。

というのも、男性は女性よりもムダ毛が太くて量も多いので、通常よりも費用がかさむことが多いのです。

毛の量と質を丁寧にチェックして、なるべく正しい見積もりを出してくれる店舗もあるかもしれませんが、普通は女性より高額な料金になりがちだということを忘れないでください。

「追加料金」は要るのか?

ローンや月額制での料金のほかに、追加料金が要るのかどうか、しっかり確認しておきましょう。

例えばサロンだと、店のオリジナル商品を使ったケアを推薦されることがあります。その代金が別料金なのかどうか、知っておくことが大切です。

延長する際の費用はどうなっているか?

契約分の施術は完了したものの、効果に不満足な人は、追加で施術を受けられます。

その際、「契約は○円で、施術を追加すると○円」とローン料金が初めから決められているサロンがあります。追加が高額だと困りますので、事前にチェックしてください。

以上、脱毛希望の男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

現在、脱毛はブームといっていい状態です。それだけサロンも多くなり、顧客を呼び込もうと必死になっています。
値下げもよくおこなわれているので、公式サイトなどをこまめに調べ、リーズナブルに施術してもらいましょう。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@前橋

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.「背中脱毛では施術効果が実感しづらい」とされているのはなぜ?
3.背中脱毛で効果が出る方式は?
4.背中脱毛についての疑問点と回答

1.サロン選びの際の注意点!

背中脱毛するとなったら、脱毛サロンか医療クリニックのいずれかと契約する必要があります。

まずはそれぞれの施術料を紹介してみましょう。

最初は脱毛サロンから。

サロンの場合、背中の毛がすべて生えないようにするためには最低でも12回の施術が必要です。ということで、以下に12回分の料金を記してみます。

・ジェイエステ……¥97,200(-32,484)
・エピレ……¥134,424(-116,260)
・銀座カラー(リーズナブルコース)……¥136,036(+6,352)
・ディオーネ……¥168,480(+38,796)
・ミュゼ……¥233,280(+103,596)

(カッコ内の数字は、平均施術料129,684円との差額)

続いて医療クリニックです。

こちらは脱毛完了には最低でも5回が必要。ということで5回分の施術料を紹介します(ただし湘南美容クリニックのみ6回になっています)。

・リゼクリニック……¥79,800(-45,286)
・アリシアクリニック……¥110,000(-15,086)
・クレアクリニック……¥110,592(-14,494)
・レジーナクリニック……¥116,640(-8,446)
・トイトイトイクリニック……¥135,648(+10,562)
・表参道スキンクリニック……¥160,920(+35,834)
・湘南美容クリニック……¥162,000(+36,914)

(カッコ内の数字は、平均施術料125,086円との差額)

こうして一覧にして調べていくと、医療クリニックの方が施術料がリーズナブルで、施術回数も少なくてすむのが分かります。

2.「背中脱毛では施術効果が実感しづらい」とされているのはなぜ?

他の体の部位と比べ、背中は脱毛の施術効果が実感しづらい、とされています。

それは背中の毛が、他の部位のものに比べてずっと細いのが原因です。

また、サロンや医療クリニックに設置されている機器の種類によっても、脱毛効果の優劣、さらに脱毛完了までに必要な期間に差が生じる、とされています。

以下、詳しく説明しましょう。

現在、サロンのうちの半分以上の店舗で、IPL脱毛という方式のマシンが使われています。

IPL脱毛では、IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系のライトを肌に当てて、毛根部位を弱体化します。ところがもともとは脱毛のために発明されたものではなく、エステでくすみ、シミなどを治療する「フォトフェイシャル」用に開発されたものです。

しかし、フォトフェイシャルを受けていた顧客から「毛が薄くなってきた」という感想がたくさん寄せられたため、改めて試験をおこなってみると、IPLに発毛機能を衰えさせる働きがあることが判明したのです。以後、脱毛機として流用され、サロンで施術のために使用されるようになりました。

IPLの大きな特徴は、比較的照射時間が長いこと。そのため、広い面積に光線を当てられます。背中、脚といった広い部位にはもってこいで、料金も安価ですみます。

ただ、もともとエステのフォトフェイシャルのために作られただけに、毛根にダメージを及ぼす力はそれほど強くはありません。

一方医療クリニックでメインで使われるのは、「レーザー脱毛」のマシンです。これはその名前通り、レーザー光を肌に当てて脱毛をおこなう、というもの。

実はIPL脱毛もレーザー脱毛も、脱毛の原理そのものは同一といって構いません。これらのマシンから出るライトはいずれも、黒色のメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。

光線は肌には無害ですが、メラニン色素が含有される組織、つまり毛と毛根に至ると高熱に変り、その部位に大きなダメージを及ぼします。特に毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などの組織がある毛根ではその発毛機能が損なわれてしまい、ムダ毛が成長しなくなってしまいます。

ただ原理が同一といっても、照射パワーは両者の間で大きな相違があります。レーザー光のパワーは強烈そのもので、毛根組織は完全に死滅します。
そうなるとムダ毛は再び生えず、その部位は死ぬまでツルツルのままです(これがいわゆる「永久脱毛」というものです)。

「じゃあ、そのパワーのすごいレーザー光なら背中脱毛でも効果が充分あがるのでは」と思われるでしょうが、そうは簡単にいきません。

というのも、背中の細い毛にはメラニン色素がわずかしか含まれておらず、レーザー光を照射しても肝心の熱反応が起こりにくいからです。

「では、効果的に脱毛できる方法はなにかないの?」ということになりますが、それは次のセクションで説明していきます。

3.背中脱毛で効果が出る方式は?

背中のムダ毛を効果的に脱毛する方法は以下のようにいくつかあります——

・S.S.C.方式の脱毛機を使う
・ダイオードレーザーで脱毛する
・美容電気脱毛で施術する

これらについて順番に解説していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはミュゼや脱毛ラボといったサロンが採用しています。S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」を略した名前です。

上で紹介したIPL方式との相違は、ライトのほかに専用ジェルを使うこと。このジェルには、独自配合成分「フィリニーブ」が入っています。

フィリニーブに含まれるのは、セイヨウシロヤナギのエキス、尿素、サルチル酸などの天然由来の物質。これらがライトとの併用で毛根部位に働きかけ、脱毛効果を発揮します。

上の文章で述べたように背中の毛に対しては、IPLを用いた脱毛ではそれほど効果があがりません。しかしマシンとジェルをダブルで使うS.S.C.方式なら、メラニン色素が含まれていなくても脱毛できるので、背中のムダ毛にも効果的です。

次に、ダイオードレーザーでの脱毛です。

医療クリニックではレーザー光を用いた脱毛をおこなっていますが、使用されているレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

の3つがあります。

これらはそれぞれメリットがあるのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高いパワーで照射できるところが大きな特徴となっています。

レーザー光には「パルス持続時間」という基準数値があります。ダイオードレーザーのパルス持続時間は他のレーザーよりも短い3/1000秒で、このことで威力を大きくできるのです。

ダイオードレーザーのマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあります。どちらかを採用しているクリニックに行けばいいでしょう。

続いて美容電気脱毛です。
こちらは昔からおこなわれている脱毛方法で、レーザーやIPLの施術が一般化する前はこの方法が主流でした。

「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」という別称でわかるように、「プローブ」(「絶縁針」)という特別な針を毛穴に刺し、電気反応によって発毛組織に損傷を与えます。

直接毛根に電気を流すために破壊力が抜群で、脱毛効果は他の方法より優れていると言われています。

この方法なら毛の細い太いはどうでもいいため、背中は施術によってツルツルになります。

ただ針を突き刺すということで、痛みはかなり激しくなります。痛みに弱い人は、施術が我慢できなくなるかもしれません。

またすべてが手作業ですから、脱毛完了までに長い時間がかかりますし、料金の方も安価とは言えません。
それらのデメリットを分かった上でこの方式を選べば、他の方法よりも効果的に毛が処理できます。

以上、3種類の方法について解説しました。

このうち、1番安価におこなえるのがS.S.C.方式です。「どれを選べばいいか分からない」という人は、とりあえずS.S.C.方式にするのがいいかもしれません。完璧な無毛状態にできなかったとしても、減毛効果だけは確実にあります。

ただ「背中の毛を徹底的に処理したい」と思っているのなら、やはり美容電気脱毛がベストです。

4.背中脱毛についての疑問点と回答

背中脱毛に関して心配な点をQ&A形式にしてみました。

Q.施術の後、肌がかゆくなるって聞いたけど?

