脱毛サロンの基礎知識

脱毛は骨にひびく?

以前主流となっていたスタイル

脱毛の施術って痛いの?

「脱毛というのは痛いもの」というイメージがあります。
これはおそらく、以前主流となっていたニードル脱毛の影響です。

このニードル脱毛というのは、特殊な針を毛穴一つ一つに突き刺していき、そこに電気を流して脱毛効果を得ます。注射嫌いの人なら聞くだけで恐ろしくなる方法ですが、実際に痛みがひどいといわれています。

実際に施術を受けた人が「脱毛って痛い」と人に話すことによって、そのイメージが広がっていったのでしょう。

では現在ではどうかというと、サロンでの光脱毛も医療クリニックでのレーザー脱毛も、残念ながら部位によって多少の痛みが生じてしまいます。

特にレーザー脱毛の方は照射威力も高く、サロンよりも痛みが強いようです。

ではなぜレーザーによって痛みが生じるのでしょう?

レーザーは直接肌に照射しますが、その影響を受けるのはメラニン色素の多い毛根部分だけです。レーザーは毛根部分で熱エネルギーに変化。毛を作り出している「毛母細胞」や毛母細胞に栄養分を送っている「毛乳頭」を高温によって破壊。そのことで発毛を阻害するのです。

高温に包まれるのは上記のような組織なのですが、その熱はどうしても付近の毛穴や皮膚に伝わります。その時に軽いやけど状態が生じ、痛みを感じることになります。

では特に痛みの強い部位はどこかというと、VIO、いわゆるデリケートゾーンです。ここは濃い毛が生えているだけに出力を強くする必要があり、どうしても痛みが生じます。

そのほか、ひざ下などの皮膚が薄い部位も骨に響きやすいため、施術による痛みを感じやすくなります。

もし痛みに弱い人なら、クリニックよりもサロンでの施術がおすすめ。最近では低い温度で施術する方法も開発されています。
効果はどうしても弱くなりますが、ほとんど無痛で脱毛ができます。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛はどこからすべき?

全身脱毛プラン

全身脱毛プランの施術範囲とは?

「全身脱毛」というと、デリケートゾーンを含んだ全身のムダ毛をすべて処理してくれる、と考えている人が多いようです。

しかし、実際の全身脱毛プランというのは各サロンによって施術部位が違い、デリケートゾーンや顔などの特殊な部分は別料金、という店も少なくありません。

そこで全身脱毛に興味のある人のために、有名脱毛サロンの施術範囲についてまとめてみました——

まずは業界屈指の顧客数を誇るミュゼプラチナム。

こちらの全身脱毛コースは、ほとんど全てのパーツで脱毛可能。デリケートゾーンはもちろん、手や足の甲・指の脱毛も施術してもらえます。また12回以上の契約だと、襟足もオーケー。

ただ、顔だけは施術不可。これはミュゼにもともと顔のメニューがないせいです。

続いて銀座カラー。

こちらの全身脱毛プランはミュゼと同じ。施術範囲は顔以外の全パーツです。ミュゼと違うのは顔のメニューがあるため、追加が可能という点。また、襟足も契約回数に関わりなく施術してもらえます。

次に紹介するのはエピレ。

こちらの全身脱毛プランは、全身の30箇所から、Lパーツ(両ヒザ、背中、お腹など)12部位、Sパーツ(ビキニライン、両手足の甲・指、乳輪周りなど)12部位を選ぶことができるというもの(計24部位)。自分で施術部位を選べるのは大きなメリットです。

またこれらの中には鼻下、あごも含まれているので、顔の産毛が気になる人にとってはピッタリのプランになっています。

最後に脱毛ラボ。

こちらのプランは襟足やデリケートゾーンはもちろん、鼻下、あごも含んでいます。また、もみあげまで施術してもらえるのは大手サロンではここだけです。

いかがでしょうか? 他にも各サロンで色々な全身脱毛プランがありますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみて下さい。

顔脱毛のメリット

yorokobu1

脱毛サロンの中には、顔の無駄毛も脱毛してくれる所があります。
女性の場合、男性のようにヒゲが濃くなる訳では無いので、顔の無駄毛は自己処理で十分と感じる方が多いでしょう。

続きを読む

腕と脚のフラッシュ脱毛

waki4

私は腕と脚をフラッシュ脱毛しました。
脇はニードル脱毛をしたのですが、その時にとても耐え難い痛み、長い時間、かなりのお金を費やした為、他の部位はニードル脱毛ではなくフラッシュ脱毛をしようと思い、フラッシュ脱毛を始めました。

続きを読む

自己処理のデメリット

kenuki

女性にとって厄介なのが脱毛処理です。
自分で処理する場合は、カミソリ、脱毛クリーム、脱毛テープ、電動脱毛器等様々な処理の仕方があります。

続きを読む

光脱毛

hikari

光脱毛は簡単で比較的痛みも少なく、値段もニードル脱毛に比べて安いのが特徴です。施述時間の短さも特徴の一つです。半永久的に脱毛状態が持続されますし、仕上がりはとっても綺麗です。最近は量販店などでも家庭でできる光脱毛器も販売されてるくらいお手ごろさが特徴です。

続きを読む

レーザー脱毛

laser5

レーザー脱毛は出力が高いレーザー光を使用するため、医療機関で医師や看護師が施術します。毛のメラニン色素のみに反応する特殊なレーザー光を使用した脱毛方法です。

続きを読む

ニードル脱毛

needle

ニードル脱毛の特徴は、施術した毛がその場でなくなり、施術完了時には毛のないピカピカの状態の肌になります。現時点では、唯一「永久脱毛」が実証されている脱毛方式で、レーザー脱毛が日本に上陸するまでの医療機関では主流の脱毛方法でした。電気針を毛穴に刺して、微弱な電流を流すことで毛乳頭(毛母細胞)を破壊することで脱毛する方法は高度な技術を必要です。施術で使用される針は、金属アレルギー対策のため、金やチタンなどで作られています。

続きを読む