今ちょっとしたブームとなっているVIO脱毛とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は暑い季節でなくても肌を露出する若い女性が多く、健やかに伸びた四肢で男性の目を惹きつけています。

ただ肌を人前にさらす時に気をつけなければならないのが、そこに生えているムダ毛の存在です。いくらシルエットが美しかったとしても、肌が毛に覆われていてはその魅力も半減。近づいてきた男性も幻滅しかねません。

そんな女性にとって強い味方なのが、脱毛をおこなってくれるサロンやクリニック。
テレビのコマーシャルや雑誌の広告などで、毎日と言っていいほどそれらの名前を見かけます。

実は脱毛がこれほど盛んになったのは近年のこと。以前は電気バリを使う方法を取っていたこともあって、その費用も高額でした。
しかも痛みがひどいこともあって、一部の特別な人がその施術を受けるもの、というイメージがあったのです。

しかし最近では効率が良くて痛みも軽微な脱毛マシンが導入され、脱毛人口も一気に拡大。脱毛を体験したことのない人を呼び込もうと、派手なキャンペーンも盛んにされています。

また、脱毛可能な部位も増えました。以前はワキや足といったパーツがほとんどだったのですが、現在では顔、腕、そしてVIO部分が大変人気のある部位となっています。

それを聞いて「え、VIOって一体どこの部位?」という人も多いでしょう。脱毛人口が増えたと言っても、まだまだサロンや専門クリニックと縁遠い女性も少なくありません。

そこでこのページでは、VIO脱毛に関する細かい情報を紹介し、あわせてサロンやクリニックの脱毛方法についても説明してみることにしました。

「VIO」って一体どういう意味なの?

「VIO」というと何かの略語、あるいは外国語の単語のようですが、そうではありません。実はデリケートゾーン、つまり女性の性器からお尻の辺りを指します。

V、I、Oそれぞれについて説明すると——

Vライン……股のデルタ地帯で、いわゆるビキニライン。
Iライン……女性器に沿った細長い部分。
Oライン……肛門の周りの半径2センチほどの丸い部分。ヒップ奥とも呼ぶ。

となります。

つまりVIOというのは、それぞれの部位と似ているアルファベットを当てはめて呼称としたわけです。

ということで「VIO脱毛」は、単純に言えばアンダーヘアの脱毛。

VIOとまとめて言いますが、実は別々に脱毛ができます。

そして全部を無毛状態にする脱毛には「ハイジニーナ」という別の名前がついています。

サロンやクリニックの広告で「ハイジニーナ脱毛」と書いてあることがありますが、これはほぼVIO脱毛と同じ意味です。

日本に「ハイジニーナ脱毛」という名前で紹介された時、海外の有名人がおこなう特別な美容法というイメージでした。
しかし今ではすっかり日本のサロンやクリニックでも定着し、VIO脱毛は人気プランとなっています(実際、アンケートでは「施術したい部位」の第2位となっています)。

VIO脱毛のメリットってどんなこと?

VIO脱毛をおこなうことのメリットは、ただ肌をツルツルにするという美容効果だけにとどまりません。以下のような色々な長所があります。

1.デリケートゾーンを衛生的に清潔にできる

女性の性器というのは、男性のものと違って肉が重なって入り組んでいます。さらに太くて濃いヘアーが密集して伸びているため、風通しがいいとは言えません。

そのせいで下着が薄かったとしても雑菌の温床となりがち。
そうなるとニオイやかゆみが生じてしまいます。

特に厄介なのは女性器の周辺のIラインです。生理の際に分泌物や経血が付着してしまい、しっかりと洗っておかないと清潔とはいえません。

ただ仕事をしている人などは1日に何度も洗うことなど不可能です。どうしても不潔な状態に陥ってしまいます。

そんな状態もVIO脱毛をすれば解決。ツルツルになると菌が繁殖しにくいので、上記のような症状も軽減できます。
生理中でも股間が清潔になるでしょう。

2.毛抜、カミソリなどを使った自己処理がいらなくなる

デリケートゾーンは濃く太い剛毛が生えているのに肌そのものは薄く、自分で剃ったり抜いたりするには面倒な部位です。また性器のすぐそばなので、カミソリなどの使い方が下手だと、うっかり傷をつける可能性が高まります。

また、自己処理自体にも問題があります。毛抜きやカミソリを使う方法は、肌のコンディションを悪くします。
長い間使っているとダメージが重なっていき、厄介な埋没毛を引き起こす元凶になります。

それに傷のついた毛穴に雑菌が侵入すると、毛嚢炎になる可能性も高くなります。

脱毛すれば自己処理もいらなくなり、面倒な肌トラブルのリスクも減ります。

3.大胆な水着や下着が楽しめる

きわどい下着や水着を身につけたいと思ったら、必ずデリケートゾーンのヘアを処理しないといけません。

でも上で記したように自己処理ばかりやっていると肌トラブルが生じがち。せっかくツルツルの無毛状態にしたのに、肌に色素沈着などができては毛を剃ったり抜いたりした意味がなくなります。