確かに施術時のライトで肌が乾燥するため、部位にかゆみや赤みが生じることがあります。

これらの症状を防ぐには、とにかくアフターケアをしっかりおこなうこと。保湿ケアサービスのあるサロンや医療クリニックなら安心できます。

施術を終えて帰宅してからも、部位がちゃんと潤うように心がけましょう。
背中をケアするのは面倒ですが、手が届く範囲だけでもクリームをキッチリ塗って下さい。

Q.背中のニキビにいいって本当?

脱毛完了後、肌が無毛状態になると、確かに背中のニキビが完治したりするようです。

これは、肌が無毛状態になって毛穴がしまり、炎症や皮脂の詰まりといったトラブルが減少するためでしょう。

ただ、施術直後は肌の状態に注意しなければなりません。ライトによって乾燥が進み、皮脂の分泌が促進されてしまいます。

そうなるとニキビも起きやすいので、化粧水やクリームでキッチリと保湿するようにして下さい。

Q.施術前日は部位をシェービングしなければならないの?

脱毛では火傷のトラブルを避けるため、長いムダ毛を施術前に剃っておく必要があります。

ただ自分で処理するのは難しいパーツもあるため、店によってはスタッフがシェービングをおこなってくれます。

たとえばキレイモだと、4つのパーツ(うなじ、背中、ヒップ、Oライン)については、スタッフが電気シェーバーで処理してくれます。

月額料金プランを契約している場合は、その料金は1,000円。複数の部位を剃ってもらっても、その金額は変わりません。

またパックプランだと、シェービングはすべて無料になります。

以上、背中脱毛についてのビギナー向きの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

暑い季節になると海やプールに出かけることもあって、他人に背中を見せる機会が多くなります。
みっともないムダ毛をプロに脱毛してもらい、その肌をキレイにしておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@前橋

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.VIO脱毛のメリットってどんなこと?
3.Vラインの多種多様なデザインについて
4.Oライン脱毛のメリットとは?
5.サロンとクリニックはどんな点が違うのか?
6.VIO脱毛の費用はいくら?

1.サロン選びの際の注意点!

「VIO」というと何かの略語、あるいは外国語の単語のようですが、そうではありません。実はデリケートゾーン、つまり女性の性器からお尻の辺りを指します。

V、I、Oそれぞれについて説明すると——

Vライン……股のデルタ地帯で、いわゆるビキニライン。
Iライン……女性器に沿った細長い部分。
Oライン……肛門の周りの半径2センチほどの丸い部分。ヒップ奥とも呼ぶ。

となります。

つまりVIOというのは、それぞれの部位と似ているアルファベットを当てはめて呼称としたわけです。

ということで「VIO脱毛」は、単純に言えばアンダーヘアの脱毛。

VIOとまとめて言いますが、実は別々に脱毛ができます。

そして全部を無毛状態にする脱毛には「ハイジニーナ」という別の名前がついています。

サロンやクリニックの広告で「ハイジニーナ脱毛」と書いてあることがありますが、これはほぼVIO脱毛と同じ意味です。

日本に「ハイジニーナ脱毛」という名前で紹介された時、海外の有名人がおこなう特別な美容法というイメージでした。
しかし今ではすっかり日本のサロンやクリニックでも定着し、VIO脱毛は人気プランとなっています(実際、アンケートでは「施術したい部位」の第2位となっています)。

2.VIO脱毛のメリットってどんなこと?

VIO脱毛をおこなうことのメリットは、ただ肌をツルツルにするという美容効果だけにとどまりません。以下のような色々な長所があります。

1.デリケートゾーンを衛生的に清潔にできる

女性の性器というのは、男性のものと違って肉が重なって入り組んでいます。さらに太くて濃いヘアーが密集して伸びているため、風通しがいいとは言えません。

そのせいで下着が薄かったとしても雑菌の温床となりがち。
そうなるとニオイやかゆみが生じてしまいます。

特に厄介なのは女性器の周辺のIラインです。生理の際に分泌物や経血が付着してしまい、しっかりと洗っておかないと清潔とはいえません。

ただ仕事をしている人などは1日に何度も洗うことなど不可能です。どうしても不潔な状態に陥ってしまいます。

そんな状態もVIO脱毛をすれば解決。ツルツルになると菌が繁殖しにくいので、上記のような症状も軽減できます。
生理中でも股間が清潔になるでしょう。

2.毛抜、カミソリなどを使った自己処理がいらなくなる

デリケートゾーンは濃く太い剛毛が生えているのに肌そのものは薄く、自分で剃ったり抜いたりするには面倒な部位です。また性器のすぐそばなので、カミソリなどの使い方が下手だと、うっかり傷をつける可能性が高まります。

また、自己処理自体にも問題があります。毛抜きやカミソリを使う方法は、肌のコンディションを悪くします。
長い間使っているとダメージが重なっていき、厄介な埋没毛を引き起こす元凶になります。

それに傷のついた毛穴に雑菌が侵入すると、毛嚢炎になる可能性も高くなります。

脱毛すれば自己処理もいらなくなり、面倒な肌トラブルのリスクも減ります。

3.大胆な水着や下着が楽しめる

きわどい下着や水着を身につけたいと思ったら、必ずデリケートゾーンのヘアを処理しないといけません。

でも上で記したように自己処理ばかりやっていると肌トラブルが生じがち。せっかくツルツルの無毛状態にしたのに、肌に色素沈着などができては毛を剃ったり抜いたりした意味がなくなります。

サロンやクリニックでデリケートゾーンを施術すれば、自己処理が不要になってキレイな肌へと導かれることに。

そうすれば肌のコンディションを気にすることもなく、好きな下着をはいて彼氏とのデートに出かけられます。

3.Vラインの多種多様なデザインについて

Vラインは、VIOの3つの中でも特別ポピュラーな部位です。「脱毛したい部位」に関するアンケートでは必ず上位にランクインしています。

Vラインを脱毛する際は、全くのツルツル状態にする人は多くないようです。
やはり自然さを求めるのか、一部は残すのが普通になっています。

その時「どんな形に毛を残すのか」を決めることになります。

サロンやクリニックではいくつかの決められたデザインがあり、以下がその例です——

・逆三角形

最も人気のあるデザイン。不自然さがないので、見た人に脱毛したことを気づかれないのが大きなメリットです。

・オーバル型

オーバルというのは「楕円」のこと。角が丸まったデザインなので、どことなく女性らしい雰囲気を演出できます。

・Iライン型

帯のようなI字の形に毛を処理します。露出の多いきわどい水着や下着を身につけたい女性には最適。また「足が長く見える」というので、このデザインを選ぶ人もいます。

・Uライン型

「逆三角形」をアレンジした形で、角に丸みを帯びています。やはり不自然さがないというので人気です。

・スクエア型

「Iラインは少々極端すぎて……」という女性がよく選んでいます。ただ日本人にとってはやはりナチュラルな形とは言いにくいので、「嫌いだ」という人も多いかもしれません。

ちなみに、医療クリニックでVライン脱毛を受ける人は、デザインはよく考慮した上で選んで下さい。

クリニックは永久脱毛なので、一旦施術するともうVラインの形はそのままになってしまいます。
いい加減に決めると後悔しないでもないので、あまり奇抜なものは選ばないほうが無難です。

4.Oライン脱毛のメリットとは?

