ワキ脱毛に踏み切れない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛に踏み切れない人へ

梅雨が終わると季節はようやく夏へ。
気温も上がることもあって開放的でオシャレな服に挑戦したくなります。

ただ、その時に注意が必要なのがワキに生えたムダ毛でしょう。

処理がキチンとできていないと、腕を上げた時など他人がその毛を見ることになり、「だらしない」と軽蔑されてしまいます。

ただ、ワキ毛の自己処理というのは思った以上に面倒。カミソリで処理していると小まめに剃らないとブツブツが目立ってきますし、毛抜を用いると抜く時に痛いので、処理自体がイヤになります。

「思い切ってサロンで脱毛しようか……」

ふとそんな考えが頭をよぎる女性も多いでしょう。でも脱毛の経験がない場合、サロンに通うというのはかなりハードルが高いものです。

「施術って数回で終わるの?」
「痛みがともなうって聞いたけど……」
「総額はいくらくらいかかるの?」

これらの疑問が障害になり、結局、サロンへ行く勇気が出ずに自己処理を続けている、という人が大多数です。

そこで、このページではそれらの人の参考になるよう、ワキ脱毛の料金・期間、サロンの選び方などについて説明してみることにしました。

これらの情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

「脱毛」ってどういうもの?

ワキ脱毛の情報をお伝えする前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを簡単に述べてみましょう。

「脱毛」というと、ピンセット状の特殊な器具で1本1本ムダ毛を抜いていく、というイメージを持つ人がいるかもしれません。しかしサロンではそんな方法はもちろん用いられていません。

それに施術においてターゲットとなるのは、皮膚に出ているムダ毛そのものではなく、皮膚の奥に隠れている毛根部分なのです。

確かに昔は毛根を電気の針で処置していたのですが、現在では技術の進歩で効率的になり、特殊な波長の光を肌に直接当てることで毛根にダメージを与える方法をとっています。

その特殊な光というのは、IPLやレーザーといったもの。いずれも黒いメラニン色素に反応して、熱エネルギーに変わる特徴を持っています。

ムダ毛のある肌に当てると毛根部分の色素に反応。毛母細胞、毛乳頭といった組織が高熱に包まれ、発毛機能が損なわれてしまいます。

この方法は脱毛の歴史において画期的なものでした。おかげで料金は安くなり、脱毛人口は増えました。最近では顔、脚はもちろん、VIOなどの脱毛も手軽に行われるようになっています。

その中でもワキは1、2位を争う人気部位。やはり、夏場になると露出する機会が増えるため、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と思っている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中していて、汗をかきやすい部位でもあります。老廃物や汚れが他の部位に比べて溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった症状も起こりやすいと言われています。

ワキ肌をキレイに保ちたいなら、一刻も早くムダ毛を脱毛し、肌に悪影響を与える自己処理はやめてしまうのが無難です。

ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について

上記の説明で、ワキ脱毛のメリットが理解できたと思います。

「すぐにサロンに通いたくなった」という人もいるかもしれません。

ただ、実際に施術に通うとなると、以下のような点が問題になると思います——

・施術は脱毛完了までに何回必要なのか?
・料金の総額は最終的にどれくらい?
・施術時に痛みは伴うのか?

これらの点について、順番に説明していきましょう。

まず最初に施術回数。ご存知の方もおられるでしょうが、脱毛の施術というのは1、2回くらいでは終わりません。何年にも渡る無毛状態を保つためには、思った以上に長い施術期間が必要です。

特にワキは厄介な部位。集中的に太い毛が生えているうえに、他の部位よりも毛根が深く、顔や脚よりも施術回数が増えてしまいます。

もちろん個人によって差はありますが、完了まで平均すると12回から18回といったところです。

続いて値段の問題。これはサロンによって様々です。

古くから顧客を抱えている高級サロンの中には、わずかの施術で高い料金をとるところもありますが、最近人気の店に関しては一般的に値段は安め。それほど高い料金ではありません。

「その中でもリーズナブルな店は?」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国に支店を持つ人気のチェーンサロンです。

ここの人気プラン「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は、料金がわずか100円!

これだけの値段で脱毛してくれるところは他にない、と言い切っていいでしょう。脱毛の初心者にはピッタリです。

さらにミュゼの凄いところは、値段だけに限りません。

実は、サロンでの脱毛というのは毛穴が高熱にさらされるため、どうしても痛みが伴います。ミュゼはそれが軽減されるように努力しているのです。

具体的に述べると、他の大部分のサロンがIPL方式の脱毛機を採用しているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を使っています。

この2つの違いは使用するランプ。IPL方式はキセノンランプで光を照射しますが、SSC方式ではクリプトンライトを使っています。

キセノンランプはそれだけで脱毛ができるのに対し、クリプトンライトはその効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、施術前、ムダ毛に専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射すると毛根の発毛機能がダメージを受け、ムダ毛が生えなくなるのです。

この方式の最大の長所は、光そのもののパワーは強くなくてもいい、というところ。
ジェルとの組み合わせで毛根に作用するので、高熱で損傷を与える必要がありません。したがって痛みも軽くなります。

「痛みが苦手なので、脱毛サロンには行きたくない」という女性もいるようですが、ミュゼならそんな人でも安心です。

ワキ脱毛で失敗しないために

「ワキ脱毛をするならミュゼがベスト」と書きましたが、お住まいの場所によってはその支店がないこともあるでしょう。そんな時は、他のサロンを選ばなくてはなりません。

ただ、近年は空前の脱毛ブーム。以前よりサロンの数が増えているため、初心者はどの店を選べばいいのか迷ってしまいます。

料金についても各サロンが大々的なキャンペーンを展開しているのですが、プラン設定が複雑で、どこが一番お得なのかよく分かりません。

そこでサロンを選ぶ際、注意すべきところを何点かあげてみます。

施術可能回数が一桁のサロンは避ける

脱毛に関しては間違った情報が流布しています。たとえば「1回施術するだけでその部位のムダ毛はずっと生えてこない」と思い込んでいる人も結構いるようです。

実際のところ、1、2回程度の施術では、脱毛の効果は実感できません。確かに施術してから10日から1ヶ月で無毛状態にはなりますが、時間が過ぎるとドンドン新しいムダ毛が生えてきてしまいます。