サロンやクリニックでデリケートゾーンを施術すれば、自己処理が不要になってキレイな肌へと導かれることに。

そうすれば肌のコンディションを気にすることもなく、好きな下着をはいて彼氏とのデートに出かけられます。

Vラインの多種多様なデザインについて

Vラインは、VIOの3つの中でも特別ポピュラーな部位です。「脱毛したい部位」に関するアンケートでは必ず上位にランクインしています。

Vラインを脱毛する際は、全くのツルツル状態にする人は多くないようです。
やはり自然さを求めるのか、一部は残すのが普通になっています。

その時「どんな形に毛を残すのか」を決めることになります。

サロンやクリニックではいくつかの決められたデザインがあり、以下がその例です——

・逆三角形

最も人気のあるデザイン。不自然さがないので、見た人に脱毛したことを気づかれないのが大きなメリットです。

・オーバル型

オーバルというのは「楕円」のこと。角が丸まったデザインなので、どことなく女性らしい雰囲気を演出できます。

・Iライン型

帯のようなI字の形に毛を処理します。露出の多いきわどい水着や下着を身につけたい女性には最適。また「足が長く見える」というので、このデザインを選ぶ人もいます。

・Uライン型

「逆三角形」をアレンジした形で、角に丸みを帯びています。やはり不自然さがないというので人気です。

・スクエア型

「Iラインは少々極端すぎて……」という女性がよく選んでいます。ただ日本人にとってはやはりナチュラルな形とは言いにくいので、「嫌いだ」という人も多いかもしれません。

ちなみに、医療クリニックでVライン脱毛を受ける人は、デザインはよく考慮した上で選んで下さい。

クリニックは永久脱毛なので、一旦施術するともうVラインの形はそのままになってしまいます。
いい加減に決めると後悔しないでもないので、あまり奇抜なものは選ばないほうが無難です。

Oライン脱毛のメリットとは?

VIOのうち、VラインとIラインの2つは大変人気があります。きわどい水着や下着を着る時、どうしても2つのラインを処理する必要があるからでしょう。

ところが、肛門付近を目で見る機会が少ないせいか、Oラインは人気ランキングに選ばれることはありません。

でもOライン脱毛は、ムレやニオイの不快さが改善され、衛生的には大きなメリットがあります。

また、エッチの時もOラインが目立つこともあるので、脱毛しておけば安心です。

施術の際は、店や医院が用意している紙パンツにはき替えます。
それをスタッフが少しずつずらしながら施術していくわけです。

体勢については、「うつ伏せになっての開脚姿勢」か「四つん這い」のどちらか。抵抗が少ないのは前者ですから、スタッフに「うつ伏せ」とお願いするといいでしょう。

最初の頃は恥ずかしいでしょうが、施術を続けるうちに平気になります。

施術時間は10〜15分。
それほど手間はかからないので、ぜひOライン脱毛に挑戦してみて下さい。

サロンとクリニックはどんな点が違うのか?

VIO脱毛に際しては、サロンか医療クリニックに行くことになります。

この2つの大きな違いは施術方式にあります。

サロンのほとんどが導入しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

「IPL」は、intense pulsed lightを略したもの。紫外線をカットした特殊な光線で、黒いメラニン色素に反応して脱毛効果を上げます。

ムダ毛のある肌に直接当てると、毛根の毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変化。大きなダメージを与え、ムダ毛の成長を妨げます。

一方、医療クリニックで使われているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にも色々ありますが(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)、いずれも脱毛原理はIPLと変わりません。毛根のメラニン色素にレーザー光が反応し、熱エネルギーによって組織を破壊。発毛機能を損ないます。

IPLとレーザー光は波長及びパルス幅に違いがあるのですが、照射の威力が強いのは後者です。照射を数回繰り返せばすべての毛根は死滅し、無毛状態が数年、長い場合は死ぬまで持続します。
この「永久脱毛」は医療行為とみなされるため、施術は医師免許を取得したスタッフしかおこなえません。

レーザー光の効果は相当なものですが、その分「痛みが激しい」のが欠点となっています。

IPLは威力が抑えられているだけに肌には優しく、痛みも軽微です。ただ施術に通う日数と照射回数が多くなってしまいます。

またIPLだと毛根は一時的に弱体化するだけなので、脱毛完了から日数が経過すると毛が再生することが多いとされています。

多少の痛みに耐えられる人なら、レーザー脱毛をしてもらった方が脱毛効果が持続していいでしょう。

VIO脱毛の費用はいくら?

VIO脱毛に際し、どうしても心配になってしまうのはその費用でしょう。

実は「脱毛」といっても幾通りかのやり方があります。

たとえば、サロンに通ってIPL脱毛を受けるのか、医療クリニックでレーザー脱毛を受けるのか。毛が少なくなる程度でいいのか、完璧にツルツルにしたいのか。高額でも脱毛完了までの日数を減らしたいのか、あるいはあくまでリーズナブルな料金にこだわるのか……。

それらの諸条件によって、料金にも少なからぬ差が出てきます。

ここではいくつかの場合に限定して費用を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIOをまとめて脱毛するコース」のものです。VIOを別々に脱毛する場合は料金も異なります)。

まず、サロンで施術を受ける場合、有名店の値段は次のようになっています——

減毛程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回。1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回。1回分は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回。1回分は8,640円]

完全にツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回。1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回。1回分は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回。1回分は9,180円]

続いてクリニックで施術を受ける場合。有名医院の料金をまとめてみます——

減毛程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回。1回分は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回。1回分は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回。1回分は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回。1回分は18,540円]

完全にツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回。1回分は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回。1回分は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のプランなし)

こうしてみると、サロンは回数が多いだけに高額で、医療クリニックの方がリーズナブル。特に湘南美容外科の安さが目立ちます。

VIO脱毛をするなら、湘南美容外科を選べば問題ないでしょう。

以上VIO脱毛について、初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「VラインやIラインをカミソリや毛抜きで処理している」という方がいたら、ぜひ脱毛を受けて下さい。上述したように自己処理は肌への刺激が強く、肌トラブルの原因となります。

脱毛で自己処理を不要にし、キレイなデリケートゾーンを保ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*