VIOのうち、VラインとIラインの2つは大変人気があります。きわどい水着や下着を着る時、どうしても2つのラインを処理する必要があるからでしょう。

ところが、肛門付近を目で見る機会が少ないせいか、Oラインは人気ランキングに選ばれることはありません。

でもOライン脱毛は、ムレやニオイの不快さが改善され、衛生的には大きなメリットがあります。

また、エッチの時もOラインが目立つこともあるので、脱毛しておけば安心です。

施術の際は、店や医院が用意している紙パンツにはき替えます。
それをスタッフが少しずつずらしながら施術していくわけです。

体勢については、「うつ伏せになっての開脚姿勢」か「四つん這い」のどちらか。抵抗が少ないのは前者ですから、スタッフに「うつ伏せ」とお願いするといいでしょう。

最初の頃は恥ずかしいでしょうが、施術を続けるうちに平気になります。

施術時間は10〜15分。
それほど手間はかからないので、ぜひOライン脱毛に挑戦してみて下さい。

5.サロンとクリニックはどんな点が違うのか?

VIO脱毛に際しては、サロンか医療クリニックに行くことになります。

この2つの大きな違いは施術方式にあります。

サロンのほとんどが導入しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」は、intense pulsed lightを略したもの。紫外線をカットした特殊な光線で、黒いメラニン色素に反応して脱毛効果を上げます。

ムダ毛のある肌に直接当てると、毛根の毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化。大きなダメージを与え、ムダ毛の成長を妨げます。

一方、医療クリニックで使われているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にも色々ありますが(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)、いずれも脱毛原理はIPLと変わりません。毛根のメラニン色素にレーザー光が反応し、熱エネルギーによって組織を破壊。発毛機能を損ないます。

IPLとレーザー光は波長及びパルス幅に違いがあるのですが、照射の威力が強いのは後者です。照射を数回繰り返せばすべての毛根は死滅し、無毛状態が数年、長い場合は死ぬまで持続します。
この「永久脱毛」は医療行為とみなされるため、施術は医師免許を取得したスタッフしかおこなえません。

レーザー光の効果は相当なものですが、その分「痛みが激しい」のが欠点となっています。

IPLは威力が抑えられているだけに肌には優しく、痛みも軽微です。ただ施術に通う日数と照射回数が多くなってしまいます。

またIPLだと毛根は一時的に弱体化するだけなので、脱毛完了から日数が経過すると毛が再生することが多いとされています。

多少の痛みに耐えられる人なら、レーザー脱毛をしてもらった方が脱毛効果が持続していいでしょう。

6.VIO脱毛の費用はいくら?

VIO脱毛に際し、どうしても心配になってしまうのはその費用でしょう。

実は「脱毛」といっても幾通りかのやり方があります。

たとえば、サロンに通ってIPL脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるのか。毛が少なくなる程度でいいのか、完璧にツルツルにしたいのか。高額でも脱毛完了までの日数を減らしたいのか、あるいはあくまでリーズナブルな料金にこだわるのか……。

それらの諸条件によって、料金にも少なからぬ差が出てきます。

ここではいくつかの場合に限定して費用を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIOをまとめて脱毛するコース」のものです。VIOを別々に脱毛する場合は料金も異なります)。

まず、サロンで施術を受ける場合、有名店の値段は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回。1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回。1回分は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回。1回分は8,640円]

完全にツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回。1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回。1回分は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回。1回分は9,180円]

続いてクリニックで施術を受ける場合。有名医院の料金をまとめてみます——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回。1回分は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回。1回分は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回。1回分は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回。1回分は18,540円]

完全にツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回。1回分は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回。1回分は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、サロンは回数が多いだけに高額で、医療クリニックの方がリーズナブル。特に湘南美容外科の安さが目立ちます。

VIO脱毛をするなら、湘南美容外科を選べば問題ないでしょう。

以上VIO脱毛について、初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「VラインやIラインをカミソリや毛抜きで処理している」という方がいたら、ぜひ脱毛を受けて下さい。上述したように自己処理は肌への刺激が強く、肌トラブルの原因となります。

脱毛で自己処理を不要にし、キレイなデリケートゾーンを保ちましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@前橋

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

足脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.とりあえず1回だけ脱毛を経験したいなら?
3.脱毛に必要な日数と回数
4.脱毛にはなぜ手間と時間がかかるのか?
5.自己処理と毛穴のブツブツの関係
6.足脱毛にかかわる疑問とその回答
7.施術後のアフターケアについて

1.サロン選びの際の注意点!

足は面積の広い部位なので、その脱毛対象となるところも、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった風に細かく分類されています。

さらにそれらの施術料というのは、サロン・医療クリニックごとにかなりの違いがあります。

その中でも値段が安めのサロンやクリニックをあげていきましょう。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……6回で18,000円
・ひざ下……6回で18,000円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……8回で12,000円
・足全体……8回で48,000円(ひざ上・ひざ下はそれぞれ6回)

銀座カラー

・ひざ上……8回で42,000円
・ひざ下……8回で42,000円
・ひざ……8回で21,000円
・足の甲・指……8回で21,000円
・足全体……151,152円(回数制限なし)

ジェイエステティック

・ひざ上……8回で31,200円
・ひざ下……8回で31,200円
・ひざ……8回で14,400円
・足の甲・指……8回で14,400円
・足全体……8回で91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……8回で47,840円
・ひざ下……8回で31,840円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……8回で15,840円
・足全体……8回で95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……5回で55,000円
・ひざ下……5回で41,250円
・ひざ……5回で13,750円
・足の甲・指……5回で13,750円
・足全体……5回で92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……5回で79,800円
・ひざ下……5回で89,800円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……5回で19,800円
・足全体……5回で119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……6回で81,000円
・ひざ下……6回で81,000円
・ひざ……6回で28,750円
・足の甲・指……6回で28,750円
・足全体……6回で219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……5回で60,000円
・ひざ下……5回で60,000円
・ひざ……ひざ下と一緒に施術
・足の甲・指……5回で20,000円
・足全体……5回で100,000円

となっています。

サロンの中で最もリーズナブルなのは、ミュゼになります。ひざ上・ひざ下をあわせて6回で36,000円ですから、他のサロンにくらべて数万円以上もお得。

ただ銀座カラーを選ぶと、足の指・甲まで含む足全体のコースが151,152円で施術し放題です。足全体を徹底的に脱毛したい人はこちらの方が向いています。

クリニックの場合はアリシアクリニックが最もリーズナブルで、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指がそろった足全体プランが92,900円となっています。

クリニックには40万円以上の高額な施術料を請求するところもあるので、10万円を切るというのはビックリです。

2.とりあえず1回だけ脱毛を経験したいなら?

足脱毛は部分脱毛とは言え、面積が広いために安いとは言えません。

脱毛がどんな感じが知るために、まずジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」を契約してみてはいかがでしょう?

これは両ワキ、及び18部位の中から3つをチョイスして1回脱毛ができるというもの。
料金は驚くべきことに300円です。

これで脱毛の具合をチェックし、行きたいサロンを選ぶのもいいでしょう。

3.脱毛に必要な日数と回数

上述の説明で足脱毛の費用についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛に必要な日数と回数はどうなのでしょうか?

大体の目安は以下の通りになります——

脱毛サロン

回数……8回から12回
期間……1年から2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回から6回
期間……およそ1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか、予想以上に日数と回数がかかると思われるかもしれません。

実は、体の部位の中でも足は施術の効果が早く出やすい、と言われています。それでもこれくらいの手間と時間がかかってしまうのです。

なぜかというと、それは現行の脱毛方法と、ムダ毛の成長サイクルが関係しています。

以下のセクションで詳しく説明しましょう。

4.脱毛にはなぜ手間と時間がかかるのか?

