自分にピッタリの家庭用脱毛器を選ぶには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は医療クリニックやサロンで脱毛してもらうのが当たり前のことになり、テレビでも一流タレントを使ったコマーシャルがよく流れています。

ただ料金も相当かかりますし、施術に何年間も通わなければならないということで、契約するのに二の足を踏んでいる人も少なくないはずです。

そんな人にとって助かるのが家庭用脱毛器。プロの施術に近い脱毛効果が得られるということで、ムダ毛で悩んでいる女性をターゲットに多くの機種が販売されています。

ただ最低でも万単位はしますし、種類が余りに多すぎて「どれを選べばいいのか困る」という人も多いでしょう。

そこで、家庭用脱毛器の購入を考えている人のために、その選び方やメリット・デメリットを詳細に解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とは、そもそもどういう器械か?

家庭用脱毛器

ムダ毛を自分で処理する場合、すこし前まではカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛テープ、ワックスなどの簡単な道具を使うしか、方法がありませんでした。

これらはいずれも安価で手軽ではありますが、毛穴や肌へダメージをもたらし、長期間使い続けていると、肌荒れ、くすみ、黒ずみ(色素沈着)だけでなく、埋没毛、毛嚢炎といった厄介な肌トラブルを引き起こす可能性があります。

トラブルを避けたい人は、脱毛の専門家のいるサロンや医療クリニックで施術を受けるわけですが、何しろ完了までに数ヶ月から数年も通い続けなければなりません。
途中で挫折してしまう人も少なくありませんし、全身脱毛だと、その契約費・施術料などの総額も10万円以上となります。

家庭用脱毛器の発明は、そういう人たちにとって待ちに待ったものでした。なにしろ、サロンや医療クリニックと同一の方式でムダ毛を脱毛しますから(特別な光で毛根の発毛機能だけに損傷を与えます)、毛穴や肌へのダメージはカミソリ・毛抜などとは違って軽微ですみます。

プロ並みのムダ毛処理が家庭でできる、というのは、以前では考えられないことで、またたく間に家庭用脱毛器が家電の中でも売れ筋商品となったのも当然です。また、それだけ脱毛で苦労している人が多かったのでしょう。

価格についても、サロンや医療クリニックに交通費をかけて通うよりもリーズナブルですみます。ただ、そうはいっても安い機種でも2万円ほどしますから、いざ購入という段になると慎重にならざるを得ません。

以下に提供する情報をしっかりチェックして、自分の予算・目的に合った機種を選ぶようにして下さい。

家庭用脱毛器を購入する際はどんな点に留意すべきか?

どんな点に留意すべきか?
家庭用脱毛器は、特殊な美容器具です。「価格が安かったから」「見た目が気に入ったから」といった理由でうっかり買ってしまうと、失敗する場合が多いようです。

家庭用脱毛器選びで後悔しないためのコツをいくつか紹介してみます——

使い勝手はどうなっているか?

ネットで家庭用脱毛器の悪い口コミを調べると、

「『脱毛効果がよい』と聞いたので買ってみました。ところが持ち手の部分が重すぎて、ムダ毛処理をしていると疲れてしまいます」

「照射できる範囲が狭いため、1回ごとの処理に手間がかかって大変です」

「動作音がびっくりするほど大きいので、夜中は近所迷惑になって使えません」

などの感想が目立ちます。これらのように「使用感が良くない」という理由から、せっかく高いお金を出して購入したのにいつの間にか使わなくなった、という人もいるようです。

こんな羽目におちいらないよう、照射面積・最大出力レベル・連射機能については購入前にしっかり調べるようにしましょう。また、大型家電店が近所にあるならお目当ての機種を直接いじってみて、その重量などをチェックした方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

家庭用脱毛器の購入に関してよく聞くのは、本体の値段だけに留意して付属品の維持費をチェックし忘れ、後悔してしまうパターン。

家庭用脱毛器は2万円台という格安のものから、10万円以上の高級タイプまで様々な機種がそろっていますが、使用ごとに目減りしていくカートリッジ等の費用を忘れてはいけません。

