賢くメンズ脱毛サロンを選ぶ方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美容意識のある女性にとって、艶やかな肌を保つことは一種の義務のようなものです。
化粧品によるケアは欠かせませんし、ムダ毛が伸びているのはもっての外。
毛抜やカミソリは肌に刺激が強いというので、負担の少ない電気カミソリを用いている人も結構いるようです。

ただ「自己処理するのはすごく面倒」という女性も多く、そんな人はプロが施術してくれるサロンやクリニックに通っています。かつては「ヒマとカネを持て余したマダムがやっている美容法」というイメージがありましたが、最近では料金もかなり値下げされ、テレビのCMのせいで有名サロンの名は世間でもすっかりおなじみです。

実は「脱毛したい」という男性も最近になって増えてきており、男性をターゲットにした脱毛サロンも続々とオープンしているとか……。
しかし、密かに「自分も脱毛にトライしたい」と思っていても、脱毛についての知識が乏しく、契約に踏み切れない方もいるはずです。

そこでこのサイトでは、メンズ脱毛サロンを特集し、その脱毛技術の詳細や選び方のポイントなどを紹介していきたいと思います。脱毛にトライしたい男性は、ぜひ参考にしてください。

光脱毛について

光脱毛について
脱毛というと、今でも「針に似た器具を毛穴に挿入し、そこに電気を流す」という施術場面を思い浮かべる人がいるようです。

実はこういう場面は決して間違いではありません。実際20年くらい前、サロンやクリニックでは針状の電極(プローブと呼びます)を毛穴に差し入れるという方法で、施術をおこなっていたのです。

ここで脱毛について、歴史を少し紐解いてみましょう。

紀元前から脱毛はおこなわれていた

初めて文明を築いた人類は、すぐに美容への関心を持ち、脱毛行為も始めました。学者によると、紀元前3000〜4000年頃の地中海沿岸や古代オリエントでは、石灰・硫黄などを混ぜ合わせた脱毛剤を使用していたそうです。

そして紀元前1500年ごろのエジプトでは、カバの脂肪、蓮の葉、油などを使った脱毛剤が作られ、あの歴史に残る美女・クレオパトラも薬によってムダ毛の処理をおこなっていました。

以後近代に入るまで、脱毛は女性のたしなみのひとつとしておこなわれていきますが、毛抜のようなツールか、その折々の配合の薬剤を使うだけで、大幅な手法の進化はありませんでした。

電気を用いた脱毛が始まる

しかし電気の活用が盛んになった19世紀末、ようやく脱毛にも科学的な手法が取り入れられます。その端緒となったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルがおこなった「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスで眼科医院を開業していたミッチェルは、逆さまつ毛の治療のためにプローブを用い、毛根の水酸化ナトリウムの凝固化に成功します。これで発毛器官は衰え、逆さまつ毛が伸びなくなったのです。

1875年、ミッチェルが治療に関する論文を発表すると、同じ方法で脱毛をおこなう医師が現れ、「電気分解脱毛法」はアメリカの各地に広がっていきます。しかし、この方法は針状のプローブをひとつひとつ毛穴に差し入れていくため、たいへん手間がかかりました。

それでも、うまくいけば一生無毛状態が維持できるためにこの方法は普及し、改良された器具が日本にも輸入されました。そして「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)と呼ばれ、当時のメインの脱毛方法となったのです。

ライトを使った脱毛方法が登場

やがて、このニードル脱毛の欠点を補う方法が発明されます。それが光を用いた脱毛方法です。

この方法は、毛根に非接触で脱毛する、というところが革新的でした。波長を調整された特殊なライトは、ひとつの色だけに作用する性質を持っています。これによって、ムダ毛の成分であるメラニンにそのライトを吸収させます。するとライトは熱エネルギーへと変化し、その熱で発毛機能がダメージを受けてしまうのです。

