脱毛は骨にひびく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前主流となっていたスタイル

脱毛の施術って痛いの?

「脱毛というのは痛いもの」というイメージがあります。
これはおそらく、以前主流となっていたニードル脱毛の影響です。

このニードル脱毛というのは、特殊な針を毛穴一つ一つに突き刺していき、そこに電気を流して脱毛効果を得ます。注射嫌いの人なら聞くだけで恐ろしくなる方法ですが、実際に痛みがひどいといわれています。

実際に施術を受けた人が「脱毛って痛い」と人に話すことによって、そのイメージが広がっていったのでしょう。

では現在ではどうかというと、サロンでの光脱毛も医療クリニックでのレーザー脱毛も、残念ながら部位によって多少の痛みが生じてしまいます。

特にレーザー脱毛の方は照射威力も高く、サロンよりも痛みが強いようです。

ではなぜレーザーによって痛みが生じるのでしょう?

レーザーは直接肌に照射しますが、その影響を受けるのはメラニン色素の多い毛根部分だけです。レーザーは毛根部分で熱エネルギーに変化。毛を作り出している「毛母細胞」や毛母細胞に栄養分を送っている「毛乳頭」を高温によって破壊。そのことで発毛を阻害するのです。

高温に包まれるのは上記のような組織なのですが、その熱はどうしても付近の毛穴や皮膚に伝わります。その時に軽いやけど状態が生じ、痛みを感じることになります。

では特に痛みの強い部位はどこかというと、VIO、いわゆるデリケートゾーンです。ここは濃い毛が生えているだけに出力を強くする必要があり、どうしても痛みが生じます。

そのほか、ひざ下などの皮膚が薄い部位も骨に響きやすいため、施術による痛みを感じやすくなります。

もし痛みに弱い人なら、クリニックよりもサロンでの施術がおすすめ。最近では低い温度で施術する方法も開発されています。
効果はどうしても弱くなりますが、ほとんど無痛で脱毛ができます。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*