脱毛方法から説明しましょう。

現在サロンとクリニックで使用されている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の特殊な光を肌に照射して脱毛効果を発揮します。

照射される光は、黒いメラニン色素にぶつかると高熱のエネルギーに変わる性質を持っています。
ですから肌にあたっても皮膚には無害で、メラニン色素を含んだ毛と毛根だけに反応するわけです。

高熱エネルギーは毛を燃焼させるだけでなく、その毛根部位の発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部など)にも大きな損傷を与えます。このことでムダ毛が伸びなくなり、無毛の肌が得られます。

それなら1回照射すれば脱毛は完了するはずですが、そういうわけにはいきません。というのも、毛というのは表面上はすべて同じに見えますが、実は成長サイクル(「毛周期」と呼ばれます)によって、一本一本の状態が違っているからです。

毛は「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しながら新しいものへ変わっていきます。

「成長期」は毛が育って肌の表面に出てくる期間。「退行期」は成長が止まって、毛乳頭から切れそうになっている期間。
そして「休止期」は、毛が毛乳頭から完全に切れ、毛穴に挟まれているだけの期間です。

光を照射して効果があるのは、毛根と結ばれている成長期の毛だけです。退行期や休止期の毛に光を当てても毛根に影響がないために意味がありません。

施術の効果で成長期の毛は2週間ほどで抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月間だけその部位は毛のない状態になります。

やがて発毛してくるため、光を再び照射。これを繰り返していくと、毛の太さが細くなっていき、本数も減っていきます。

このようにしてじっくりと時間をかけながら全部のムダ毛の毛根部分に損傷を与え、ようやく脱毛終了となるわけです。

そのため、施術はどうしても1〜2ヶ月に1回というゆっくりしたペースになります。

以上、なぜ脱毛に時間と手間がかかるのかお分かりになったでしょうか?

こればかりはスピードアップするのが難しいため、サロンやクリニックで契約したら長期に渡って施術することを覚悟しておいて下さい。

5.自己処理と毛穴のブツブツの関係

ムダ毛の自己処理をしていると、黒いブツブツができてくることがあります。

これはカミソリによる傷が原因です。

手軽ということでカミソリはムダ毛を剃るのに使われますが、剃る度に肌は損傷を受け、替わりの新しい細胞が作られます。

それがうまく元通りになればいいのですが、運悪く毛穴にかぶさってフタ状になることがあります。

そうなると、毛が表皮の中で伸び続け(埋没毛)、それがみっともないブツブツに見えてしまうのです。

また赤いブツブツができることもありますが、こちらもカミソリ負けの結果。

プロによってムダ毛処理してもらえば、こんなトラブルなど避けられます。また、すでに肌にブツブツがあっても、施術で自己処理の回数が少なくなるため、自然にキレイな状態に戻っていきます。

さらにサロンやクリニックには、保湿トリートメントを術後におこなってくれるところもあります。
これにより肌の潤いが保たれ、ケア効果も高まります。

肌に良いことばかりなので、足は施術前より美しくなるでしょう。

また施術スタッフは肌について詳しいことが多いので、何か心配がある時は気軽に相談してみましょう。

6.足脱毛にかかわる疑問とその回答

Q.施術に行く時の服装はどんなものがいい?

服装ですが、サロンやクリニックによっては施術用のガウンを用意しているところがあります。そこならどんな服装で行っても構いません。

私服のまま施術してもらう場合は、スカートやズボンは取ってショーツだけになり、バスタオルで他の部位を隠しながら光を照射してもらいます。

なお、施術時に専用ジェルを使うサロンやクリニックでは、そのジェルがショーツについてしまうことが度々あります。
紙ショーツの準備がない店や医院の場合、自分で替えを持っていきましょう。

Q.色素沈着している肌は光を照射できない?

何軒かのサロンとクリニックに質問してみましたが、そのほとんどが「色素沈着があると脱毛はできない」という返答でした。

上で述べたように施術時に用いられるレーザー系の光は、メラニン色素にぶつかって熱エネルギーに変わります。そのため、色素沈着の部位では高温が生じることがあり、肌に火傷を負わせる危険性があります。

ただ、リゼクリニックだけは「看護師が見た目で判定し、大丈夫そうなら施術する」ということです。

Q.肌が乾燥状態だと施術不可?

同じようにサロン、クリニックにたずねてみましたが、肌が乾燥状態だと施術はできないようです。

というのも、乾いた肌というのは抵抗力が衰えていて、光の照射によって肌トラブルが生じやすくなるからです。

また、肌に傷がついていると化膿が心配なので、施術は不可となります。

7.施術後のアフターケアについて

サロンやクリニックで光の照射を受けた後の肌は、熱によって潤いが失われやすい状態になっています。その点をよく踏まえた上で、アフターケアに力を入れることが重要です。

まず入浴は絶対にやめましょう。湯船につかると肌の温度が上がるので厳禁です。どうしても汚れや汗を落としたいという人は、温度の低いシャワーで我慢しましょう。

シャワーを浴びて汗や汚れを流す場合も、施術部位に刺激を与えないようにして下さい。ボディタオルなどを使うと、重い肌トラブルを引き起こす可能性があります。

入浴後は普段のようにタオルで拭きとるのではなく、そっと当てるような感じで水気を取ります。

また、脱毛後の肌は潤いがなくなっているせいで炎症を起こしやすくなっています。炎症を防ぐには、脱毛した部位に潤いを与えることが欠かせません。
施術当日は当然ですが、翌日もしっかりとケアし、水分を与えましょう。

さらに念入りなケアで柔らかい皮膚をキープすれば、肌の奥に潜んでいたムダ毛が表に伸びやすくなって脱毛効果が倍増します。

保湿はいつも使っているクリームやローションでもオーケーですが、敏感肌向けローションや乳液ならさらによい効果が生まれます。化粧水の後にミルクローションを塗るのもオススメ。

以上足脱毛について、細かく情報を紹介してきました。どうだったでしょうか?

何度も記したように、ムダ毛の自己処理は肌の状態を悪くします。
肌の美しさをキープするためにも、好みに合ったサロンや医療クリニックを見つけて脱毛してもらいましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@前橋

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

腕脱毛をする前に知っておきたい10のこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.腕脱毛の平均料金はいくら?
3.現在の施術方法はどのようなものか?
4.腕脱毛完了までの回数と期間について
5.サロンとクリニックのどちらがいい?
6.施術1回あたりの所要時間について
7.腕脱毛するなら月額プランを選ぶべき
8.念のために「通い放題」にするのがオススメ
9.脱毛を早く終わらせるには?
10.オススメしたいサロンとクリニック

1.サロン選びの際の注意点!

サロンや医療クリニックでの腕脱毛には、以下のメリットがあります。

まず、美しくなめらかな肌が手に入ること。

「そんなの自己処理と同じでは?」と思われるかもしれませんが、自分でムダ毛を処理すると、仕上がりがどうしても雑になります。特に体毛が濃いと、毛穴が目立つことが多いのです。

プロの手による脱毛ならそんな心配もなく、ビックリするほどツルツルの肌になります。そうなると外出していても人の視線が気になりません。自分から積極的に腕を見せびらかしたくなるでしょう。

そして次のメリットは、自由な時間が増える、ということ。

体毛の濃い女性の中には「ムダ毛を毎日のように剃っている」という方もいるでしょう。脱毛をすれば新しいムダ毛は生えません。そうなると自己処理が不要になりますから、これまでムダ毛を剃ったり抜いたりしていた時間が余るわけです。

また、上述したようにムダ毛処理は皮膚への負担が大きく、肌トラブルを生じやすいという欠点もあります。

「肌の良好なコンディションを維持する」という点でも、脱毛で自己処理を不要にすることには大きな意味があります。

2.腕脱毛の平均料金はいくら?

脱毛しようと思った時に気になるのはその料金でしょう。

有名店・医院の公式サイトを調べ、その平均料金を出してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

医療クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

となりました。

比較するとサロンで施術してもらう方がずっと安いわけですが、クリニックにも高いだけの長所があります。

サロンとクリニックの違いについては後で述べるので、それを参考にして下さい。

3.現在の施術方法はどのようなものか?

昔、脱毛というと美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法が主流となっていました。ただこれは手間がかかる上に痛みがひどいため、現在では廃れています。

今のサロンと医療クリニックでは黒いメラニン色素に反応する特殊な光を用います。それを毛根部分に反応させることで高熱による発毛阻害をおこない、脱毛効果を得ています。

サロンでは、フラッシュ脱毛という方法がメイン。IPLという光(フラッシュ)を肌に当て、メラニン色素のある毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などに熱のダメージを与えます。

こちらは光の威力が弱く、施術の完了には長い期間がかかります。ただ、その分費用が安く、痛みも少ない、というメリットがあります。

一方、クリニックではレーザー脱毛がおこなわれています。アレキサンドラライト、YAG、ダイオードなどのレーザー光が使われますが、いずれもパワーは恐ろしく強力で、発毛組織を徹底的に破壊します。そのため、サロンと違って「永久脱毛」も可能です。

フラッシュ脱毛よりも痛みがあるのですが、サロンよりずっと早く脱毛が完了するのが大きなメリットです。

4.腕脱毛完了までの回数と期間について

脱毛完了までに必要な照射回数・期間はどれくらいかというと——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

予想以上に回数が多く、期間が長いと思われるかも知れません。

なぜこんなに手間がかかるかというと、毛にはそれぞれ成長サイクル(毛周期)があり、施術が可能なのはその中の「成長期」のものだけだからです。

それに合わせる必要があるため、施術はどうしても2〜3ヶ月に1回というペースになってしまいます。

5.サロンとクリニックのどちらがいい?

