上手な医療脱毛クリニックの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前は「有閑マダムのやる美容行為」と思われていた脱毛ですが、新技術による料金の値下げ、そして一般の美容意識の向上もあって、ブームと言えるほど客層が広がっています。
売れっ子タレントが出ているコマーシャルや電車の広告等を見て、「自分も脱毛してみよう」と考える人もいるでしょう。

脱毛するとなったら、脱毛サロンと医療クリニックのどちらかと契約し、数ヶ月(長い場合は数年)そこに通いつめることになります。
キャンペーンなどに釣られて、以前はサロンと契約する人が多かったのですが、最近は医療クリニックのメリットも知られるようになり、どちらにしようか迷う人もいるようです。

そこでこのページでは、脱毛初心者のために、医療クリニックに関する情報を紹介することにしました。その施術に使われる技術や利点・難点、クリニックを選ぶ時のポイントなどについて、詳しく述べていきます。

医療クリニックではどんな施術がおこなわれている?

医療クリニック
上で書いたように、専門家の手でムダ毛を処理してもらうなら、サロンか医療クリニックのどちらかに出向く必要があります。高性能のマシンを用いて脱毛をおこなう点は両方変わらないのですが、もちろん違うところもかなりあります。

では、サロンとは異なる医療クリニックの特徴とは、どういう点なのでしょうか?

1)レーザー光線によって施術をおこなう

真っ先にあげたい特徴ですが、医療クリニックではレーザーを使って施術をおこないます。このレーザーによる脱毛技術は、ハーバード大教授ロックス・アンダーソンが発表した「選択的光熱凝固理論」に基づくもので、古代オリエント時代から続いてきた脱毛の歴史に革命を起こしました。

それまでの脱毛というのは「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼ばれるものが主流で、特殊な細い針(プローブ)を使っていました。
これは1875年、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが逆さまつ毛を治すのに用いたのが始まりで、プローブを毛穴に差し入れ、電気を流すことで発毛をストップします。

この方法は脱毛効果という点で大変優れているのですが、なにしろ手作業で1つ1つの毛穴にプローブを挿入していくために手間がかかり、料金もそれだけ高くなってしまいます。しかも痛みも相当ひどく、施術される側もかなりの忍耐を強いられます。

この状況を大きく変えたのが、レーザー脱毛の導入でした。

レーザー脱毛は、単一の波長の特別な光線(レーザー)を増幅し、ムダ毛のある肌に直接照射するものです。もともとレーザー光線は、波長の長さに応じて特定の色に反応する特性を備えています。つまり、青、赤、黒などの色のついた物質があれば、波長を変えることでひとつの色のみに集中的にアプローチし、その組織を破壊できるわけです。
このレーザーの機能は幅広い場所で活用され、外科手術でも大々的に使われています。

脱毛の施術においては、毛に含まれる黒いメラニン色素に作用するよう、波長をアレンジします。そのレーザー光線をムダ毛に当てると、皮下のメラニン色素に光線が吸収されて高熱に変化。すると、その高熱が毛を伝導体にして毛包全体に広がっていきます。やがて、その熱は発毛を促進する毛球部の毛母細胞に大きな損傷を及ぼすことになり、毛が伸びるのを阻害するのです。

この脱毛方法が優れているのは、レーザーの波長が単一ということでメラニン色素だけがターゲットとなり、表皮や周辺組織に損傷を与えないという点。
おかげで施術はレーザー光線を肌に当てれば完了で、ニードル脱毛とはスピードの点で段違いです。

最初に導入された時はレーザーの種類は多くなかったのですが、今ではダイオード、アレキサンドライト、YAGなど多種多様。毛の性質や脱毛部位に合わせて、波長の違う光線を照射できるようになっています。

2)永久脱毛ができる

脱毛については誤解が多く、「一度サロンなどで施術を受ければ、その部位のムダ毛は一生伸びてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛根の発毛器官は強い回復力を備えていて、多少のダメージをこうむってもその機能はすぐに復活します。レーザー光線を1度照射したくらいでは損傷度も低く、さらに毛には毛周期という発毛サイクルがあるため、成長期に合わせて照射を繰り返す必要があります。
そうやって根気よく処理を続けるうちにムダ毛が薄くなり、そのパーツが無毛状態になってきます。

医療クリニックと同様、サロンの施術でも特殊なライトを使いますが、そのパワーがかなり弱いために発毛器官は死滅せず、一時的に弱体化するだけです。そのため、数年くらい経過すると毛根が元通りになり、毛が再生してしまいます。

その点、医療クリニックでは威力が抜群のレーザー光線を用いるため、毛根が元通りになる可能性は低くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)マシンを操作できるのは医師だけ

上でも解説した通り、サロンで用いられている器械は光でムダ毛にダメージを及ぼすものではありますが、レーザー脱毛には当たりません。レーザーとサロンの光を比べると、パワーの点で砲弾と銃弾ほどの相違があります。
「事故の可能性は低い」とされているので、サロンでは施術担当者に特別の資格は必要ありません。

ところがレーザー脱毛の場合、体の組織を完全に破壊する力を持っていますから、操作ミスがあると大きなトラブルにつながりかねません。そのため器械を操作できるのは、いざという時に手当ができる医師に限られています。
もちろん、応急処置がすぐに可能な器具もそろっているので、その点安心です。

医療脱毛の長所・短所

長所・短所

長所

・必ず医者が施術を担当するので、トラブルが起こっても対応できる
・脱毛効果が段違いに優れていて、施術したところが完璧にツルツルになる
・サロンよりも施術回数が少ない上に、脱毛完了までの期間も短くてすむ

短所

・値引きキャンペーンが多くてリーズナブルなサロンと比べ、料金が高い
・レーザー光線が当たった時の痛みが強いため、施術が怖くなる
・クリニックによっては美容整形もおこなっていて、「整形している」と勘違いされる

脱毛サロンと医療クリニックの違いとは?

