ニードル脱毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サロンでの主流

現在使われている脱毛法とは?

現在、サロンで主流となっている脱毛法はIPL方式です。

これは、幅広い波長を持ったインテンスパルスライトという光をムダ毛のある肌に照射する、というもの。カメラのフラッシュに似た光なので、フラッシュ脱毛と呼ばれます。

このIPLは広帯域の光エネルギーによって毛乳頭と皮脂腺開口部に含まれたメラニンに作用し、組織を弱らせて発毛を阻害してくれます。

もともとエステサロンで美容目的に肌に直接当てられていたものですからそのパワーもそれほど強いものではなく、照射範囲も広いために比較的短時間で施術が可能です。

最近では抑毛効果のあるジェルと光を組み合わせた「SSC脱毛」や、毛乳頭ではなくバルジ領域に働きかける「SHR脱毛」などの新しい脱毛法も出てきていますが、いずれにせよ光を照射することには変わりません。

一方、医療クリニックで使われている脱毛法は、レーザーによるものです。

こちらも原理自体はフラッシュ脱毛と同じ。メラニン色素に反応して熱エネルギーに変わり、毛乳頭の組織を破壊して脱毛効果を得ます。

サロンのフラッシュと違うのは何といってもその照射威力です。
IPLは毛乳頭を弱体化するだけですが、レーザーならその組織をかなりの程度破壊することができます。

以上、主流となっているのはこの2つですが、実はもうひとつ、昔ながらの脱毛法があります。

それはニードル脱毛。

ニードル(針)という言葉通り、針を毛穴に突き刺し、そこに電気を通して毛根を破壊します。

痛みが激しいので今は廃れているのですが、IPLやレーザーよりも脱毛効果が高いといわれていて、一部の人にはいまだに根強い人気があります。

もし高い脱毛効果を望んでいるなら、ニードル脱毛を試してみるのもいいかもしれません。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*