脱毛する時、サロンとクリニックのどちらがいいとは簡単に言えません。
それぞれ長所と欠点があるからです。

サロンの長所は、何と言っても安価なこと。

それに施術に使われる光もパワーが低いので、痛みが少なくなっています。

一方、クリニックはサロンより料金が高いのですが、照射パワーは強力ですし、通う日数も短くてすみます。

またクリニックは医療機関なので施術に際して麻酔が使えます。
「痛みは絶対に避けたい」という女性にとっては大きな長所といえるでしょう。

6.施術1回あたりの所要時間について

ヒジ下やヒジ上だけの場合

腕は形がまっすぐでシンプル。そのため、他の複雑な部位に比べると施術は短時間ですみます。ヒジ下やヒジ上だけなら、1回30分で終わるでしょう。

もし連射可能なマシンが使えるなら、たった15分ですんでしまうこともあります。

腕全体

腕全体の施術を受けるときの所要時間は50分から1時間くらい。

これだけかかるのは面積が広いこともありますが、ヒジを含んでいるため。ヒジは球状をしていて肌も柔らかいので、施術に手間がかかるのです。

これは連射式のマシンを使っても同じですから、腕全体の施術のときは時間に余裕を持って出かけましょう。

7.腕脱毛するなら月額プランを選ぶべき

他の部位と比較すると腕は施術する範囲が広く、脱毛完了までの期間がどうしても長くなると言われています。

また個人によって毛の量や質も様々で、完了に必要とされる施術回数も予定よりオーバーすることがあります。

というわけで、最初に安いからと言って回数制のプランを契約すると、施術回数を追加するハメになります。
そうなると思った以上の料金がかかってしまいます。

「毛が硬い」「毛の量が多い」と自覚している人は、回数制は避けて月額制を選んだ方がいいでしょう。「料金が高い」と思うかもしれませんが、結果的に回数制より安くなった、という人が多いのです。

幸い、最近は完全月額制システムのサロンが増えています。
そんな店なら何回でも施術できますし、やめたいと思った時にやめられます。

8.念のために「通い放題」にするのがオススメ

脱毛は1、2回程度の施術では終わりません。クリニックなら5回、サロンなら12回以上も通う必要があります。

なぜこんなに回数が必要かと言うと、上述したように「成長期」の毛だけにしか施術ができないからです(腕の場合、その時々の成長期の毛は全体の20%しかありません)。

このように脱毛完了には時間がかかるのですが、では「脱毛が完了したら安心か」というと、そうではありません。

まずサロンで脱毛した場合ですが、サロンのフラッシュ脱毛は毛根の発毛機能を弱くするだけなので、”脱毛”というよりむしろ”減毛”なのです。

そのため終了から何年か経つと、再びムダ毛が生えてくることがあります。

では、レーザー脱毛の方はどうでしょう? 
こちらは「永久脱毛」という触れ込みなので「ムダ毛は一生生えてこない」と思い込んでしまいますが、実はその保証はありません。

米国電気脱毛協会という団体の定義によると、永久脱毛の”永久”というのは「毛の再生する確率が脱毛後1ヶ月たっても20%以下」という意味にすぎません。つまり「毛が生えてくる確率がかなり低い」だけで、別に一生毛が生えないわけではないのです。

ということで、施術を受ける側としては脱毛終了後も毛が生えてくることに備え、それをケアできるプランを選択する必要があります。

その点で、一番ベストなのは「通い放題」。これならサロンなどが営業していればずっと施術してもらえます。

脱毛料金をムダにしないためにも、効果が長続きするプランを選びましょう。

9.脱毛を早く終わらせるには?

脱毛をなるべく早く終了させるために、以下のポイントに気をつけて下さい。

予約が取りにくいサロンやクリニックは避ける

サロンやクリニックを選ぶ時には「予約が入れやすいか」というところも大事です。

上述したように、脱毛の施術は毛周期の「成長期」の時におこなわれます。

もし予約困難な店や医院の場合は施術時期がずれ込み、それだけで数ヶ月も完了が遅れる可能性があります。

通いやすいサロンやクリニックを選ぶ

サロンやクリニックが駅から遠かったり、交通の便が良くなかったりすると、つい施術に出かけるのが面倒になります。

施術は続けないと無意味です。
契約するならなるべく通いやすい店舗や医院にしましょう。

毎日健康的な生活を送る

健康的な生活を送ることも、脱毛には大事なことです。

「健康と脱毛にどんな関係が?」と思われるかもしれませんが、体調によって施術できるかどうかが左右されます(例えば肌が異常に乾燥している時は施術は不可です)。

「軽い運動」「十分な睡眠」「栄養バランスの良い食事」の3つに気をつけ、脱毛を早く終わらせましょう。

10.オススメしたいサロンとクリニック

腕脱毛で評判を呼んでいるサロンとクリニックを、それぞれ3つずつ紹介します。

まずはサロンから——

銀座カラー

「施術がスピーディ」「枠が多いので予約が入れやすい」「脱毛効果が抜群」など、銀座カラーはネットの口コミでも大変高評価を得ているサロンです。

何といっても最大のメリットは、単独の部位に通い放題プランが用意されていること。

全身脱毛コースなら珍しくないのですが、腕だけでも通い放題というのはありがたいことです。

また料金の点でも、「学割」「のりかえ割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」などのディスカウント制度があり、リーズナブルに脱毛できます。

レイビス

レイビスは25年以上の脱毛実績を持ち、業界でも老舗として知られるサロン。以前は「TOKYO BDC」という名前だったので、そちらで記憶している人もいるでしょう。

オススメは「腕全部セット 脱毛し放題」というプラン。「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」の4つを無制限に施術できます。

完全月額制を取っているところもメリットで、通えば通うほどお得になるシステム。施術を途中でやめても無駄な出費をせずにすむのがありがたいところです。

ミュゼ

ミュゼは会員数が334万人といわれ、店舗数も170を越えています。業界でも最大手のチェーン店ということで、全国どこでも通えるのが大きなメリット。

プランも細かくそろっているので、部分的に脱毛したいという人に向いています。

また、イタリアのDEKA社が開発したSSC脱毛という方式を導入しており、施術時の痛みがはるかに軽減されています。
痛みが苦手という人もミュゼなら安心です。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

何と言ってもアリシアクリニックがすごいのは、「し放題コース」という名の通い放題プランがあること。クリニックとしては非常に珍しいことです。

利用者の8割が申し込んでいるそうで、腕脱毛希望者にもオススメ。

湘南美容クリニック

ゴールデンタイムにもCMを流しているため、名前を知っている人も多いでしょう。
分院が全国にあるため、地方に住んでいる人にも通いやすいクリニックです。

リゼクリニック

リーズナブルな腕セットは腕脱毛をしたい人に最適。

またアフターケアも手厚くなされていて、コース終了後も通常の半額料金で施術してもらえます。
体毛が濃くてムダ毛が再生しやすい人にはありがたい制度です。

以上、腕脱毛に関する様々な情報を紹介してきました。役に立ったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、サロンやクリニックで腕脱毛をしてみて下さい。
トラブルを招きがちな自己処理が不要となり、肌のコンディションが徐々に改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@前橋

おすすめの顔脱毛サロン@前橋

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

kao

前橋で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

顔脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.サロンによって施術可能箇所が違う
3.脱毛の料金について
4.初心者におすすめは「お試しコース」
5.どのサロンがオススメなのか?
6.歯の治療中は施術できない?
7.顔にニキビがあっても脱毛はオーケー?
8.施術でシミ、そばかすができる?
9.施術に出かける際、化粧はどうすれば?

