ニードル脱毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
needle

ニードル脱毛の特徴は、施術した毛がその場でなくなり、施術完了時には毛のないピカピカの状態の肌になります。現時点では、唯一「永久脱毛」が実証されている脱毛方式で、レーザー脱毛が日本に上陸するまでの医療機関では主流の脱毛方法でした。電気針を毛穴に刺して、微弱な電流を流すことで毛乳頭(毛母細胞)を破壊することで脱毛する方法は高度な技術を必要です。施術で使用される針は、金属アレルギー対策のため、金やチタンなどで作られています。

医療機関では麻酔を打つことができるので痛みに耐えることはありませんが、エステサロンでは麻酔を打つ行為は医療行為にあたるためできないので、痛みは我慢する必要があります。

ニードル脱毛のメリット

日焼けした肌や色素沈着を起こしている肌。アトピーや敏感肌・乾燥肌などの肌質にとらわれず脱毛できることがメリットとしてあげられます。また、白髪や黒さが少ない産毛なども脱毛することができます。

1本ずつ処理ができるため、ヒゲの形を思い通りにデザインすることも可能です。永久脱毛ができ、施術したその場で毛が抜けるので、その日につるつるの肌になれます。

ニードル脱毛のデメリット

電気絶縁針を刺して処理をするため、個人差はありますが、強い痛さを感じます。1本ずつ処理するため、施術に時間がかかってしまいます。また、手間がかかるため料金も高くなってしまうのがデメリットとしてあげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*