背中脱毛がなぜオススメなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「肌を美しくしたい」というのは、女性にとって永遠の願いでしょう。
経済産業省の生産動態統計によれば、化粧品の国内工場出荷金額は1兆6000億円を越えるといいますから、女性がどれだけ肌の手入れに熱心かがわかります。

しかし、いくらケアやメイクをしたところで、若い女性の持つ天然の美しさにはかないません。肌の美しさがピークにあるハイティーンの女の子ともなるとなおさらです。
自分のスタイルに自信を持つ子は大胆なファッションに身を包み、その艷やかな肌を見せつけながら街を歩いています。

肌のみずみずしさというのは健康の証でもありますから、それを見せつけられると、男性も後ろめたさを感じながらついつい目を向けてしまうでしょう。

ただ、大胆な露出を楽しむのはいいのですが、気が付かないうちに成長しているムダ毛には注意が必要です。

処理を念入りにおこなっていないと見栄えが良くないですし、一旦は視線を向けた男性からも「あんなに見せびらかしているくせにだらしがない」と軽蔑されがち。

そんな恥をかかないために常日頃から熱心に自己処理をしている女性も多いでしょうが、腕、脚ならともかく、自分ひとりでは毛を剃ったり抜いたりするのが難しいところがあります。

それは「背中」——。

そういうと、「背中なんて他人に見せる機会もないから、熱心なケアなんてやってない」と答える人も少なくないでしょう。

確かに人前で背中をさらすのは、せいぜい7月8月にプールや海で水着を着る時ぐらいです。例えば、海外ではパーティで背中のあいたドレスを着ることもありますが、日本ではそんなチャンスはほとんどないため、背中のムダ毛を処理する、という発想そのものがなかなか出てきません。

ただ、そのせいで背中の様子をチェックもしないで放っておくことになり、知らぬ間に他人には見せられないようなひどい状態になっている場合もあります。
日頃から肌のコンディションに気を使っている女性なら、そんな様子を知ったらすぐに対処したくなるでしょう。

そんな背中の毛を処理したい場合、上で述べたように自己で剃るのは無理なので、どうしてもサロンやクリニックで脱毛の施術を受ける必要が出てきます。

ただ、脱毛とは縁のない女性がまだ多いことも事実。アンケートによると、「いつか脱毛したい」と思っているのに、何となく不安が去らないために施術へ踏み出せない、という女性がかなりの数いるようです。

そこでこのサイトを立ち上げました。
サロンや医療クリニックでの背中脱毛の費用、施術方法はどうなっているのか、脱毛することのメリット、など、様々なことをビギナー向けに紹介していこうと思います。

背中脱毛の料金は一体いくらぐらいなの?

背中脱毛するとなったら、脱毛サロンか医療クリニックのいずれかと契約する必要があります。

まずはそれぞれの施術料を紹介してみましょう。

最初は脱毛サロンから。

サロンの場合、背中の毛がすべて生えないようにするためには最低でも12回の施術が必要です。ということで、以下に12回分の料金を記してみます。

・ジェイエステ……¥97,200(-32,484)
・エピレ……¥134,424(-116,260)
・銀座カラー(リーズナブルコース)……¥136,036(+6,352)
・ディオーネ……¥168,480(+38,796)
・ミュゼ……¥233,280(+103,596)

(カッコ内の数字は、平均施術料129,684円との差額)

続いて医療クリニックです。

こちらは脱毛完了には最低でも5回が必要。ということで5回分の施術料を紹介します(ただし湘南美容クリニックのみ6回になっています)。

・リゼクリニック……¥79,800(-45,286)
・アリシアクリニック……¥110,000(-15,086)
・クレアクリニック……¥110,592(-14,494)
・レジーナクリニック……¥116,640(-8,446)
・トイトイトイクリニック……¥135,648(+10,562)
・表参道スキンクリニック……¥160,920(+35,834)
・湘南美容クリニック……¥162,000(+36,914)

(カッコ内の数字は、平均施術料125,086円との差額)

こうして一覧にして調べていくと、医療クリニックの方が施術料がリーズナブルで、施術回数も少なくてすむのが分かります。

「背中脱毛では施術効果が実感しづらい」とされているのはなぜ?

