脱毛どのくらい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛に興味のある人

脱毛効果があるのはどのくらい経ってから?

脱毛に興味のある人は知っているでしょうが、サロンでの施術というのは1回や2回では効果がありません。

確かに施術後しばらくすると毛が抜け落ちてツルツルの状態になるのですが、数週間でムダ毛が再び生えてきます。

これを半永久的に生えないようにするには、施術に何回も通わなければならないのです。

ではどれくらい施術を受けなければならないのでしょうか?

参考のため、6回施術を受けるごとの毛の状態をまとめてみました——

・6回……毛は細く柔らかくなるが、自己処理はする必要がある。
・12回……細い毛が少しだけ生えるだけで、自己処理は不要に。
・18回……産毛がわずかに残る程度で、ほとんど無毛状態になる。

そしてこれだけの施術を終えるまでの期間がどれぐらいかというと、12回では1年から4年。18回ともなると1年半から6年が必要です。

「脱毛ごときに6年!」とあきれる人もいるでしょう。
なぜこれほどの日数がかかるかというと、施術にはいわゆる「毛周期」が関わっているからです。

この毛周期は毛のサイクルのこと。「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期に分かれています。

施術効果があるのは成長期のムダ毛のみで、退行期や休止期では意味がありません。メラニン色素に反応する特殊な光を当てると、成長期の毛は1週間から2週間で抜け、1ヶ月から2ヶ月の間ツルツルの状態になります。

退行期と休止期は、それぞれ1ヶ月から2ヶ月。それぐらいの間隔をおきながら照射を繰り返していくと、毛の直径が細くなっていき、本数も減少してきます。

このようにして繰り返し施術を行えば、脱毛が完了するわけです。

つまり、施術は1〜2ヶ月に1回。有名サロンでは予約がとれずにさらに時間がかかることも珍しくありません。
施術してもらう時はそのことを考慮にいれておきましょう。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*