この光を利用した脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2種類に分けられます。

そして脱毛サロンの大部分で導入されているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類に関して

ここで光脱毛について、さらに細かく述べましょう。

光脱毛にはいくつかの光線が使われますが、ほとんどの光は発射されると毛の成分であるメラニン色素に吸収されます(この時、周辺の組織には何も害を与えず、そのまま素通りしてしまいます)。

光線はメラニンへの吸収で高熱に変化。その熱が発毛器官にダメージを及ぼし、毛が成長するのをストップするわけです。この熱で毛も抜け落ちていき、施術を長期間続けることで部位全体が無毛の状態になります。

現在のところ、光脱毛には「IPL方式」、「SSC方式」、「ハイパースキン法」、「SHR方式」という4つの方式があります。それぞれの特徴を説明しましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番使われている脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」とも言われます)。
ライトのターゲットは毛を産生する毛乳頭とその周辺の細胞で、2、3ヶ月に1回という頻度で施術しているうちに、効果が徐々に上がっていきます。

難点はちょっと痛みがあること。ただパチンと指で叩かれるような感じで、激しいものではありません。

次にSSC方式。この方式の特徴は照射されるライトにあります。IPL方式ではキセノンランプというものを用い、IPL(インテンスパルスライト)という光線を射出します。それに対してSSC方式では、クリプトンライトという光を当てます。

インテンスパルスライトは単独でも脱毛効果を持ちますが、クリプトンライトに関してはそのままでは普通の光と変わりません。

では、どんなふうに毛根にダメージを与えるのかというと、まず施術部位に特殊なジェルを塗ります。

その上でライトを当てると毛根が損傷を受け、毛の産生が止まるのです。

SSC方式の最大の利点は、光の出力が多少低くても問題ない、という点。ジェルとの併用によって効果を上げるため、高熱でなくても施術できます。したがってIPL方式より、さらに痛みが軽微になります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」ですが、これらは新発想の脱毛方法。両方ともバルジ領域という部位をターゲットにするところが、これまでのものと異なっています。

特にハイパースキン法はメラニン色素と無関係に脱毛できるのがメリットです。
光線の温度が極めて低いため、まったく痛みがありません。ですから、子供さんでも脱毛できます。

医療脱毛とどう違うのか?

どう違うのか?
これまで、脱毛方法の変遷と光脱毛について解説しました。上記の通り、今ではほとんどのサロンで光線を利用した脱毛がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックではもっぱら「レーザー脱毛」という方法を用いています。これは光脱毛とどんな点が違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、その名の通り、レーザー光線を利用する脱毛方法です。元来レーザー光線は、波長に応じてひとつの色に作用する性質を備えています。つまり、黒、青、赤などの色のついた組織があると、その色のところだけピンポイント的にダメージを与えられるわけです。医療現場でも、この性質を用いた手術などが実用化されています。

光脱毛とレーザー脱毛の見逃せない相違点は、毛母細胞や毛乳頭を損傷するパワーにあります。

IPLより波長が長いレーザー光は、皮膚のなかの毛根に確実に届きます。そのため毛乳頭などの器官は100%死滅するケースが多く、脱毛効果が一生続く確率が高くなります。

それだけレーザーの威力は抜群で、医師免許を持つスタッフでないと機械を操作できません。

ただレーザーは照射時の痛みが強く、肌が弱い人は炎症の危険性もあります。

光脱毛の長所・短所

長所・短所

長所

光脱毛の第1の長所は、何と言っても料金が安上がりなこと。

クリニックのレーザー脱毛と比べたら、1回の料金が2分の1以下ですむこともあります。

また、光脱毛の施術スタッフには特別な資格はいりません。すでに説明したように医療レーザー脱毛の場合は医師でないと施術できませんが、サロンなら誰でも施術可能です。つまり、より多くの客に施術できるので、医療クリニックのように「契約したものの、最初の予約日が数ヶ月先」というような面倒な事態が避けられます。

次の長所は、皮膚への負担が少なく、照射時の痛みがたいへん軽微なこと。そのため、痛みに弱い人、肌が敏感な人には最適です。

レーザー脱毛は、レーザーの威力が抜群なので痛みも強くなります。そのため、施術に際しては笑気麻酔などの麻酔を用いることもありますが、光脱毛ではそんな心配はいりません。