1.サロン選びの際の注意点!

サロン選び
詳しい説明に入る前に、そもそも脱毛の施術とはどういうものか、述べておきましょう。

かつては脱毛というと、特殊な電気針で毛根を破壊する「ニードル脱毛」が一般的でした。

これは相当な苦痛をともなうため、「脱毛は痛いもの」というイメージが世間に流布してしまいました。

いまではニードル脱毛は時代遅れとなり、サロンでも医療クリニックでもレーザー系の光を使った方法が普及しています。

サロンで最も使われている方式は「IPL脱毛」というもの。
メラニン色素に反応して熱エネルギーに変わる光(インテンスパルスライト)を、肌に直接当てます。

このIPLは元々、肌トラブル解消のためにエステで用いられていたもので、赤ら顔、ニキビ痕、毛穴の引き締め、くすみの改善などに効果を発揮します。

IPLを用いた脱毛ではこれらの効果も期待できるので、施術してもらうと肌のコンディションも改善されていくわけです。

ただ最近、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法など、新しい方式を導入するサロンも徐々に増えています。それぞれ施術の上での特徴が違うので、なるべく事前に調べた上で店を選ぶようにしましょう。

2.サロンによって施術可能箇所が違う

施術可能箇所
顔脱毛の契約の際に気をつけたいのは、サロンによって施術部位に違いがある、という点。

あるアンケートによると、産毛処理の需要が高い箇所トップスリーは、眉間、鼻の下、アゴということですが、これもサロンによって施術できるところとできないところがあります。

例えば、業界でも特に有名な店の場合——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、頬、顎、鼻下、鼻

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

といったように施術可能な箇所に制限があります。

ということで、「顔脱毛に対応」などと宣伝に記されていても、希望する部位が施術可能かどうかは調べてみないと分かりません。

せっかくサロンに行ったのに肝心の施術ができないとなると時間と交通費が損なので、なるべくネットなどで詳細をチェックしておきましょう。

3.脱毛の料金について

脱毛の料金
顔脱毛のために店と契約するとなると、1番気にかかるのはその料金でしょう。

20社に及ぶ有名サロンのデータにしたがって平均料金を出してみたところ、「41,033円」という額になりました。

これを「高い」とみなすのか、「リーズナブル」とみなすのかは、脱毛する人の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛ができるのはサロンのみではありません。医療クリニックでも施術してもらえます。

こちらも平均価格を計算してみたところ「131,325円」という結果でした。つまり、医療クリニックで施術すると、サロンの3倍以上の料金がかかるわけです。

「これはちょっと高い」と思う人が多いかも知れませんが、クリニックではサロンで不可能な「永久脱毛」が受けられるのが大きなメリットです。

サロンにするかクリニックにするか、迷う方もいるでしょう。
料金と効果をハカリにかけ、自分に合った方を選んで下さい。

4.初心者におすすめは「お試しコース」

初心者におすすめ
最近は脱毛人口が増えていて、新規サロンも続々と開店。ライバル店より多く顧客を獲得しようと、盛んにキャンペーンを行っています。

その中には脱毛初心者向けに「お試し」を用意しているところが少なくありません。ぜひそれらのコースで光脱毛を体験してみましょう。

もちろん、最初から本格的な正規プランを契約しても構いませんが、サロンに通い始めてから後悔しないとも限りません。
やはり、まずはお試しからスタートするべきです。

なお、申し込み方法についてですが、直接サロンに電話するよりもネットから申し込んだ方がお得です。様々な特典が付いていて、料金が安くなる場合もあります。

まず興味のあるサロンの公式サイトをチェック。そして料金や条件などを調べた上で、ネット上で手続きしましょう。

その後の手順ですが、まず申込み時に決めた日時にサロンへ出向きます。

この時、必ずカウンセリングを受けることになります(どのサロンでも料金はタダです)。

具体的な内容は、施術についての詳しい説明や料金プランの確認など。良い機会ですので、

「脱毛完了までの施術の回数は?」
「採用している脱毛機器はどんなものか?」
「永久脱毛はできるのか?」

などのポイントを、こちらから聞いてみましょう。

初日はカウンセリングのみ。後日予約を取って施術を受けることになります。

施術では——

・スタッフの態度はどうか?
・痛みの有無は?
・術後の肌トラブルは?

などをチェックしましょう。

これで合格だったらそのままプランの契約に移行しますし、不合格の場合はそのまま終了。再び他のサロンをチェックし、お試しコースをまた体験しにいくことになります。

脱毛ブームのせいでサロンの数はどんどん増えているので、自分に最適な店にいつか出会えるはずです。

5.どのサロンがオススメなのか?

オススメサロン
顔脱毛の人気店を2つばかり紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などを使ったテレビCMを見た人も多いでしょう。

キレイモの最大の特徴は、顔の広範囲に渡って施術可能、という点。
他のサロンだと施術の可能範囲がかなり制限されているので、他で満足できなかった人がキレイモに改めて来るようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここでいいのは「フェイス6」というプラン。1回の費用がわずか2,500円です。「なるべくリーズナブルに顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを使っていますから、光の照射で乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「顔脱毛をしたいけれど、どのサロンがいいのかよく分からない……」。そんな女性は、ぜひこの2つのサロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報を紹介しました。

これ以降は、脱毛の細かい疑問点や、施術で知っておくべきポイントを紹介していきましょう。

6.歯の治療中は施術できない?

歯の治療中
脱毛というのは思った以上に日数がかかります。
数ヶ月から数年間もサロンに通う必要があるので、その間に歯の治療をする人もいるでしょう。

顔脱毛の場合、光を顔に当てていくわけですから、歯の治療が施術に悪い影響を与えるか気になります。

実際にサロンの方に質問してみると、「通常の虫歯治療なら問題なく施術できる」とのこと。

ただ歯医者で処方された痛み止めを摂取している場合は、注意が必要です。

脱毛の施術では、まれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。これは、普通の人なら何の問題もない光の照射で、かゆみ、むくみ、水ぶくれなどが起こる過敏反応のこと。

実は痛み止めにはこの症状の誘引物質を成分としているものがあり、飲んでいると施術が不可能になってしまうのです。

重い症状になる可能性もあるので、痛み止めを摂取した時は必ずスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに光による刺激により、虫歯の痛みも激しくなることがあります。
それが心配な人は口周りの施術を避け、他の部位をまず施術してもらうようにしましょう。

また、歯列矯正を行っている女性もいると思います。この場合、矯正器具に光が反応するケースもあるので、施術は避けたほうが無難です。

ただ近年ではセラミックやプラスチックの器具も多く、それなら問題なく施術できます。

このように色々なケースがあるので、必ずスタッフと相談して施術を受けて下さい。

7.顔にニキビがあっても脱毛はオーケー?

顔にニキビ
脱毛の施術では毛根部分を破壊するため、それが体調に影響を与えることもあります。
そのため、施術が可能かどうかについて色々な条件が設けられています。

例えば、異常な乾燥肌だと施術不可というケースがありますし、自己処理が十分でない(ムダ毛が長いまま)場合は、そこの脱毛は後回しになります。

このように予約を取ったのに、条件を満たしていないために施術ができない、ということは結構あります。

では、ニキビができていると施術は可能なのでしょうか?

調べてみると、ほとんどのサロンで施術できるようです。

というのも、脱毛で用いられるIPL機器というのは、エステで美肌ケアに使われていたマシンを流用したもの。ですから、肌に悪い影響を及ぼすどころか、かえってケアに役立ちます。

IPLが脱毛効果を発揮するのは、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変わり、毛根の組織にダメージを与えるから。つまり、ニキビやニキビ跡にはIPLもほとんど反応せず、害を及ぼすこともありません。

ただあまりに症状がひどい場合、炎症が悪化することがあります。そういう時は、ニキビを避けて照射がおこなわれます。

スムーズな脱毛のためにも、ニキビはしっかりケアしておきましょう。

8.施術でシミ、そばかすができる?