上でも少しだけ脱毛サロンとクリニックの差について述べましたが、ここでさらに違いを数点説明しておきます——

施術料

脱毛サロンは昔から女性雑誌によく広告を載せていますが、そこにはその時のキャンペーンの内容と費用が目立つように書かれています。これで分かる通り、その料金の安さがサロンのセールスポイントのひとつです。

一方、医療脱毛クリニックの施術料はほとんどディスカウントされません。さらに上の「短所」のところで示したように、サロンよりも相当割高です。

ここで、脱毛サロン、医療クリニック双方について、脱毛完了まで費用がどれくらいかかるのか、具体的な金額を一覧にしてみましょう。

まず脱毛サロンから。チェーン展開をしている有名店20社の公式サイトから、パーツ別の平均施術料を計算してみたところ——

・全身…164,700円
・ワキ…16,833円
・顔…41,033円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・うなじ…19,000円

となりました。

続いて、医療クリニックです。こちらはネットの検索でよくヒットする20院の平均料金を割り出しました——

・全身…401,945円
・ワキ…14,825円
・顔…131,325円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・うなじ…57,250円

以上でお分かりの通り、医療クリニックは脱毛サロンよりもずっと施術料が割高になっています。特に顔脱毛はその違いが大きく、クリニックの料金はサロンの3倍を越えます。

効果

上で書いたように、脱毛方法に関しても脱毛サロンとクリニックでは違いがあるため、効果にも差が出ます。

現在、脱毛サロンでよく使われている方式は、IPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンで1番普及しているもので、光脱毛、フラッシュ脱毛とも呼ばれます。ワンショットでの照射範囲が大きいため、腕、脚、背中などの部位がスピーディーに施術できます。
しかも光のパワーは抑え気味なので、痛みもチクリとする程度です。

他の方法もそれぞれ長所・短所があるのですが、実はサロンの施術では「抑毛」「減毛」しかできません。確かに施術後はツルツルにはなりますが、その状態は数年しか続かないのです。

一方、医療クリニックではレーザー光線によってムダ毛を処理します。

レーザー光線には、アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなどがあり、別々の波長を持っていますが、いずれもサロンのマシンとは段違いにパワフルです。

確実に脱毛の効果を上げたいなら、やはりクリニックでレーザーによる脱毛をするべきです。

保証

保証という点に関しては、脱毛サロンと医療クリニックでほとんど差はない、と言っていいでしょう。

気が済むまでずっと通い続けられる「永久保証」、有効期限を決められた日数だけ延長できる「期間保証」、解約時に未使用の前払い金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでも受けられます。

ただ保証の種類や条件については、クリニックによってバラバラですので、公式サイトを事前にチェックしておいて下さい。

その他

サロンとクリニックの違いに関して、案外言及されないのが支店(支院)の数です。

「そんなこと重要なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは毛周期に応じておこなうため、どうしても完了までに長い時間がかかります。
つまり短くても数ヶ月、さらに全身脱毛のようなコースになると、数年間は施術を継続しなければなりません。

そうなるとその間に生活環境が変わる人も出てきます。転勤や引っ越しがその典型ですが、転居先に通っていたクリニックの支院がないため、前払い金が無駄になる場合があります。

部分脱毛ならまだ施術料もそれほどではないのですが、全身脱毛のプランになると、前払金も10万を軽く越えるでしょう。
転居でそれが意味のない出費になるのは避けたいところです。

有名なサロンなどは全国北から南まで数多くの支店があり、転居後も施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックだと経営規模がそれほどでもないので、引越し先に支院がないケースが増えてきます。

そんな事情を考えれば、仕事等で転勤・引っ越しが多い場合、多くの主要都市に支店があるサロンと契約した方が無難かもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時、注意する点は?

注意する点は?

料金に納得できるか?

クリニックで施術を受けよう、と決めた時、やはり最も心配なのはその料金です。

ほとんどの医療クリニックはサロンより施術料が高いのですが、たとえばよくテレビでコマーシャルを流している「湘南美容外科クリニック」など、初回の部分脱毛がサロン並みにリーズナブル。たった1,000円で6回も両脇脱毛ができます。

その他にも部位やプランによって施術料を格安設定にしているクリニックがあるので、ぜひサイトなどを調べてみてください。

施術の痛みはどうか?

施術に伴う痛みというのは、クリニックの大きなデメリットです。最近ではそんな欠点を解消しようと、新しい機種を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では肌を冷やしながら施術がおこなえる「ジェントルレーズプロ」を使っています。これならかなり痛みの悩みを解消できますし、麻酔代もかかりません。痛みが苦手な人にはピッタリでしょう。

支院はどれくらいあるか?

そのクリニックの支院が全国にどれほどあるか、というのも大事な要素です。

顧客の数が非常に多い、ということで信頼が置けますし、予約も入れやすくなります。

例えば「リゼクリニック」は支院が全国にあり、引っ越しした先でも同じ施術を続けられる可能性が高くなっています。

以上、脱毛方法や選び方のポイントなど、医療脱毛クリニックについての色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか。

堅苦しいイメージや料金の高さのせいで、クリニックはサロンに比べて足を向けにくいかもしれません。
でも脱毛効果を第一に考えている人にとって、クリニックのレーザー脱毛はベストの方法です。

どうかこのページの情報を参考にして、自分に見合ったクリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*