買う前に、本体価格とランニングコストの総額がいくらなのか、しっかりと調べましょう。

脱毛効果を知っておく

サロンと医療クリニックでは施術に使われるマシンの方式が違いますが、家庭用脱毛器でも機種によって異なる方式が採用されています。現在のところ主流になっているのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式などですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

脱毛したい部位やどれだけ効果をあげたいのかは各人によって違いますから、それぞれの機種について得意・不得意を確認しておいた方がいいでしょう。

また、「顔やVIOのようなデリケートな部位にも使えるか」「打ち漏れが起こりにくいか」などの見落としがちなポイントも、なるべく調べておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3つのファクターは忘れないようにしておいてください。

家庭用脱毛器の良い点と悪い点

良い点と悪い点

家庭用脱毛器の良い点

・時間と場所に関係なく、好きな部位のムダ毛を処理できる
・サロンや医療クリニックに通い続ける必要がなく、お金も節約できる
・自分の肌の具合に応じて出力レベルを変えられるため、痛みが軽くてすむ

家庭用脱毛器の悪い点

・家電としては値段が張る上、付属の消耗品をずっと購入する必要がある
・海外の製品には刺激が強すぎるものがあり、安全性にも欠ける
・サロンや医療クリニックでの脱毛に比べると、効果が劣って時間がかかる
・手が届かない、あるいは見えにくい部位に関しては、自分一人では処理できない
・使用していて炎症・火傷といった肌トラブルが起こっても、あくまで自己責任になる

家庭用脱毛器でも永久脱毛は可能?

永久脱毛は可能?
上で述べたように、家庭用脱毛器の脱毛方式はサロンやクリニックの器械と同じ。特殊な光を照射して、毛根にある毛乳頭、毛母細胞といった発毛組織に損傷を与えるわけです。

ただ家庭用脱毛器の場合は、火傷などが起きないようにパワーが制限されているので、永久脱毛は不可能となっています。

なお、勘違いしている人が結構いるのですが、サロンの脱毛は正確には「抑毛」にすぎません。
したがって数年すると、ムダ毛が施術部位からまた生えてきます。

永久脱毛をしたいなら、レーザー脱毛器のある医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器の脱毛方式とは?

家庭用脱毛器の脱毛方式とは?
家庭用脱毛器で使われている脱毛方式には、現在、以下のものがあります——

フラッシュ式

こちらはサロンで採用されているマシンと同一方式になっています。特殊なライト(IPL)を肌に照射し、発毛器官だけに損傷を与えて脱毛します。

フラッシュ式の使いやすいところは、他の方式より照射口が大きい点。つまり1回で照射できる範囲が広く、ショット数が少なくても手早くムダ毛処理ができます。時間と経費が省けるため、全身脱毛といった広範囲でのムダ毛処理にもってこいです。

また照射パワーが比較的小さく、肌が過度に熱くなることもないため、処理の時の痛みも相当軽くてすみます。

脱毛完了までに日数がかかってしまう点がデメリットですが、それでもおよそ1年で自己処理が不要になるほどムダ毛が少なくなります。

レーザー式

指、あるいは顔の一部のような狭いパーツを脱毛したい場合、レーザー式を使うのをおすすめします。

レーザー式脱毛器は、医療クリニックの器械と同じ仕組みです。照射されたレーザーライトが、肌に害を与えずにムダ毛のメラニンに反応。熱エネルギーに変化して毛根の発毛器官に大きなダメージを与えます。

小さな照射口のせいで光のパワーが一箇所に集まるため、フラッシュ式よりも効果的に脱毛できます。

そのため脱毛完了までの期間も短く、2週間に1回照射をおこなえば、およそ3ヶ月で効果が実感できるようになります。

ただ足や背中のように広い範囲にムダ毛が生えている場合、1回あたりの照射には手間と時間がかかり、打ち漏れも起きやすくなります。

また、デメリットとして大きいのが、光の照射時の痛みです。口コミサイトでも「思ったよりも痛かった」「照射する時はちょっと怖い」といった感想が投稿されていて、痛みが苦手な人は辛いかもしれません。特にVIOのような肌が薄い部位では、あまりパワーを強くしないように注意する必要があります。

