化粧のノリを良くするためにも顔脱毛はオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脳や心臓が人間の身体機能を司る部位だとすれば、顔は「個性」を代表するパーツ。他人は顔を見ることでその人のパーソナリティを判断します。

それだけ大事な顔という部位なのですが、常に露出されているだけのその肌はダメージを受けがち。しっかりとしたケアが必要となります。

ところが厄介なのが、肌に細かく生えている産毛です。

唇の上の産毛などはみっともないので剃ることになりますが、自己処理をしていると黒ずみなどの原因になります。

また、産毛が伸びていると化粧のノリも悪くなりがち——。美容に気をつけている人にとってはひたすら面倒な存在と言えます。

そんな女性の中には、一念発起してサロンで顔脱毛してもらうという人もいます。

かつてのサロンの顔脱毛はほとんどがキャンペーン対象外で、その料金もリーズナブルとはいえませんでした。
ところが近年になって脱毛ブームが起こり、費用の点で気軽に利用できるようになっています。

ただ、未経験者にとってサロンで脱毛してもらうというのは何となく不安なものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の細かい知識や注意点、またサロンの選び方について説明してみることにしました。

以下の知識が産毛で悩んでいる女性の助けになれば幸いです。

脱毛の施術について

詳しい説明に入る前に、そもそも脱毛の施術とはどういうものか、述べておきましょう。

かつては脱毛というと、特殊な電気針で毛根を破壊する「ニードル脱毛」が一般的でした。

これは相当な苦痛をともなうため、「脱毛は痛いもの」というイメージが世間に流布してしまいました。

いまではニードル脱毛は時代遅れとなり、サロンでも医療クリニックでもレーザー系の光を使った方法が普及しています。

サロンで最も使われている方式は「IPL脱毛」というもの。
メラニン色素に反応して熱エネルギーに変わる光(インテンスパルスライト)を、肌に直接当てます。

このIPLは元々、肌トラブル解消のためにエステで用いられていたもので、赤ら顔、ニキビ痕、毛穴の引き締め、くすみの改善などに効果を発揮します。

IPLを用いた脱毛ではこれらの効果も期待できるので、施術してもらうと肌のコンディションも改善されていくわけです。

ただ最近、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法など、新しい方式を導入するサロンも徐々に増えています。それぞれ施術の上での特徴が違うので、なるべく事前に調べた上で店を選ぶようにしましょう。

サロンによって施術可能箇所が違う

顔脱毛の契約の際に気をつけたいのは、サロンによって施術部位に違いがある、という点。

あるアンケートによると、産毛処理の需要が高い箇所トップスリーは、眉間、鼻の下、アゴということですが、これもサロンによって施術できるところとできないところがあります。

例えば、業界でも特に有名な店の場合——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……額、頬、顎、鼻下、鼻

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

といったように施術可能な箇所に制限があります。

ということで、「顔脱毛に対応」などと宣伝に記されていても、希望する部位が施術可能かどうかは調べてみないと分かりません。

せっかくサロンに行ったのに肝心の施術ができないとなると時間と交通費が損なので、なるべくネットなどで詳細をチェックしておきましょう。

脱毛の料金について

顔脱毛のために店と契約するとなると、1番気にかかるのはその料金でしょう。

20社に及ぶ有名サロンのデータにしたがって平均料金を出してみたところ、「41,033円」という額になりました。

これを「高い」とみなすのか、「リーズナブル」とみなすのかは、脱毛する人の気持ち次第でしょう。

ちなみに顔脱毛ができるのはサロンのみではありません。医療クリニックでも施術してもらえます。

こちらも平均価格を計算してみたところ「131,325円」という結果でした。つまり、医療クリニックで施術すると、サロンの3倍以上の料金がかかるわけです。

「これはちょっと高い」と思う人が多いかも知れませんが、クリニックではサロンで不可能な「永久脱毛」が受けられるのが大きなメリットです。

サロンにするかクリニックにするか、迷う方もいるでしょう。
料金と効果をハカリにかけ、自分に合った方を選んで下さい。

初心者におすすめは「お試しコース」

最近は脱毛人口が増えていて、新規サロンも続々と開店。ライバル店より多く顧客を獲得しようと、盛んにキャンペーンを行っています。

その中には脱毛初心者向けに「お試し」を用意しているところが少なくありません。ぜひそれらのコースで光脱毛を体験してみましょう。

もちろん、最初から本格的な正規プランを契約しても構いませんが、サロンに通い始めてから後悔しないとも限りません。
やはり、まずはお試しからスタートするべきです。

なお、申し込み方法についてですが、直接サロンに電話するよりもネットから申し込んだ方がお得です。様々な特典が付いていて、料金が安くなる場合もあります。

まず興味のあるサロンの公式サイトをチェック。そして料金や条件などを調べた上で、ネット上で手続きしましょう。

その後の手順ですが、まず申込み時に決めた日時にサロンへ出向きます。

この時、必ずカウンセリングを受けることになります(どのサロンでも料金はタダです)。

具体的な内容は、施術についての詳しい説明や料金プランの確認など。良い機会ですので、

「脱毛完了までの施術の回数は?」
「採用している脱毛機器はどんなものか?」
「永久脱毛はできるのか?」

などのポイントを、こちらから聞いてみましょう。

初日はカウンセリングのみ。後日予約を取って施術を受けることになります。

施術では——

・スタッフの態度はどうか?
・痛みの有無は?
・術後の肌トラブルは?

