埋没毛ができる原因とレーザー脱毛で処理できる埋没毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、剃刀や毛抜きによる自己処理で間違えたやり方で行うのができやすい原因となります。

その上、毛抜きで自己処理すると毛を抜く際に途中で毛が切れて、皮膚の中に毛が残る可能性が高いので、剃刀と比べて埋没毛になりやすいです。

また、剃刀や毛抜きで埋没毛を剃ったり抜いたりしても、肌の表面をさらに傷つけるだけなので埋没毛を悪化させることになります。

なぜなら、肌を傷つける自己処理を続けることで肌だけでなく、毛穴を傷つけることにもなるからです。

その影響により、毛穴にできた傷を埋めるために皮膚が反応するので、肌の表面と毛穴を角質が覆うことになります。

なので、肌の表面に出てこれない毛は、皮膚の中であらぬ方向に伸びるしかないので、結果的に埋没毛になってしまいます。

埋没毛を早く処理する方法

そして、埋没毛ができた時はクリニックに行ってレーザー脱毛で埋没毛を処理してもらうのが、埋没毛を早く処理する方法となります。

埋没毛は放置することで、皮膚の中で炎症を起こして毛嚢炎を起こして、肌の表面にニキビができて腫れ上がるので、肌のトラブルを招くことになります。

けれども、レーザー脱毛は埋没毛を処理すると同時に、毛嚢炎を処理できるので肌のトラブルの進行を食い止めることができます。

他にも、サロンで光脱毛を受けて埋没毛を処理する方法もありますが、光脱毛はレーザー脱毛より効果が低くなります。

なので、埋没毛を早く処理したい際は、クリニックのレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

そして、レーザー脱毛を受けることで無駄毛も一緒に処理できる他にも、無駄毛が生えにくくなるので自己処理で肌を傷つけるリスクを抑えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*