また、シミ、ホクロ、日焼けなどの色の濃い場所にレーザー光が当たると、高熱を生じることがあります。
火傷を負う場合もあるので、それらの場所への照射は避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はライトを使いません。先端がピンセットに似た形をしていて、そこにムダ毛を挟んで処理します。そのためフラッシュ式やレーザー式と違って、目の付近の脱毛も可能です。

また、高周波によってムダ毛を抜くため、毛穴に負担をかけずに脱毛ができます。ただ1本ずつの処理になるので、広範囲の脱毛には向いていません。

脱毛作業をなるべく素早くやりたいという人は、フラッシュ式の方がいいでしょう。

なお、上で紹介した方式とは種類が異なるのですが「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の脱毛器についても述べておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドに内蔵されている熱線で、ムダ毛を処理します。
肌の表面から出ている部分を焼き切るだけで、毛根には影響を及ぼしません。つまりあくまで除毛です。

ただ毛先が丸くなるので、カミソリ処理によるチクチクがイヤな人は助かるでしょう。

最後に「ローラー式」ですが、ローラーになったヘッドを滑らせて肌のムダ毛を挟み、そのまま抜く、という脱毛方法を取っています。

毛抜と同じなわけですが、広範囲を一気に処理できるところが長所です。もちろん肌や毛穴に刺激を与えますから、おすすめはしません。

家庭用脱毛器の値段について

値段について
家庭用脱毛器の値段は、一体いくらくらいでしょうか?

公式サイトなどをチェックし、売れ筋の家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

ノーノーヘア……¥12,800

エピレタ……¥17,800

センスエピX……¥29,800

ラヴィ(lavie)……¥39,800

トリア……¥54,800

ローワン……¥54,800

フィリップス……¥66,880

2PSクリスタル……¥69,800

ケノン……¥69,800

ダブルエピ……¥81,000

レイボーテグランデ……¥108,000

こうして見てみると価格帯は幅広く、下は2万以下から上は10万円以上まで色々とそろっています。

脱毛方法は大部分フラッシュ式ですが、トリアはレーザー式、そしてノーノーヘアはサーミコン式を採用しています。

上述したように、買う時は消耗品の値段を考慮する必要があります。本体価格と消耗品のランニングコストがどれぐらいになるか、自分できっちりとチェックしておきましょう。
その数字を比べることで、本当の価格の違いが初めて分かります。

たとえば上記の機種のうち、特に売れている4つについて、そのランニングコストを調べてみると——

・ケノン
ワンショットの値段……約0.15円
照射面積……9.25平方センチ

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの値段……約0.2円
照射面積……7.4平方センチ

・トリア
ワンショットの値段……約0.06円
照射面積……1平方センチ

・センスエピX
ワンショットの値段……約0.09円
照射面積……2.7平方センチ

となります。

この結果を見て、「ワンショットの差なんて大したことない」と思い込む人がいるかもしれません。しかし脱毛器は、処理効果をあげるために2週間に1度は使い続ける必要があります。つまり、1回だけならわずかな額でも、何度も使用することでそのコストは思った以上にかかってしまうのです。

また、案外チェックする人が少ないのが「照射範囲」です。1回の照射範囲が広いとその分ショット数は減りますから、長期的なコストは少なくてすみます。

トリアなどはレーザー式なので、光を当てられるのは狭い範囲だけです。フラッシュ式のケノンやラヴィと比べ、照射可能面積は2分の1以下になっています。

広い部位を脱毛したい場合、それぞれのワンショットの価格と照射面積がどれくらいか、よく確認しておきましょう。その上でなるべくリーズナブルな機種を選んで下さい。

以上、家庭用脱毛器の選び方やその他の情報について色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上述したように、家庭用脱毛器はその方式によって用途・効果が違ってきます。
また本体価格だけでなく、消耗品のランニングコストを初めにチェックしておくことも大事です。

ぜひ自分の目的と予算に見合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*