などをチェックしましょう。

これで合格だったらそのままプランの契約に移行しますし、不合格の場合はそのまま終了。再び他のサロンをチェックし、お試しコースをまた体験しにいくことになります。

脱毛ブームのせいでサロンの数はどんどん増えているので、自分に最適な店にいつか出会えるはずです。

「キレイモ」と「ジェイエステティック」がオススメ

顔脱毛の人気店を2つばかり紹介します。

まずオススメしたいのが「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などを使ったテレビCMを見た人も多いでしょう。

キレイモの最大の特徴は、顔の広範囲に渡って施術可能、という点。
他のサロンだと施術の可能範囲がかなり制限されているので、他で満足できなかった人がキレイモに改めて来るようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここでいいのは「フェイス6」というプラン。1回の費用がわずか2,500円です。「なるべくリーズナブルに顔脱毛したい」という女性にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを使っていますから、光の照射で乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「顔脱毛をしたいけれど、どのサロンがいいのかよく分からない……」。そんな女性は、ぜひこの2つのサロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本的な情報を紹介しました。

これ以降は、脱毛の細かい疑問点や、施術で知っておくべきポイントを紹介していきましょう。

歯の治療中は施術できない?

脱毛というのは思った以上に日数がかかります。
数ヶ月から数年間もサロンに通う必要があるので、その間に歯の治療をする人もいるでしょう。

顔脱毛の場合、光を顔に当てていくわけですから、歯の治療が施術に悪い影響を与えるか気になります。

実際にサロンの方に質問してみると、「通常の虫歯治療なら問題なく施術できる」とのこと。

ただ歯医者で処方された痛み止めを摂取している場合は、注意が必要です。

脱毛の施術では、まれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こることがあります。これは、普通の人なら何の問題もない光の照射で、かゆみ、むくみ、水ぶくれなどが起こる過敏反応のこと。

実は痛み止めにはこの症状の誘引物質を成分としているものがあり、飲んでいると施術が不可能になってしまうのです。

重い症状になる可能性もあるので、痛み止めを摂取した時は必ずスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに光による刺激により、虫歯の痛みも激しくなることがあります。
それが心配な人は口周りの施術を避け、他の部位をまず施術してもらうようにしましょう。

また、歯列矯正を行っている女性もいると思います。この場合、矯正器具に光が反応するケースもあるので、施術は避けたほうが無難です。

ただ近年ではセラミックやプラスチックの器具も多く、それなら問題なく施術できます。

このように色々なケースがあるので、必ずスタッフと相談して施術を受けて下さい。

顔にニキビがあっても脱毛はオーケー?

脱毛の施術では毛根部分を破壊するため、それが体調に影響を与えることもあります。
そのため、施術が可能かどうかについて色々な条件が設けられています。

例えば、異常な乾燥肌だと施術不可というケースがありますし、自己処理が十分でない(ムダ毛が長いまま)場合は、そこの脱毛は後回しになります。

このように予約を取ったのに、条件を満たしていないために施術ができない、ということは結構あります。

では、ニキビができていると施術は可能なのでしょうか?

調べてみると、ほとんどのサロンで施術できるようです。

というのも、脱毛で用いられるIPL機器というのは、エステで美肌ケアに使われていたマシンを流用したもの。ですから、肌に悪い影響を及ぼすどころか、かえってケアに役立ちます。

IPLが脱毛効果を発揮するのは、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変わり、毛根の組織にダメージを与えるから。つまり、ニキビやニキビ跡にはIPLもほとんど反応せず、害を及ぼすこともありません。

ただあまりに症状がひどい場合、炎症が悪化することがあります。そういう時は、ニキビを避けて照射がおこなわれます。

スムーズな脱毛のためにも、ニキビはしっかりケアしておきましょう。

施術でシミ、そばかすができる?

現在サロンやクリニックでの施術は、IPLやレーザーなどの光を照射する方法を取っています。

「肌にそんな強い光が当たると、シミやそばかすができるのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

確かに肌トラブルの大きな原因は、紫外線による日焼け。サロンの光も強烈なので、太陽と同じように肌に悪影響を及ぼすのでは、と錯覚しがちです。

しかし、何度も述べたようにIPL脱毛機というのは、美肌ケアのためにエステで使われてきたもの。決して、肌に対してダメージを与えるものではありません。

「でもネットでは『顔脱毛をして、そばかすやシミができた』っていう口コミが見受けられるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

これには、2つの理由が考えられます。

まず、奥深く隠れていたシミがターンオーバーによって、表面に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が良くなり、潜んでいたシミが肌に出てくることは結構あります。

ただ、大部分はさらにターンオーバーが進むことで消滅するので問題ありません。

あと施術によって乾燥した肌に傷がつき、それが痕として残ってしまう場合。これをシミだと勘違いしてしまう方がいます。

こんな事態を予防するためには、施術後のケアが重要。
保湿を欠かさないようにしましょう。

いずれにせよ、脱毛によってシミや傷が直接生じるわけではありません。安心して施術を受けて下さい。

施術に出かける際、化粧はどうすれば?

顔脱毛の初心者にとって不安のタネのひとつが、

「施術に出かける時、すっぴんでなくても大丈夫なのか?」

ということ——。

素顔でも平気で外出できる10代の学生ならともかく、いつもメイクをバッチリ決めている女性にとって、職場や自宅からサロンに行くまでずっとすっぴんでいるのは結構大変なことです。

結論を先に述べてしまうと、メイクをしてサロンに出かけても問題ありません。

脱毛サロンには専用ブースが設けられていて、そこで化粧をオフすることができます。またサロンによっては、スタッフが無料でメイク落としまでしてくれるところもあります。

ただ、いくら専用ブースがあるからといっても、あまりに濃いメイクをしていくと、それを落とすだけで時間がムダになります。

いつもよりもメイクは抑え、余裕を持ちながら施術に臨みましょう。

以上、顔脱毛の情報や、オススメサロンなどについて細かく説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に最適のサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をおこなうことで、肌の状態も良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*