シミ、そばかすができる
現在サロンやクリニックでの施術は、IPLやレーザーなどの光を照射する方法を取っています。

「肌にそんな強い光が当たると、シミやそばかすができるのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

確かに肌トラブルの大きな原因は、紫外線による日焼け。サロンの光も強烈なので、太陽と同じように肌に悪影響を及ぼすのでは、と錯覚しがちです。

しかし、何度も述べたようにIPL脱毛機というのは、美肌ケアのためにエステで使われてきたもの。決して、肌に対してダメージを与えるものではありません。

「でもネットでは『顔脱毛をして、そばかすやシミができた』っていう口コミが見受けられるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

これには、2つの理由が考えられます。

まず、奥深く隠れていたシミがターンオーバーによって、表面に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が良くなり、潜んでいたシミが肌に出てくることは結構あります。

ただ、大部分はさらにターンオーバーが進むことで消滅するので問題ありません。

あと施術によって乾燥した肌に傷がつき、それが痕として残ってしまう場合。これをシミだと勘違いしてしまう方がいます。

こんな事態を予防するためには、施術後のケアが重要。
保湿を欠かさないようにしましょう。

いずれにせよ、脱毛によってシミや傷が直接生じるわけではありません。安心して施術を受けて下さい。

9.施術に出かける際、化粧はどうすれば?

化粧はどうする?
顔脱毛の初心者にとって不安のタネのひとつが、

「施術に出かける時、すっぴんでなくても大丈夫なのか?」

ということ——。

素顔でも平気で外出できる10代の学生ならともかく、いつもメイクをバッチリ決めている女性にとって、職場や自宅からサロンに行くまでずっとすっぴんでいるのは結構大変なことです。

結論を先に述べてしまうと、メイクをしてサロンに出かけても問題ありません。

脱毛サロンには専用ブースが設けられていて、そこで化粧をオフすることができます。またサロンによっては、スタッフが無料でメイク落としまでしてくれるところもあります。

ただ、いくら専用ブースがあるからといっても、あまりに濃いメイクをしていくと、それを落とすだけで時間がムダになります。

いつもよりもメイクは抑え、余裕を持ちながら施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛の情報や、オススメサロンなどについて細かく説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に最適のサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をおこなうことで、肌の状態も良くなっていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@前橋

おすすめの脇脱毛サロン@前橋

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@前橋

前橋で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステティック前橋

前橋にあるジェイエステティックの店舗情報

前橋店 群馬県前橋市西片貝町4-16-15

前橋のジェイエステのイメージ

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼガーデン前橋

前橋にあるミュゼの店舗情報

ガーデン前橋店 群馬県前橋市小屋原町472-1 ガーデン前橋1F

前橋のミュゼのイメージ

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼガーデン前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC前橋

前橋にあるエステティックTBCの店舗情報

前橋リリカ店 群馬県前橋市国領町2-14-1 前橋リリカ2F

前橋のTBCのイメージ

エステティックTBC前橋リリカ店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC前橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.そもそも「脱毛」って?
3.ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について
4.ワキ脱毛で失敗を避けるために
5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?
6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?
7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?
8.脱毛のせいでワキの汗が増える?

1.サロン選びの際の注意点!

梅雨が終わると季節はようやく夏へ。
気温も上がることもあって開放的でオシャレな服に挑戦したくなります。

ただ、その時に注意が必要なのがワキに生えたムダ毛でしょう。

処理がキチンとできていないと、腕を上げた時など他人がその毛を見ることになり、「だらしない」と軽蔑されてしまいます。

ただ、ワキ毛の自己処理というのは思った以上に面倒。カミソリで処理していると小まめに剃らないとブツブツが目立ってきますし、毛抜を用いると抜く時に痛いので、処理自体がイヤになります。

「思い切ってサロンで脱毛しようか……」

ふとそんな考えが頭をよぎる女性も多いでしょう。でも脱毛の経験がない場合、サロンに通うというのはかなりハードルが高いものです。

「施術って数回で終わるの?」
「痛みがともなうって聞いたけど……」
「総額はいくらくらいかかるの?」

これらの疑問が障害になり、結局、サロンへ行く勇気が出ずに自己処理を続けている、という人が大多数です。

そこで、このページではそれらの人の参考になるよう、ワキ脱毛の料金・期間、サロンの選び方などについて説明してみることにしました。

これらの情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

2.そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報をお伝えする前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを簡単に述べてみましょう。

「脱毛」というと、ピンセット状の特殊な器具で1本1本ムダ毛を抜いていく、というイメージを持つ人がいるかもしれません。しかしサロンではそんな方法はもちろん用いられていません。

それに施術においてターゲットとなるのは、皮膚に出ているムダ毛そのものではなく、皮膚の奥に隠れている毛根部分なのです。

確かに昔は毛根を電気の針で処置していたのですが、現在では技術の進歩で効率的になり、特殊な波長の光を肌に直接当てることで毛根にダメージを与える方法をとっています。

その特殊な光というのは、IPLやレーザーといったもの。いずれも黒いメラニン色素に反応して、熱エネルギーに変わる特徴を持っています。

ムダ毛のある肌に当てると毛根部分の色素に反応。毛母細胞、毛乳頭といった組織が高熱に包まれ、発毛機能が損なわれてしまいます。

この方法は脱毛の歴史において画期的なものでした。おかげで料金は安くなり、脱毛人口は増えました。最近では顔、脚はもちろん、VIOなどの脱毛も手軽に行われるようになっています。

その中でもワキは1、2位を争う人気部位。やはり、夏場になると露出する機会が増えるため、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と思っている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中していて、汗をかきやすい部位でもあります。老廃物や汚れが他の部位に比べて溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった症状も起こりやすいと言われています。

ワキ肌をキレイに保ちたいなら、一刻も早くムダ毛を脱毛し、肌に悪影響を与える自己処理はやめてしまうのが無難です。

3.ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について

上記の説明で、ワキ脱毛のメリットが理解できたと思います。

「すぐにサロンに通いたくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際に施術に通うとなると、以下のような点が問題になると思います——

・施術は脱毛完了までに何回必要なのか?
・料金の総額は最終的にどれくらい?
・施術時に痛みは伴うのか?

これらの点について、順番に説明していきましょう。

まず最初に施術回数。ご存知の方もおられるでしょうが、脱毛の施術というのは1、2回くらいでは終わりません。何年にも渡る無毛状態を保つためには、思った以上に長い施術期間が必要です。

特にワキは厄介な部位。集中的に太い毛が生えているうえに、他の部位よりも毛根が深く、顔や脚よりも施術回数が増えてしまいます。

もちろん個人によって差はありますが、完了まで平均すると12回から18回といったところです。

続いて値段の問題。これはサロンによって様々です。

古くから顧客を抱えている高級サロンの中には、わずかの施術で高い料金をとるところもありますが、最近人気の店に関しては一般的に値段は安め。それほど高い料金ではありません。

「その中でもリーズナブルな店は?」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国に支店を持つ人気のチェーンサロンです。

ここの人気プラン「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は、料金がわずか100円!