毛を根絶やしにするには、IPLやレーザーなどの特殊な光を数ヶ月から数年間、照射し続けなければなりません。

しかもワキのようにムダ毛が集中しているところでは、上述したようにどうしても12回から18回ほどの回数が必要なのです。

ということで、料金の安さに釣られて施術回数が10回以下のプランを選んでしまうと、結局は脱毛が完了せず、さらに料金を払って追加の施術を受けなければならない、ということになります。

最終的に安価に脱毛するためには、あまりに安いプランは考慮に入れず、少々値段が高くても施術回数が無制限なコースを選んで下さい。

返金制度や施術期限に注意する

ワキのムダ毛が完全に生えないようにするには、最低3年ほどはサロンに通う必要があります。

しかしサロンと契約しても、何らかの都合で中途解約するケースもあります。

その場合、店側は当然嫌がります。契約の条項を持ち出し、なるべく返金しないですまそうとするサロンが多いようです。

ただ「1年以内ならば全額返金」という方針を取っている良心的なサロンもあります。

「途中で解約するかもしれない」という人は、必ず契約書にサインする前にその条件について質問しておきましょう。

またサロンには、契約から何年か経つと施術ができなくなる店もあります。「契約金を全額払ったのに施術が不可能」となると泣くに泣けませんので、期限のリミットがあるかどうか、予め調べておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛は長い時間がかかる」ということを考慮し、回数や施術期間に余裕のあるサロンやプランを選んで下さい。

施術後のケアを行ってくれることも大事

夏場のワキは人目にさらしがちになるだけに、見栄えをなるべくよくしたいものです。ムダ毛の処理に限らず、黒ずみなどの肌トラブルも改善しておくことが肝心。

肌の状態を良くするには、潤いをしっかりとキープすることが欠かせません。

脱毛サロンにはそれを考慮に入れ、施術後の保湿サービスをおこなっているところもあります。

こうした店なら、ムダ毛処理だけでなく美肌効果も期待できますから、一挙両得。

ただですら施術後の肌は内部に熱を持つため、表面も乾きがちです。
肌トラブルを避けるためにも、保湿サービス付きのサロンを選んだほうがいいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?

ワキ脱毛を行っているところは脱毛サロンだけではありません。
料金は少し高くなりますが、医療クリニックでも施術できます。

サロンでの脱毛方法が光脱毛(フラッシュ脱毛)なのに対し、クリニックでメインとなっているのがレーザー脱毛。

「メラニン色素に反応する光を肌に当て、毛根にダメージを与える」という点で、原理そのものは2つとも変わりません。

ではどういう差があるのかというと、毛根部分を攻撃するパワー。

レーザーの光は威力が強く、IPLとは比べ物になりません。毛根の組織は完全に破壊されてしまい、一生ムダ毛が生えない可能性が高くなります。

また施術回数に関しても、サロンの場合は10回以上必要なのに、クリニックだと数回くらいで完了します。

もし「短期間で脱毛を終えたい」と思っているなら、レーザー脱毛を受ける方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛は料金が安いの?

ワキ脱毛というのは、他の部位よりも料金が格安。経済的な点でも気軽なので、初心者は最初の脱毛にワキを選ぶケースが多いようです。

では、ワキ脱毛の料金が安いのはなぜでしょうか?

まずあげられるのが、「ワキの面積が狭い」ということ。

実はサロンでは面積に従って料金が決定されることが多く、その点でワキはもともと安価な部位というわけです。

そして次に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキを施術する傾向があるため、「その料金を低めに設定することで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは初心者にピッタリ。サロンの技術も分かるので、脱毛するならワキから始めるのがおすすめです。

脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?

サロン通いの末、脱毛がようやく完了。ところがその結果に不満が——。

こんな時、もちろんそのサロンで施術を続けてもいいのですが、そうなると追加料金がかかり、さらに出費が必要となります。

また、継続するのをやめて、他のサロンへ行き直すという手もあります。しかし、この場合は最初のカウンセリングからやり直さなければならないので、時間と手間がムダです。

そうならないためには、とにかく契約時に施術回数・期間に余裕を持つことが重要。
何度も言っているように、施術回数に制限のないプランやサロンを選ぶようにしましょう。

「脱毛するとワキ汗が増える」という噂は本当?

最後に、ワキ毛脱毛に関する”ある噂”について、追記しておきます。

実は口コミサイトをチェックしていると「ムダ毛をなくしてから、ワキから出る汗が増えてしまった」という感想が何通か投稿されています。

こんな現象が本当にあるのでしょうか?

答えを先に言いましょう。そんなことはありません。

ではどうして「ワキ汗の量が増えた」と感じる人がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると、その理由は——

「汗をせき止めていたワキ毛がなくなり、流れる汗を肌が直接感じる機会が増えるから」

ということのようです。

つまり単なる感覚の問題で、汗の量は脱毛前と変わりません。そのうち汗が流れ落ちる感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

以上、様々なポイントからワキ脱毛の情報やサロンの選び方を述べてきました。
いかがだったでしょうか?

紹介してきたことを参考にしながら、ぜひ好みに合ったサロンを見つけ、ワキ脱毛に挑戦してみて下さい。
ワキに対する視線が気にならなくなり、肌の状態も改善されるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*