脱毛でワキガは治る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキガの女性

脱毛でワキガは悪化するの?

ネットの口コミを読んでいると、

「クリニックで脱毛したことで、脇のニオイがマシになった」

という意見がしばしば投稿されています。

実際、脱毛によって毛根が死滅すると、毛が生えている時よりニオイは減ります。

これはもともと雑菌が毛根に多く繁殖して、ニオイを放っていたため。ですから毛根そのものが不活発な状態になると、雑菌がつかなくなり、異臭もなくなるわけです。

ところがその一方、ワキガの人の投稿には——

「施術の後、ワキガ臭が強くなった」
などと書かれていることがあります。

果たして脱毛によってワキガの症状が悪化することがあるのでしょうか?

ここでなぜワキガが臭いのか、説明してみます。

人間の体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺が存在します。このうち、ワキガの原因となっているのはアポクリン腺の方です。

アポクリン線から出る汗には、タンパク質、アンモニア、脂質、鉄分などが含まれており、白っぽく粘り気があるのが特徴。

この汗そのものにはニオイはないのですが、人の体に存在する微生物が汗を分解した時、あの独特のワキガの臭気を発生させます。

実はワキの脱毛を行うと、上述したように雑菌が繁殖しにくくなるため、ワキガのニオイも改善されます。

なのにワキガの臭気がひどくなったと感じられるのには、「汗の量が増えた」という理由が考えられます。

汗の量というのは脱毛の刺激によって増えることがあるため、そのことでワキガのニオイも強くなってしまったのでしょう。

しかしこの現象は一時的なものです。脱毛された状態が続けば汗腺も落ち着くため、汗の量は普通に戻り、ワキガの原因である菌も繁殖することが少なくなります。

そうなればワキガのニオイもマシになっていきます。

つまり、施術によってワキガが悪化することはありません。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*