他の体の部位と比べ、背中は脱毛の施術効果が実感しづらい、とされています。

それは背中の毛が、他の部位のものに比べてずっと細いのが原因です。

また、サロンや医療クリニックに設置されている機器の種類によっても、脱毛効果の優劣、さらに脱毛完了までに必要な期間に差が生じる、とされています。

以下、詳しく説明しましょう。

現在、サロンのうちの半分以上の店舗で、IPL脱毛という方式のマシンが使われています。

IPL脱毛では、IPL(インテンス・パルス・ライト)というレーザー系のライトを肌に当てて、毛根部位を弱体化します。ところがもともとは脱毛のために発明されたものではなく、エステでくすみ、シミなどを治療する「フォトフェイシャル」用に開発されたものです。

しかし、フォトフェイシャルを受けていた顧客から「毛が薄くなってきた」という感想がたくさん寄せられたため、改めて試験をおこなってみると、IPLに発毛機能を衰えさせる働きがあることが判明したのです。以後、脱毛機として流用され、サロンで施術のために使用されるようになりました。

IPLの大きな特徴は、比較的照射時間が長いこと。そのため、広い面積に光線を当てられます。背中、脚といった広い部位にはもってこいで、料金も安価ですみます。

ただ、もともとエステのフォトフェイシャルのために作られただけに、毛根にダメージを及ぼす力はそれほど強くはありません。

一方医療クリニックでメインで使われるのは、「レーザー脱毛」のマシンです。これはその名前通り、レーザー光を肌に当てて脱毛をおこなう、というもの。

実はIPL脱毛もレーザー脱毛も、脱毛の原理そのものは同一といって構いません。これらのマシンから出るライトはいずれも、黒色のメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。

光線は肌には無害ですが、メラニン色素が含有される組織、つまり毛と毛根に至ると高熱に変り、その部位に大きなダメージを及ぼします。特に毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などの組織がある毛根ではその発毛機能が損なわれてしまい、ムダ毛が成長しなくなってしまいます。

ただ原理が同一といっても、照射パワーは両者の間で大きな相違があります。レーザー光のパワーは強烈そのもので、毛根組織は完全に死滅します。
そうなるとムダ毛は再び生えず、その部位は死ぬまでツルツルのままです(これがいわゆる「永久脱毛」というものです)。

「じゃあ、そのパワーのすごいレーザー光なら背中脱毛でも効果が充分あがるのでは」と思われるでしょうが、そうは簡単にいきません。

というのも、背中の細い毛にはメラニン色素がわずかしか含まれておらず、レーザー光を照射しても肝心の熱反応が起こりにくいからです。

「では、効果的に脱毛できる方法はなにかないの?」ということになりますが、それは次のセクションで説明していきます。

背中脱毛で効果が出る方式は?

背中のムダ毛を効果的に脱毛する方法は以下のようにいくつかあります——

・S.S.C.方式の脱毛機を使う
・ダイオードレーザーで脱毛する
・美容電気脱毛で施術する

これらについて順番に解説していきましょう。

まず、S.S.C.方式ですが、これはミュゼや脱毛ラボといったサロンが採用しています。S.S.C.とは「スムース・スキン・コントロール」を略した名前です。

上で紹介したIPL方式との相違は、ライトのほかに専用ジェルを使うこと。このジェルには、独自配合成分「フィリニーブ」が入っています。

フィリニーブに含まれるのは、セイヨウシロヤナギのエキス、尿素、サルチル酸などの天然由来の物質。これらがライトとの併用で毛根部位に働きかけ、脱毛効果を発揮します。

上の文章で述べたように背中の毛に対しては、IPLを用いた脱毛ではそれほど効果があがりません。しかしマシンとジェルをダブルで使うS.S.C.方式なら、メラニン色素が含まれていなくても脱毛できるので、背中のムダ毛にも効果的です。