麻酔を用いる時は追加料金を取るクリニックが多いので、その点でも安心です。

そして最後の長所ですが、光脱毛には多岐にわたるプランとコースがあるため、自分の希望に応じた施術内容にできます。

部分脱毛と全身脱毛の選択はもちろんのこと、店舗によっては特別なエステコースを付け加えることもできます。

短所

光脱毛は「脱毛」とは言うものの、本当のところは「抑毛」「減毛」という方がふさわしく、施術を完了すれば部位は一生ツルツルのまま、というわけにはいきません。一方、クリニックのレーザー脱毛だと効果が死ぬまで続く確率も高くなります。

ただ、ムダ毛が再生するにしても、細くなったり、本数が少なくなったり、発毛の勢いが衰えたりするので、施術が完全にムダになるわけではありません。

また、光脱毛だと施術完了までの日数がレーザー脱毛よりも長くなります。

光脱毛は1度の施術での効果はそれほどでもありません。
そのため繰り返し施術してもらう必要があり、コースによっては、その時間がクリニックの数倍もかかります。

完了までの日数が長くなると、レーザー脱毛よりも施術料が高額になることもあるので注意が必要です。

そしてもうひとつの短所に、色の薄い毛や産毛は脱毛しにくい、ということが挙げられます。

色の薄い毛や産毛はメラニンの量が少なめで、ライトを吸収しにくくなっています。そのため、追加措置として他の脱毛方法で施術をおこなう必要があります。

サロンを選ぶ時の注意点は?

注意点

費用のシステムに気をつける

サロンは様々なタイプの店舗があるだけに、料金体系も各自違います。ただ大雑把に分けると、「月額制」と「ローン」の2種類になります。

コストをおさえたい場合は「月額&定額制」を選択しがちですが、施術が長期化するとかえってトータルの額が高くなることもあります。

あと「月額制&回数無制限」だとリーズナブルな感じがします。しかし、施術回数次第でそのお得感は異なってきます。「1回あたりの時間」は事前に確認しなければなりません。

たとえば施術が1週間に1回の頻度で、1回あたりが10分だとすると、「1ヶ月あたり40分」が施術時間の合計となります。
40分でどれくらいの範囲を施術できるかによって、料金がお得かどうか、判断がつきます。

それから、有名サロンは人が多くて予約が取りにくいため、結果的に月に4回も行けないことになりがちです。

行き始めてから「しまった」と思わないためにも、契約前に情報を集めておきましょう。

希望部位の料金をチェックする

サロンで「〇〇を脱毛すると、いくらかかりますか?」と質問すると、「通常は〇円です」という答えがスタッフから返ってくると思います。ただ女性客が多いサロンだと、その答えには注意が必要です。

というのも、男性は女性よりもムダ毛が太くて量も多いので、通常よりも費用がかさむことが多いのです。

毛の量と質を丁寧にチェックして、なるべく正しい見積もりを出してくれる店舗もあるかもしれませんが、普通は女性より高額な料金になりがちだということを忘れないでください。

「追加料金」は要るのか?

ローンや月額制での料金のほかに、追加料金が要るのかどうか、しっかり確認しておきましょう。

例えばサロンだと、店のオリジナル商品を使ったケアを推薦されることがあります。その代金が別料金なのかどうか、知っておくことが大切です。

延長する際の費用はどうなっているか?

契約分の施術は完了したものの、効果に不満足な人は、追加で施術を受けられます。

その際、「契約は○円で、施術を追加すると○円」とローン料金が初めから決められているサロンがあります。追加が高額だと困りますので、事前にチェックしてください。

以上、脱毛希望の男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。

現在、脱毛はブームといっていい状態です。それだけサロンも多くなり、顧客を呼び込もうと必死になっています。
値下げもよくおこなわれているので、公式サイトなどをこまめに調べ、リーズナブルに施術してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*