これだけの値段で脱毛してくれるところは他にない、と言い切っていいでしょう。脱毛の初心者にはピッタリです。

さらにミュゼの凄いところは、値段だけに限りません。

実は、サロンでの脱毛というのは毛穴が高熱にさらされるため、どうしても痛みが伴います。ミュゼはそれが軽減されるように努力しているのです。

具体的に述べると、他の大部分のサロンがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を使っています。

この2つの違いは使用するランプ。IPL方式はキセノンランプで光を照射しますが、SSC方式ではクリプトンライトを使っています。

キセノンランプはそれだけで脱毛ができるのに対し、クリプトンライトはその効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、施術前、ムダ毛に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根の発毛機能がダメージを受け、ムダ毛が生えなくなるのです。

この方式の最大の長所は、光そのもののパワーは強くなくてもいい、というところ。
ジェルとの組み合わせで毛根に作用するので、高熱で損傷を与える必要がありません。したがって痛みも軽くなります。

「痛みが苦手なので、脱毛サロンには行きたくない」という女性もいるようですが、ミュゼならそんな人でも安心です。

4.ワキ脱毛で失敗を避けるために

「ワキ脱毛をするならミュゼがベスト」と書きましたが、お住まいの場所によってはその支店がないこともあるでしょう。そんな時は、他のサロンを選ばなくてはなりません。

ただ、近年は空前の脱毛ブーム。以前よりサロンの数が増えているため、初心者はどの店を選べばいいのか迷ってしまいます。

料金についても各サロンが大々的なキャンペーンを展開しているのですが、プラン設定が複雑で、どこが一番お得なのかよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきところを何点かあげてみます。

施術可能回数が一桁のサロンは避ける

脱毛に関しては間違った情報が流布しています。たとえば「1回施術するだけでその部位のムダ毛はずっと生えてこない」と思い込んでいる人も結構いるようです。

実際のところ、1、2回程度の施術では、脱毛の効果は実感できません。確かに施術してから10日から1ヶ月で無毛状態にはなりますが、時間が過ぎるとドンドン新しいムダ毛が生えてきてしまいます。

毛を根絶やしにするには、IPLやレーザーなどの特殊な光を数ヶ月から数年間、照射し続けなければなりません。

しかもワキのようにムダ毛が集中しているところでは、上述したようにどうしても12回から18回ほどの回数が必要なのです。

ということで、料金の安さに釣られて施術回数が10回以下のプランを選んでしまうと、結局は脱毛が完了せず、さらに料金を払って追加の施術を受けなければならない、ということになります。

最終的に安価に脱毛するためには、あまりに安いプランは考慮に入れず、少々値段が高くても施術回数が無制限なコースを選んで下さい。

返金制度や施術期限に注意する

ワキのムダ毛が完全に生えないようにするには、最低3年ほどはサロンに通う必要があります。

しかしサロンと契約しても、何らかの都合で中途解約するケースもあります。

その場合、店側は当然嫌がります。契約の条項を持ち出し、なるべく返金しないですまそうとするサロンが多いようです。

ただ「1年以内ならば全額返金」という方針を取っている良心的なサロンもあります。

「途中で解約するかもしれない」という人は、必ず契約書にサインする前にその条件について質問しておきましょう。

またサロンには、契約から何年か経つと施術ができなくなる店もあります。「契約金を全額払ったのに施術が不可能」となると泣くに泣けませんので、期限のリミットがあるかどうか、予め調べておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛は長い時間がかかる」ということを考慮し、回数や施術期間に余裕のあるサロンやプランを選んで下さい。

施術後のケアを行ってくれることも大事

夏場のワキは人目にさらしがちになるだけに、見栄えをなるべくよくしたいものです。ムダ毛の処理に限らず、黒ずみなどの肌トラブルも改善しておくことが肝心。

肌の状態を良くするには、潤いをしっかりとキープすることが欠かせません。

脱毛サロンにはそれを考慮に入れ、施術後の保湿サービスをおこなっているところもあります。

こうした店なら、ムダ毛処理だけでなく美肌効果も期待できますから、一挙両得。

ただですら施術後の肌は内部に熱を持つため、表面も乾きがちです。
肌トラブルを避けるためにも、保湿サービス付きのサロンを選んだほうがいいでしょう。

5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?

ワキ脱毛を行っているところは脱毛サロンだけではありません。
料金は少し高くなりますが、医療クリニックでも施術できます。

サロンでの脱毛方法が光脱毛(フラッシュ脱毛)なのに対し、クリニックでメインとなっているのがレーザー脱毛。

「メラニン色素に反応する光を肌に当て、毛根にダメージを与える」という点で、原理そのものは2つとも変わりません。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分を攻撃するパワー。

レーザーの光は威力が強く、IPLとは比べ物になりません。毛根の組織は完全に破壊されてしまい、一生ムダ毛が生えない可能性が高くなります。

また施術回数に関しても、サロンの場合は10回以上必要なのに、クリニックだと数回くらいで完了します。

もし「短期間で脱毛を終えたい」と思っているなら、レーザー脱毛を受ける方がいいでしょう。

6.ワキ脱毛の料金はなぜリーズナブルなのか?

ワキ脱毛というのは、他の部位よりも料金が格安。経済的な点でも気軽なので、初心者は最初の脱毛にワキを選ぶケースが多いようです。

では、ワキ脱毛の料金が安いのはなぜでしょうか?

まずあげられるのが、「ワキの面積が狭い」ということ。

実はサロンでは面積に従って料金が決定されることが多く、その点でワキはもともと安価な部位というわけです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキを施術する傾向があるため、「その料金を低めに設定することで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは初心者にピッタリ。サロンの技術も分かるので、脱毛するならワキから始めるのがおすすめです。

7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?

サロン通いの末、脱毛がようやく完了。ところがその結果に不満が——。

こんな時、もちろんそのサロンで施術を続けてもいいのですが、そうなると追加料金がかかり、さらに出費が必要となります。

また、継続するのをやめて、他のサロンへ行き直すという手もあります。しかし、この場合は最初のカウンセリングからやり直さなければならないので、時間と手間がムダです。

そうならないためには、とにかく契約時に施術回数・期間に余裕を持つことが重要。
何度も言っているように、施術回数に制限のないプランやサロンを選ぶようにしましょう。

8.脱毛のせいでワキの汗が増える?

最後に、ワキ毛脱毛に関する”ある噂”について、追記しておきます。

実は口コミサイトをチェックしていると「ムダ毛をなくしてから、ワキから出る汗が増えてしまった」という感想が何通か投稿されています。

こんな現象が本当にあるのでしょうか?

答えを先に言いましょう。そんなことはありません。

ではどうして「ワキ汗の量が増えた」と感じる人がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると、その理由は——

「汗をせき止めていたワキ毛がなくなり、流れる汗を肌が直接感じる機会が増えるから」

ということのようです。

つまり単なる感覚の問題で、汗の量は脱毛前と変わりません。そのうち汗が流れ落ちる感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

以上、様々なポイントからワキ脱毛の情報やサロンの選び方を述べてきました。
いかがだったでしょうか?

紹介してきたことを参考にしながら、ぜひ好みに合ったサロンを見つけ、ワキ脱毛に挑戦してみて下さい。
ワキに対する視線が気にならなくなり、肌の状態も改善されるはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

脱毛について「増毛化」って何?

「硬毛化」「増毛化」について調べる

「硬毛化」「増毛化」って何?

「ムダ毛を処理したくてサロンに通っていたのに、何度も施術するうちに毛が太くなったり、増えたりした」

ネットでサロンの口コミをチェックしていると、こういう投稿が目につきました。

これは「硬毛化」「増毛化」といわれる現象です。サロン、医療クリニックに関わらず、施術を継続しているうちにごくまれに起こるといわれています。

なぜ毛が太くなったり増えたりするのでしょうか?

実はちゃんとした原因については、まだ科学的に分かっていません。

考えられるのは、脱毛の方法が毛根部分に影響を与えたのでは、ということ。

サロンでも医療クリニックでも、脱毛に用いられる原理は同じです。サロンではIPL(インテンスパルスライト)、医療クリニックではダイオード、アレキサンドラライト、YAGなどのレーザーをムダ毛を含む肌に当てます。すると光(レーザー)がメラニン色素に反応し、毛根部分が高熱に包まれます。このせいで毛乳頭や毛母細胞などの組織が壊れたり弱体化し、発毛しなくなるのです。

普通は照射を繰り返すたびに発毛機能は衰え、毛も細くなっていくのですが、体質によってはかえって毛球部の活動が盛んになり、剛毛へと変化してしまう場合があります。これが硬毛化・増毛化と呼ばれる現象です。

これはおそらく毛根組織が自らを守るため、1種の突然変異を起こしたのだろうと考えられます。

では、この現象に対処するには何をすればいいのでしょう?

サロンやクリニックによれば、

・これまでより強い熱量で施術する
・施術時の光の波長を変えてしまう
・一時的に脱毛を休む
・電気脱毛(ニードル脱毛)で毛を処理する

といった対策があるようです。

もし硬毛化・増毛化が起こってしまったら、サロンのスタッフや医師に相談してみましょう。