次に、ダイオードレーザーでの脱毛です。

医療クリニックではレーザー光を用いた脱毛をおこなっていますが、使用されているレーザーには——

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

の3つがあります。

これらはそれぞれメリットがあるのですが、ダイオードレーザーの場合、他のレーザーよりも高いパワーで照射できるところが大きな特徴となっています。

レーザー光には「パルス持続時間」という基準数値があります。ダイオードレーザーのパルス持続時間は他のレーザーよりも短い3/1000秒で、このことで威力を大きくできるのです。

ダイオードレーザーのマシンには「ライトシェアデュエット」と「メディオスターNeXT PRO」の2つがあります。どちらかを採用しているクリニックに行けばいいでしょう。

続いて美容電気脱毛です。
こちらは昔からおこなわれている脱毛方法で、レーザーやIPLの施術が一般化する前はこの方法が主流でした。

「絶縁針脱毛」「ニードル脱毛」という別称でわかるように、「プローブ」(「絶縁針」)という特別な針を毛穴に刺し、電気反応によって発毛組織に損傷を与えます。

直接毛根に電気を流すために破壊力が抜群で、脱毛効果は他の方法より優れていると言われています。

この方法なら毛の細い太いはどうでもいいため、背中は施術によってツルツルになります。

ただ針を突き刺すということで、痛みはかなり激しくなります。痛みに弱い人は、施術が我慢できなくなるかもしれません。

またすべてが手作業ですから、脱毛完了までに長い時間がかかりますし、料金の方も安価とは言えません。
それらのデメリットを分かった上でこの方式を選べば、他の方法よりも効果的に毛が処理できます。

以上、3種類の方法について解説しました。

このうち、1番安価におこなえるのがS.S.C.方式です。「どれを選べばいいか分からない」という人は、とりあえずS.S.C.方式にするのがいいかもしれません。完璧な無毛状態にできなかったとしても、減毛効果だけは確実にあります。

ただ「背中の毛を徹底的に処理したい」と思っているのなら、やはり美容電気脱毛がベストです。

背中脱毛についての疑問点と回答

背中脱毛に関して心配な点をQ&A形式にしてみました。

Q.施術の後、肌がかゆくなるって聞いたけど?

確かに施術時のライトで肌が乾燥するため、部位にかゆみや赤みが生じることがあります。

これらの症状を防ぐには、とにかくアフターケアをしっかりおこなうこと。保湿ケアサービスのあるサロンや医療クリニックなら安心できます。

施術を終えて帰宅してからも、部位がちゃんと潤うように心がけましょう。
背中をケアするのは面倒ですが、手が届く範囲だけでもクリームをキッチリ塗って下さい。

Q.背中のニキビにいいって本当?

脱毛完了後、肌が無毛状態になると、確かに背中のニキビが完治したりするようです。

これは、肌が無毛状態になって毛穴がしまり、炎症や皮脂の詰まりといったトラブルが減少するためでしょう。

ただ、施術直後は肌の状態に注意しなければなりません。ライトによって乾燥が進み、皮脂の分泌が促進されてしまいます。

そうなるとニキビも起きやすいので、化粧水やクリームでキッチリと保湿するようにして下さい。

Q.施術前日は部位をシェービングしなければならないの?

脱毛では火傷のトラブルを避けるため、長いムダ毛を施術前に剃っておく必要があります。

ただ自分で処理するのは難しいパーツもあるため、店によってはスタッフがシェービングをおこなってくれます。

たとえばキレイモだと、4つのパーツ(うなじ、背中、ヒップ、Oライン)については、スタッフが電気シェーバーで処理してくれます。

月額料金プランを契約している場合は、その料金は1,000円。複数の部位を剃ってもらっても、その金額は変わりません。

またパックプランだと、シェービングはすべて無料になります。

以上、背中脱毛についてのビギナー向きの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

暑い季節になると海やプールに出かけることもあって、他人に背中を見せる機会が多くなります。
みっともないムダ毛をプロに脱毛してもらい、その肌をキレイにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*